月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 月桂冠のサイト「のみなかま」がWeb広告部門「銀賞」を受賞 第47回「消費者のためになった広告コンクール」
月桂冠ニュース(200711_03) 2007年11月28日

月桂冠のサイト「のみなかま」がWeb広告部門「銀賞」を受賞

第47回「消費者のためになった広告コンクール」
 

月桂冠が運営するウェブサイト「のみなかま」(http://www.nominakama.com/)が、「消費者のためになった広告コンクール」(第47回、社団法人日本アドバタイザーズ協会・主催)のWeb広告部門で「銀賞」を受賞し、11月16日(金)に東京で表彰を受けました。
「のみなかま」は、ふだん日本酒を飲まれる機会の少ない方や、これから飲んでみようと考えておられる方々に、親しみと気軽さを持って楽しんでいただける情報をウェブサイトにより提供するもので、2007年4月2日に開設しました。
クイズ形式で日本酒の知識を深めていただく「飲んでQ」、日本酒に合う京のおばんざいレシピを紹介する「のみグルメ」、料理や酒の器を紹介する「ぎゃらりぃ」、レシピの募集などを実施する「催し物」などのコーナーを設けています。

このコンクールは、消費者から見た広告のありかたを究明していくことを目指し、1961年から開催されています。「消費者のためになった広告」という趣旨から、広告関係者は審査員には含まれず、消費者代表、学識経験者の審査を経て、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・Webの各媒体から賞が選ばれます。

月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ