月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 新たな食と酒の提案 宅配ピザチェーン店で、低アル発泡性清酒を取り扱い

月桂冠ニュース (200402_01)

2004年2月24日

新たな食と酒の提案
宅配ピザチェーン店で、低アル発泡性清酒を取り扱い

 

株式会社日本医療(社長・笠野哲司氏、京都市伏見区)が展開する宅配ピザフランチャイズチェーン「ピザ・リトルパーティー」で、月桂冠の低アル発泡性「スパークリング清酒Zipang(ジパング)」(250ミリリットルびん詰、アルコール分7%)を、3月12日から取り扱われることになりました。

酒類販売免許の規制緩和により販路がさまざまに広がるなかで、新しい市場に向けて清酒販売を展開するために、寿司、ピザ、弁当など中食(なかしょく)の宅配に着目し商談のいとぐちを探ってきました。そのなかで、京都・滋賀で店舗数1位のピザ・リトルパーティーの企画、製品開発担当者に説明を重ねるとともに、ピザを試食しながら様々な種類の清酒との相性テストをしてもらったところ、「ジパングなら推薦できる」との評価を得て、ピザとスパークリング清酒ジパングという食と酒の新しい事例が誕生することになりました。


<ピザ・リトルパーティーでのジパング取り扱い店(20店)>
京都:醍醐店、北山店、大久保店、亀岡店、城陽店、長岡京店
滋賀:草津店、守山店、瀬田店、大津店、唐崎店、八日市店、彦根店、長浜店
大阪:河内長野店、狭山店、東香里店
奈良:大和郡山店
兵庫:夙川店、宝塚店
また、同社の大型お好み焼き・鉄板焼「てっぱん屋」の伏見店、長浜店、草津店の3店でも2月10日から取り扱いが始まっています。

<ピザ・リトルパーティー>
http://www.litopa.com/


低アル発泡性 「スパークリング清酒 Zipang(ジパング)」
「ジパング」は、従来の清酒とは異なりアルコール分は7%とひかえめ、さわやかなのどごしが特徴です。酵母が生じた天然の炭酸ガスを、2次発酵の過程で封じ込めています。発泡性のため、グラスに注ぐと発酵炭酸ガスならではのキメ細かい泡が立ちのぼります。
「Zipang」「ジパング」は、月桂冠が1992年10月、全酒類を対象に取得した登録商標です。

アルコール分=7度台、日本酒度=-14.0、酸度=2.6、アミノ酸度=0.6
250ミリリットルびん詰、希望小売価格280円(消費税別)。



お客様からのお問い合わせ先:「お客様相談室」 TEL:075-623-2440(9:00~17:00、平日のみ)
月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ