検索
メニュー

現代

2002年(平成14年)に企業ブランドコンセプトを発表、(1) 清酒事業の深耕・拡大、(2) 清酒以外のアルコール事業の強化・拡大、(3) 海外事業の推進、(4) アルコールにとらわれない新規事業の開拓・展開を事業戦略テーマとして活動を進めています。海外の拠点としては、1989年(平成元年)に米国月桂冠株式会社(清酒など酒類の製造、販売・輸出)を、2011年(平成23年)に月桂冠(上海)商貿有限公司(中国国内における清酒販売)を設立するなど、よりグローバルな経営を目指しています。さらに月桂冠グループの事業活動を充実させていくために、主力の清酒事業に続く、第2の柱となる食品事業の中核企業として、食品企業3社をグループとして迎えました。

1989年(平成元年)

  • 「米国月桂冠株式会社」をアメリカ・カリフォルニア州フォルサムに設立
  • ファジー理論を用いた清酒の新規醸造法を発表
  • 吟醸香の主成分(カプロン酸エチル)を高生産する酵母の育種に成功

1990年(平成2年)

  • 大倉酒造研究所を「月桂冠総合研究所」と改称
  • 米国月桂冠の社屋・工場を新築

月桂冠の出来事

1989年(平成元年)

ベルリンの壁崩壊
消費税が導入され、税率が3%となる
国税庁より清酒の製法品質表示基準が告示される

一般・業界の出来事

1991年(平成3年)

  • 米国月桂冠のグランドオープニングを行い、出荷を開始

設立当時の米国月桂冠(アメリカ・カリフォルニア州)設立当時の米国月桂冠(アメリカ・カリフォルニア州)

1992年(平成4年)

  • 級別廃止に伴ない、「上撰」「佳撰」の新呼称を採用、特徴・飲み方を記したラベルを貼付
  • 「新しい清酒醸造法の開発」により、日本生物工学会「技術賞」を受賞
  • 吟醸酒ラインを大手一号蔵内に新設

1993年(平成5年)

月桂冠新本社(京都市伏見区南浜町)を竣工

竣工当時の月桂冠新本社竣工当時の月桂冠新本社

1994年(平成6年)

  • 韓国の日本酒輸入解禁に伴い輸出を再開

1995年(平成7年)

  • 阪神淡路大震災で灘蔵が被災、木造蔵は倒壊、貯酒タンクが傾斜するなど大きな被害を受ける

灘蔵被災の様子 灘蔵被災の様子

1997年(平成9年)

  • 創業360年、会社設立70年。月桂冠の基本理念「QUALITY(クオリティー)」、「CREATIVITY(クリエイティビティー)」、「HUMANITY(ヒューマニティー)」を制定

月桂冠創業360年祝賀会、大倉治彦社長就任披露(平成9年9月11日、都ホテル)月桂冠創業360年祝賀会、大倉治彦社長就任披露(平成9年9月11日、都ホテル)

  • 「月桂冠ホームページ」を開設
  • 四季醸造のミニプラント「月桂冠酒香房」を内蔵酒造場に開設

月桂冠酒香房月桂冠酒香房

  • ソフトタイプの日本酒「つき」を発売

「つき」 「つき」

1999年(平成11年)

  • 品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9002:1994」の認証を取得

2000年(平成12年)

  • 小型容器入りの「プチムーン」シリーズを発売

「プチムーン」 「プチムーン」

  • 低アルコールの発泡性日本酒「ジパング」を発売

発泡性日本酒「ジパング」発泡性日本酒「ジパング」

月桂冠の出来事

1991年(平成3年)
湾岸戦争が始まる

1992年(平成4年)
清酒の級別制度が全廃となる
バルセロナオリンピック開催
アルベールビルオリンピック開催

1993年(平成5年)
EC連合が発足する

1994年(平成6年)
伏見港開港400年祭が開催される
関西国際空港が開港する
リレハンメルオリンピック開催

1995年(平成7年)
阪神淡路大震災がおこる
地下鉄サリン事件

1996年(平成8年)
アトランタオリンピック開催

1997年(平成9年)
消費税率が5%となる
COP3(地球温暖化防止会議)が京都で開催される

1998年(平成10年)
長野で冬季オリンピック開催

1999年(平成11年)
欧州で決済通貨として「ユーロ」が導入される

2000年(平成12年)
ハワイへの日本人移民100周年
シドニーオリンピック開催

一般・業界の出来事

2001年(平成13年)

  • 品質マネジメントシステムを新規格の「ISO9001:2000」へ移行

2002年(平成14年)

  • コーポレートブランドコンセプトを「健をめざし、酒(しゅ)を科学して、快を創る」、ステイトメントを「うるおいをあなたと」「For Your Lifestyle Taste」とする
  • 「超特撰特別本醸造酒」(のちの「ヌーベル月桂冠」)を発売

「超特選特別本醸造酒」(現・ヌーベル月桂冠本醸造)「超特選特別本醸造酒」(現・ヌーベル月桂冠本醸造)

2003年(平成15年)

  • 研究用試薬「麹菌L-フコース特異的レクチン」を生産し、試薬販売会社を通じ発売

2004年(平成16年)

  • 研究用試薬「P450nor」(一酸化窒素還元酵素)を生産し、試薬販売会社を通じ発売

2005年(平成17年)

  • 「月桂冠」商標登録から100年
  • 機能性食品素材「酒粕ペプチド」を開発し、製薬会社を通じて発売

2006年(平成18年)

  • 純米酒「すべて米の酒」を発売

「すべて米の酒」 「すべて米の酒」

2007年(平成19年)

  • 創業370年、会社設立80周年

2008年(平成20年)

  • 日本酒で初めて「糖質ゼロ」の商品を発売

「糖質ゼロ」「糖質ゼロ」

  • 環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得

2009年(平成21年)

  • 研究所設立100周年(1909年、大倉酒造研究所として設立)
  • 米国月桂冠設立20周年

米国月桂冠(アメリカ・カリフォルニア州)米国月桂冠(アメリカ・カリフォルニア州)

  • 花王株式会社と新規染毛技術を共同開発し商品化(花王「サクセス ステップカラー」)
  • 株式会社藤清(蒟蒻、豆乳、湯葉等の製造販売)をグループ企業の一員として迎える

2010年(平成22年)

  • 日本酒業界初のSAP基幹業務システムを本格稼働
  • 軽量容器で酒増量、新カップ酒「エコカップ」発売
月桂冠の出来事

2001年(平成13年)
アメリカで同時多発テロがおこる

2002年(平成14年)
欧州でユーロに通貨が統一され、現金流通開始
日韓共催でサッカーの「FIFAワールドカップ」開催
ソルトレイクシティオリンピック開催

2003年(平成15年)
イラク戦争
アメリカ(北米)への日本人移民100周年

2004年(平成16年)
アテネオリンピック開催
新潟中越地震がおこる

2005年(平成17年)
中部国際空港開港

2006年(平成18年)
トリノオリンピック開催

2008年(平成20年)
ブラジルへの日本人移民100周年
北京オリンピック開催
サブプライムローン問題を端緒とする世界金融危機

2009年(平成21年)
新型インフルエンザの世界的流行

2010年(平成22年)
バンクーバーオリンピック開催
東北新幹線全線が全通

一般・業界の出来事

2011年(平成23年)

  • 東日本大震災の被災地に支援
    • 京都市被災地支援隊として大型タンクローリー車を派遣
    • 日本赤十字社に義援金10,000,000円を拠出
    • 「エコカップ」キャンペーン1本1円分となる4,257,199円を寄付
  • 「エコカップ」が第50回JPC展で「経済産業大臣賞」受賞
  • 月桂冠大倉記念館への入館者が通算200万人を突破
  • 中国に販売会社・月桂冠(上海)商貿有限公司を設立
  • 株式会社タカトー(ちくわぶ、ところてん等の製造販売)をグループ企業の一員として迎える

2012年(平成24年)

  • 書籍『月桂冠社員の酒粕レシピ』をメディアファクトリーから発行

2013年(平成25年)

パウチ容器を採用した、「糖質ゼロ冷酒」を発売

「糖質ゼロ冷酒」「糖質ゼロ冷酒」

2014年(平成26年)

  • 株式会社キンレイ(冷凍食品の製造販売)をグループ企業の一員として迎える
  • ノンアルコール(アルコール分0.00%)の日本酒テイスト飲料「月桂冠フリー」を発売

「月桂冠フリー」「月桂冠フリー」

  • 月桂冠の環境への取り組みが、「平成26年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」(対策活動実践・普及部門)を受賞

2015年(平成27年)

  • 月桂冠の環境への取り組みが、「第12回京都環境賞」の特別賞(企業活動賞)を受賞

2017年(平成29年)

  • 創業380年、会社設立90周年
  • 日本酒初のプリン体低減特許製法で実現、「プリン体ゼロ」の商品を発売

「プリン体ゼロ」「プリン体ゼロ」

月桂冠の出来事

2011年(平成23年)
東日本大震災がおこる
九州新幹線全線開業

2012年(平成24年)
東京スカイツリー開業
国内テレビ放送が地上デジタルへの移行を完了
ロンドンオリンピック開催

2014年(平成26年)
ソチオリンピック開催
消費税8%スタート
エボラ出血熱でWHOが緊急事態宣言
御岳山噴火

2015年(平成27年)
北陸新幹線開業
米・キューバ国交回復
安全保障関連法成立
TPP(環太平洋パートナーシップ)協定、大筋合意
共通番号(マイナンバー)制度関連法施行
パリで同時多発テロがおこる

2016年(平成28年)
北海道新幹線開業
熊本地震がおこる
改正公職選挙法施行、選挙権年齢を18歳以上に引き下げ
リオオリンピック開催

一般・業界の出来事
ページのトップへ