月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 秋冬期新発売の清酒 「上撰 樽酒びん詰」、限定発売「ひやおろし」
月桂冠ニュース(200508_01) 2005年8月2日
秋冬期新発売の清酒

「上撰 樽酒びん詰」、限定発売「ひやおろし」

 

「上撰 樽酒びん詰」新発売

上撰 樽酒びん詰

月桂冠は樽酒をびん詰めした「上撰 樽酒びん詰」(1.8リットルと500ミリリットルの2種類)を、9月上旬(東日本は9日、西日本は14日)から全国で発売します。杉の香りと、まろやかな味わいが調和した樽酒独特の香味を楽しむことができます。

樽酒は、年中の祭事や祝い事などの際に鏡開きを行い、枡に汲んで飲まれます。樽に詰めた酒は、日数が経ちすぎると木の香りが付き過ぎてしまいます。そのため樽詰め酒は注文生産を行い、行事に合わせて丁度良い飲み頃になるよう、香味を調整して出荷しています。

「上撰 樽酒びん詰」は、木の香りが程よい樽酒をびんに詰めたもので、いつでも飲み頃の味わいを美味しく味わっていただけます。味付けの濃い肉料理や香辛料を使ったエスニック料理ともよく合います。冷やしてお飲みいただくのがおすすめです。

 

商品名 上撰 樽酒びん詰
容量・容器 1.8リットルびん詰 500ミリリットルびん詰
希望小売価格(消費税別) 1,942円 617円
成分値 アルコール分=15度台、日本酒度=-1.5、酸度=1.3、アミノ酸度=1.6
メーカー出荷単位 6本入ダンボール詰 12本入ダンボール詰


冬に造り、秋口まで熟成させた酒
    「ひやおろし」(720ミリリットルびん詰)限定発売
    ※東日本の発売日を9日と案内しておりましたが、
      東日本・西日本とも14日となります。

ひやおろし

月桂冠は「ひやおろし」(720ミリリットルびん詰)を、9月14日から10月末までに期間を限定して、全国で発売します。旨味の乗った濃醇な味わいの純米原酒で、温めても冷やしても美味しく飲んでいただけます。

「ひやおろし」とは、冬季に醸造した酒をしぼり、火入れと呼ぶ加熱処理をした後、春、夏のあいだ貯蔵・熟成させた酒です。半年以上かけて行う熟成により、しぼりたての時には荒々しかった味わいが、まるみを帯びて調和し、秋口には飲み頃の味わいとなります。出荷の際には火入れせず、そのまま容器に詰めています。

茶色の4合びんに和紙調のラベルを用いて、「ひやおろし」の商品名をわかりやすく表示し、伝統的な清酒のイメージを表現しました。

 

商品名 ひやおろし
容量・容器 720ミリリットルびん詰
希望小売価格(消費税別) 1,000円
成分値 アルコール分=18度台、日本酒度=-2.0、酸度=1.7、アミノ酸度=2.0
メーカー出荷単位 12本入ダンボール詰

月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ