月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 純米酒「すべて米の酒パック」を新発売 コシヒカリを仕込みに使用
月桂冠ニュース(200607_01) 2006年7月20日

純米酒「すべて米の酒パック」を新発売

コシヒカリを仕込みに使用
 

純米酒「すべて米の酒パック」

月桂冠は純米酒「すべて米の酒パック」(1.8リットル、900ミリリットル)を、9月上旬から全国で新発売します。酒もろみの仕込みに、食用米として人気の高いコシヒカリを使いました。コクのあるまろやかな味わいと、華やかな香りが特徴で、あと味はすっきりしています。

酒の原料や製法にこだわりを持ち、比較的飲酒機会の多い方を対象に当社が市場調査したところ、パック詰めの純米酒については淡麗な酒質のものが多く、コクや香りの点でニーズを充足していない傾向が見られました。また、酒造りに使う米として、酒造好適米の山田錦に次いでコシヒカリを支持される方が多いことがわかりました。そこで、香味へのニーズの充足と、原料米や製法へのこだわりとの両立をめざして純米酒を商品化しました。

コシヒカリは粘り気と旨味があり、食べておいしい米としてよく知られていますが、酒の原料として使う場合は、もろみの発酵途上で溶けやすいため、必ずしも酒造りに適した米とはいえません。「すべて米の酒パック」では、その点を解消するため、米を蒸す前の水分の吸収量を細かに調整するなど、吟醸酒づくりの技術を応用しています。麹づくりには大吟醸酒や吟醸酒づくりに適した酒造好適米の五百万石を使用しました。
さらに、コクのある味わいと、すっきりしたあと味をバランスよく出すために、コシヒカリの蒸米を発酵末期のもろみに投入する四段仕込みを行っています。これらの工夫により、コシヒカリの味わいを酒質に生かすようにしました。
商品名は、純米酒であることをストレートに訴えるため「すべて米の酒」とし、パッケージには稲穂と共に「米」の文字を大きく入れました。

当商品の香りや味わいを知っていただくため、発売に先がけて8月上旬から、インターネットでの申し込みなどを通じて試飲用のサンプル(100ミリリットルカップ3本セット)を配布します。9月にはスーパーマーケットなどの店頭でサンプルを配布します。また、テレビなどでもコマーシャルを展開します。

 

商品名 すべて米の酒パック
容量 1.8リットル 900ミリリットル
参考小売価格(消費税別) 1,565円 800円
成分値 アルコール分=14.5度、日本酒度=+2.5、酸度=1.2、アミノ酸度=1.6
おすすめの飲み方 少し冷やして(10~15度)または室温、ぬるめの燗(40~45度)で
メーカー出荷単位 6本入ダンボール詰

月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ