月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 冬に温めて飲む「グリューワイン」 ドイツ産・白ワインを新発売
月桂冠ニュース(200508_06) 2005年8月23日
冬に温めて飲む「グリューワイン」

ドイツ産・白ワインを新発売

 

オリジナルマグカップをもれなくプレゼント!
注) マグカップのデザイン・仕様は変更と
なる可能性があります。

月桂冠は、冬に温めて飲む「グリューワイン」(赤ワインと今期新発売の白ワインの2種、各750ミリリットルびん詰)を、9月14日から2006年3月末までの期間限定で発売します。「グリューワイン」はドイツ語で温めて飲む「ホットワイン」を指します。
温めることで、ワインの風味やシナモンなどの香りが豊かに感じられるとともに、アルコールが適度に輝散し飲みやすくなります。温度は50度位がおすすめです。各商品には、温めたワインを飲むためのマグカップを付けています。

「赤ワイン」はドイツ産のテーブルワインに、シナモン、クローブ、コリアンダーなどの香辛料と砂糖を加えたもので、ほんのり甘い味わいが特徴です。レモンやオレンジ、りんごのスライスを添えるとフルーツの香りがワインに移り、よりおいしくお召し上がりいただけます。また、温めたワインに熱い紅茶を、2対1から3対1の割合でミックスしたり、ケーキやクッキーなどと合わせてもお楽しみいただけます。

「白ワイン」はドイツの限定生産地域のひとつ、フランケン産のワインに、シナモン、クローブ、コリアンダー、オールスパイスなどの香辛料と砂糖を加えたものです。華やかで甘く心地よい香りが特徴のワインです。このワインには、フルーツなどは加えずそのまま温めてお飲みいただくのがおすすめです。バームクーヘンやホットケーキ、ガトーショコラなどのチョコレートケーキ、アーモンドなど塩味のナッツ類ともよく合います。

温めて飲むワインは、ドイツ、フランス、北欧などでは冬場に街角やスキー場のロッジ、クリスマスマーケットなどで売られるお馴染みの飲み物です。クリスマスマーケットでは、ソーセージやクレープを片手にホットワインを飲んで体を温める様子が冬の風物詩になっています。

商品名 グリューワイン(赤) グリューワイン(白)【新発売】
種類 果実酒 果実酒
容量・容器 750ミリリットルびん詰 750ミリリットルびん詰
希望小売価格(消費税別) 977円 977円
原材料名 赤ワイン(テーブルワイン)、砂糖、シナモン、クローブ、コリアンダー 白ワイン(フランケン産、Q.b.A)、砂糖、シナモン、クローブ、コリアンダー、オールスパイスなど
※Q.b.Aは、ドイツワインの格付けのひとつで、限定生産地域の上質ワインのこと。
原産国 ドイツ ドイツ
生産者 ペーター・メルテス社 ぶどう生産者協同組合フランケン
アルコール分 8.5% 10.0%
メーカー出荷単位 6本入ダンボール詰 6本入ダンボール詰

グリューワインの温め方

・ 電子レンジの場合 耐熱のカップにワインを移し、45~60秒間(出力500Wの場合)温めてお召し上がりください。
・ 鍋を使う場合 ワインを鍋に移し、沸騰させないようにゆっくり温めます。50度前後が適温で、小さな泡がプツプツと出はじめたら火を止め、カップに移してお召し上がりください。

月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ