月桂冠総合研究所
研究所トップ
  • 概要
  • 研究所長
  • 歴史
  • 研究試薬
  • 発表
  • 論文
  • 受賞

受賞

青字は社外共同研究者の方々です

学会名 受賞名 受賞者 受賞タイトル 受賞年
公益社団法人
日本農芸化学会
農芸化学技術賞 安藤 智雄、栗山 一秀、
今安 聰
清酒製造法の機械化 1968年
公益社団法人
日本生物工学会
(旧・日本醗酵工学会)
江田賞 小高 敦史 二倍体清酒酵母の新しい育種法の開発とその応用 2011年
秦 洋二、石田 博樹 麹菌(Aspergillus oryzae)のグルコアミラーゼ遺伝子に関する研究 1999年
水津 哲義 清酒酵母の胞子形成に関する研究 1995年
栗山 一秀 清酒に関する酵素の研究 1988年
今安 聰 清酒醸造における連続蒸きょうについて 1963年
安藤 智雄 清酒の蛋白混濁に関する研究 1960年
技術賞 中村幸宏、山中寛之、秦洋二、江波戸厚子、小池 謙造 麹菌チロシナーゼで製造したメラニン前駆体による新規染毛料の開発 2011年
今安 聰、杉並 孝二、
安部 康久、川戸 章嗣、
大石 薫
新しい清酒醸造法の開発 1992年
論文賞 秦 洋二、石田 博樹、
小島 泰弘、市川 英治、
川戸 章嗣、杉並 孝二、
今安 聰
Comparison of two glucoamylases produced by Aspergillus oryzae in solid-state culture (koji) and in submerged culture 1998年
社団法人
日本食品科学工学会
NIR advance award 小島 泰弘、秦 洋二 近赤外分光分析法を用いた清酒麹中の麹菌体量の測定 1996年
日本糖質学会 ポスター賞 松村憲吾 Carbohydrate-binding specificity of a fucose-specific lectin from Aspergillus oryzae 2005年
公益財団法人
日本醸造協会
石川弥八郎賞 大倉酒造株式会社
(現・月桂冠株式会社)
生酒の常温流通に関する技術の開発と普及 1986年
伊藤保平賞 今安 聰、川戸 章嗣 清酒の健康と美容効果に関する研究 2001年
奨励賞 秦 洋二 麹菌の固体培養で特異的に発現する遺伝子の発見とわが国の伝統的な製麹法の再評価 2003年
特別賞 麹菌ゲノム解析コンソーシアム(月桂冠株式会社 他16機関) 麹菌ゲノム塩基配列の解析 2007年
公益財団法人
日本醸友会
奨励賞 鈴木 佐知子 フェリクリシンの貧血改善効果 2011年
佐原弘師 スーパー酵母によるバイオエタノール生産技術の開発 2009年
技術賞 入江 元子 酒粕の機能性と有効利用について 2011年
大浦 新 甘酒の機能性について 2007年
小畑 浩 固体培養で発現する新奇チロシナーゼ遺伝子(melB) 2006年
山田 尚男 清酒中の生理活性物質 2005年
中野 真知 電子レンジ用徳利の開発 2003年
市川 英治 カプロン酸エチル高生産酵母の育種 1999年
芦田 優子 米糠と酒粕の機能性について 1998年
斉藤 義幸 清酒及び副産物の生理機能の研究 1995年
大石 薫 清酒醗酵工程の自動制御システム 1991年
杉並 孝二 LBカウンターの開発と研究 1973年
栗山 一秀
(ビン香研究会代表)
びん香の研究 1972年
今安 聰 連続蒸米機の開発 1964年
独創性を拓く 先端技術大賞 特別賞 江波戸 厚子、神谷 光俊、小池 謙造、秦 洋二、東田 克也 天然由来の原料を用いて、黒髪が本来持つメラニンで白髪を染める技術の開発と実用化 2010年
糸状菌遺伝子研究会 技術賞 松村憲吾、久田博元、石田博樹、秦洋二 ゲノム情報を利用した麹菌での新規タンパク質高生産システムの構築と有用タンパク質の利用技術開発 2012年
バイオの研究 お酒の研究 美と健康の研究
ページのトップへ