月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 全国新酒鑑評会「金賞」受賞の大吟醸酒、「月桂冠 金賞受賞酒」3,000本を限定発売
月桂冠ニュース(200810_01) 2008年10月3日
全国新酒鑑評会「金賞」受賞の大吟醸酒

「月桂冠 金賞受賞酒」3,000本を限定発売

 

全国新酒鑑評会「金賞」受賞の大吟醸酒、「月桂冠 金賞受賞酒」3,000本を限定発売

月桂冠株式会社は、「月桂冠 金賞受賞酒」(720ミリリットルびん詰)を3,000本限定で予約販売します。「平成19酒造年度全国新酒鑑評会」(平成20年5月開催)で「金賞」を受賞した最高級の大吟醸酒で、当社が培ってきた酒造技術を駆使して、ていねいに醸造しました。酒造好適米「山田錦」を、精米歩合35%(米の外側65%を削り取る)まで磨き、米の中心部を使って、低温で30日以上じっくり発酵させています。深みのあるブルーのびんに詰め、専用の化粧箱にセットしました。贈答にも適した商品です。
お申し込みは11月14日(金)まで酒販店で受付けます(同日以前でも限定数に達した場合は締め切らせていただきます)。商品は11月下旬に販売店を通じてお届けします。

全国新酒鑑評会(主催・独立行政法人酒類総合研究所、日本酒造組合中央会)は、年ごとの新酒の出来栄えを競う全国規模の品評会です。今年は全国から957点が出品され、そのうち255点が「金賞」を受賞しました。月桂冠は、出品した昭和蔵、内蔵、大手一号蔵、大手二号蔵の4蔵全てが金賞を受賞しました。

これまでにも当社は、1911年(明治44年)開催の第1回鑑評会で「第1位」になり、1929年(昭和4年、第19回)には1位から3位までを独占しました。近年では、1981年以来出品を続けており、延べ96蔵が金賞を受賞しています。

※酒造年度
7月1日から翌年6月30日までの1年間を酒造年度(BY=Brewery Year)といいます。清酒、焼酎(単式蒸留焼酎)、みりん、果実酒の業界がこの期間を使用し、各メーカーでは、生産計画や醸造の年度の区切りとしています。

商品名 月桂冠 金賞受賞酒
容量・容器 720ミリリットルびん詰
限定本数 3,000本
参考小売価格
(消費税別)
5,000円
原料米品種 酒造好適米・山田錦(精米歩合35%=玄米の外側65%を削り取る)
成分値 アルコール分:16度台、日本酒度:+3.5、酸度:1.1、アミノ酸度:1.0
酒販店での予約締切日 2008年11月14日(金)
※同日以前でも限定数に達し次第締め切ります。

月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ