月桂冠総合研究所TOP 月桂冠総合研究所-健をめざし、酒(しゅ)を科学して、快を創る-

100周年記念講演会

研究所創立100周年記念講演会を開催

研究所創立100周年の記念講演会を、10月2日、月桂冠昭和蔵(京都市伏見区片原町)で開催、経営幹部や研究所員、関連部門の社員など約80名が出席して聴講しました(非公開)。

京都大学名誉教授の清水昌先生(月桂冠技術顧問)に、「微生物研究の過去・現在・未来」と題して特別講演を行っていただきました。また、歴代の研究所長、研究所に関わった元社員や現役研究所員など7名がリレー形式で講演を行いました。研究所創立当時の当主・大倉恒吉氏との思い出、年間を通じて酒造りを可能にした四季醸造蔵の建設、新規醸造技術の確立、吟醸酵母の開発秘話、先端技術を駆使した麹菌・酵母の解析と今後の展望、製品開発にまつわる現在の取り組みなどの話題をつなぐことで、研究所の100年を振り返りました。

特別講演の様子

月桂冠では、企業コンセプト「健をめざし、酒(しゅ)を科学して、快を創る」に基づき事業活動を展開しています。100年前に大倉恒吉が酒造りに科学技術を導入しようと抱いた志は、「酒を科学して」とのフレーズに象徴させ、現在の活動に受け継いでいます。次の100年に向けて新たな歴史を刻むべく、これからも精進して参ります。

(2009年12月14日掲載)

ページのトップへ