月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > パン生地や餡に日本酒を使用 酒入りのパン3種を山崎製パンが発売
月桂冠ニュース(200808_01) 2008年8月4日
パン生地や餡に日本酒を使用

酒入りのパン3種を山崎製パンが発売

 

パン生地や餡に日本酒を使用
酒入りのパン3種を山崎製パンが発売

山崎製パン株式会社から、7月1日、「酒入りつぶあんぱん」「酒入りこしあんぱん」「酒入り白あんのメロンパン」の3商品が、近畿地区の2府4県(兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)で発売されました。

いずれも、日本酒や酒粕が原料に使われており、発酵によって醸し出された風味が豊かに感じられる商品です。原料の日本酒には月桂冠の純米酒「すべて米の酒」が使われ、酒粕も月桂冠が供給しています。価格は「酒入りつぶあんぱん」「酒入りこしあんぱん」が130円、「酒入り白あんのメロンパン」が150円(いずれも山崎製パン株式会社の希望小売価格、消費税別)です。

【商品の特徴】

酒入りつぶあんぱん 月桂冠の清酒を、生地にも粒あんにも使用、表面にケシの実がトッピングされています。
       
酒入りこしあんぱん 月桂冠の清酒を、生地にもこしあんにも使用、塩漬けした桜の花びらがトッピングされています。
       
酒入り白あんのメロンパン 月桂冠の清酒入りの白あんを包んだメロンパンです。

月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ