月桂冠総合研究所TOP 月桂冠総合研究所-健をめざし、酒(しゅ)を科学して、快を創る-

100th Anniversary 月桂冠総合研究所「酒を科学して100年」

月桂冠総合研究所の前身である大倉酒造研究所が設立されたのが1909(明治42)年で、本年2009年をもちまして創立100周年を迎えました。杜氏の経験と勘に頼った酒造りを科学的に解明することを目的に研究所を設立して以来、この100年の間、常に「より良い品質の酒造り」を目指して努力してまいりました。 清酒製造技術は、先人たちの長年の試行錯誤の努力によって生み出された貴重な技術資産です。諸先輩から受け継いだこの酒造り技術から、最新の科学を活用して新たな発展を見出すことが我々後進の責務だと考えています。今後とも月桂冠総合研究所の活動にご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

総合研究所所長 秦洋二

ページのトップへ