月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 異業種のワザ活かし合い 花王と月桂冠が新規染毛技術を共同開発
月桂冠ニュース(200909_01) 2009年9月14日
NEWS RELEASE 花王株式会社
月桂冠株式会社
異業種のワザ活かし合い

花王と月桂冠が新規染毛技術を共同開発

 

花王株式会社(社長・尾崎元規)ビューティケア研究センターと月桂冠株式会社(社長・大倉治彦)総合研究所は、天然由来のメラニン色素による新たな染毛技術の共同開発に成功しました。
毛髪表層のキューティクルに、メラニン色素のもとである物質(メラニン前駆体:メラニンに変化する前の状態)を浸透させることで、キューティクルの中でメラニンが生成して白髪を徐々に染める技術です。さらに、毛髪には直接作用することはないので、ダメージが少ないことも確認しています。
メラニン前駆体は、酒造りに用いる微生物のひとつ清酒麹菌(こうじきん)の働きをもとにした技術開発により、安定生産を可能にしました。これらの研究成果を、「第61回日本生物工学会大会」(会場:名古屋大学)で、9月23日、花王と月桂冠が共同で発表します。

黒髪の色素成分のメラニンは、一般の染毛色素と比べ分子量で10倍以上もの大きさとなるため、毛髪の表層や内部に浸透できず、そのままでは染毛料として使えません。このことから、より分子量の小さなメラニン前駆体を髪の毛に浸透させた後にメラニンへと変化させ、黒色に染めるようにする研究が各方面でも行われていました。しかし、メラニン前駆体の安定的な生産が難しいことや、その染まり具合などに課題があり、実用化には至っていませんでした。

月桂冠では、1990年代後半から麹菌の有用遺伝子の解析を行う中で、清酒麹菌にメラニンやメラニン前駆体を生成する酵素・チロシナーゼの遺伝子を発見し(2000年発表)、米麹でメラニンを生産することに成功していました。酒もろみを搾って得られる酒粕に黒い斑点が生じる現象(黒粕)を解明した結果、麹菌が生産するチロシナーゼがその原因であることを遺伝子解析から見出したものです。さらに、麹菌遺伝子の解析から得られた情報をもとに、有用なタンパク質を高純度で生産できるシステムの開発を進め、研究用試薬などへの応用を進めてきました。

花王では、毛髪および染毛に関する長年の研究から、さまざまなヘアケア技術を開発してきました。その中で、月桂冠が持つ、チロシナーゼによりメラニンを生産する技術を活用すれば、これまで難しいとされてきた天然由来のメラニン色素で染毛することが可能になるのではないかと考え、2001年以来、今日までの8年間にわたり両社で共同開発を続けてきました。
月桂冠は、メラニン前駆体を生産する技術の開発を担い、2001年からの3年間で実験室レベルの基礎的な技術を完成、2004年からは生産プロセスや装置に関わる技術を開発、2006年からはテストプラントで生産スケールの向上に取り組んできました。同時に花王は、染毛料としてメラニン前駆体を安定的にまた効果的に利用する方法を検討し、天然由来のメラニン色素で簡単に染毛する技術を完成させました。

日本の酒造りなど醸造食品の製造に古くから使われてきた麹菌の利用技術と、長年の毛髪研究から生み出された独自の染毛技術を融合し、花王と月桂冠の異業種で技を活かし合いながら、この度の技術を完成させることができました。今後も、染毛料の生産、商品化の技術を向上させ、豊かな生活文化の実現に貢献していきたいと考えています。

[資料2]麹菌チロシナーゼでメラニン前駆体を製造

[資料2]メラニンで染まる毛髪の部位


学会での共同発表

学会名 第61回 日本生物工学会大会(名古屋大会)
発表日時 2009年9月23日(水)15:00から3題続けて当該共同開発の成果を発表
会場 名古屋大学東山キャンパス(名古屋市千種区不老町)の【L会場】
演題と研究・発表者
(○印は当日の演者)
・麹菌チロシナーゼで製造したメラニン前駆体による新規染毛料の開発(1)
-酵素反応を用いたメラニン前駆体の蓄積-
(発表者) ○山中 寛之¹、中村 幸宏¹、東田 克也¹、秦 洋二¹、斉藤 芳紀²、小池 謙造²
(¹月桂冠総合研究所、²花王ビューティケア研究センター他)
・麹菌チロシナーゼで製造したメラニン前駆体による新規染毛料の開発(2)
-メラニン前駆体の工業生産技術開発-
(発表者) 山中 寛之¹、○中村 幸宏¹、東田 克也¹、秦 洋二¹、渡邉 高明²、小池 謙造²
(¹月桂冠総合研究所、²花王ビューティケア研究センター他)
・麹菌チロシナーゼで製造したメラニン前駆体による新規染毛料の開発(3)
-メラニン前駆体を用いた新規染毛料の開発-
(発表者) 江波戸 厚子¹、○小池 謙造¹、斉藤 芳紀¹、岡田 一廣¹、宮武 良和¹、千葉 哲也¹、渡邉 高明¹、東田 克也²、秦 洋二²
(¹花王ビューティケア研究センター他、²月桂冠総合研究所)


会社概要

■花王株式会社

・創業 1887年6月(明治20年)
・設立 1940年5月(昭和15年)
・本社所在地 東京都中央区日本橋茅場町1丁目14番10号
・資本金 854億円
・従業員数 5,854人(花王グループ33,745人) ※2009年3月31日現在
・代表者 代表取締役 社長執行役員 尾崎元規
・売上高 12,763億円(連結売上高、2009年3月期)

■月桂冠株式会社

・創業 1637年(寛永14年)
・設立 1927年5月(昭和2年)
・本社所在地 京都府京都市伏見区南浜町247番地
・資本金 4億9,680万円 (非上場)
・従業員数 549人  ※2009年4月1日現在
・代表者 代表取締役 社長 大倉治彦
・売上高 316億円(2009年3月期)
[月桂冠総合研究所] 1909年(明治42年)開設、酒造りへの科学技術の導入を進めてきた。醸造技術の革新、新規バイオ技術の開発・応用を行う。今年で100周年を迎えた。

月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ