月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 酒粕分解ペプチドに肝障害予防効果を確認 日本栄養・食糧学会で発表
月桂冠ニュース(201005_01) 2010年5月13日

酒粕分解ペプチドに肝障害予防効果を確認

日本栄養・食糧学会で発表
 

月桂冠株式会社は、機能性食品研究において、酒粕を酵素分解して生じたペプチド(以下、酒粕ペプチド)に肝障害予防効果があることを明らかにしました。この研究成果を「第64回日本栄養・食糧学会大会」で、5月23日に発表します。

今回の研究では、酒粕ペプチド中に、抗酸化活性を有するペプチドが17種類含まれていることを液体クロマトグラフ質量分析計解析により確認し、その構造を決定しました。これら抗酸化活性に寄与する主要なペプチドは、アミノ酸2または3個からなるものが多く、抗酸化ペプチドとして医薬品にもなっているグルタチオンと同等の活性を有していることを確認しました。肝臓は生体内で過剰な活性酸素や過酸化脂質が集中する臓器であることから、抗酸化活性は肝臓機能を保護する上で重要と考えられています。
さらに、肝障害予防効果を検証するために、酒粕ペプチドをマウスに経口摂取させ、6週間後、肝障害のマーカーである血清GPT(グルタミン酸ピルビン酸転移酵素)と、血清GOT(グルタミン酸オキザロ酢酸アミノ基転移酵素)の値を確認しました。その結果、通常のエサのみを摂取させた場合を100%とすると、酒粕ペプチドでは、血清GPT値は26%、血清GOT値は39%へと有意に減少しました。このことから、酒粕ペプチドは肝機能を保護し、肝障害予防効果を有することが明らかになりました。

当社では、清酒副産物である酒粕から種々の機能性を見出し、その有効成分がどのようなものであるかを確認してきました。特に、清酒もろみを液状化して仕込む当社独自の清酒醸造法で得られた酒粕は、通常の酒粕に比べて米由来のタンパク質含量が約2倍と豊富に含まれる点に着目し、機能性食品としての利用を視野に研究を進めています。酒粕にタンパク質分解酵素を作用させると、アミノ酸がいくつか連なった構造のペプチドに断片化し、体内に吸収されやすくなることも機能性食品としての利点になります。
これまでの研究では、酒粕ペプチドに、アンギオテンシン変換酵素の働きを阻害することで血圧を降下させる機能性があることを明らかにしています。今後は、酒粕ペプチドの血圧降下活性に加え、今回新たに見出した抗酸化活性、肝障害予防効果についてさらに検討を進め、飲食品にさまざまな機能を付与するなどの応用を目指していきます。

学会での発表

学会名 「第64回 日本栄養・食糧学会大会」
会場 アスティ徳島 研修室1・2 (徳島県徳島市山城町東浜傍示1)、O会場
発表日時・
演題と発表者
2010年5月23日(日)
9:33~、「酒粕ペプチドに含まれる抗酸化ペプチドの同定」
           ○堤 浩子、大浦 新、秦 洋二(月桂冠・総合研究所)
9:45~、「酒粕ペプチドのマウス肝障害予防効果 」 
           ○大浦 新、堤 浩子、秦 洋二 (月桂冠・総合研究所 )
           ※いずれも、○印は演者

月桂冠総合研究所について

1909(明治42)年、11代目の当主・大倉恒吉が、酒造りに科学技術を導入する必要性から設立した「大倉酒造研究所」が前身。1990(平成2)年、名称を「月桂冠総合研究所」とし、現在では、酒造り全般にわたる基礎研究を行うと共に、バイオテクノロジーによる新規技術の開発、製品開発まで幅広い研究に取り組んでいます。
(所長=秦 洋二、所在地=〒612-8385 京都市伏見区下鳥羽小柳町101番地)

月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ