月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 料理のタイプを選ばない、キレのあるすっきり辛口の酒 「糖質ゼロ」容器デザインをリニューアル
月桂冠ニュース(201008_07) 2010年8月20日
料理のタイプを選ばない、キレのあるすっきり辛口の酒

「糖質ゼロ」容器デザインをリニューアル

 

月桂冠「糖質ゼロ」
高解像度画像

月桂冠株式会社は、糖質を極限までカットした日本酒「糖質ゼロ」(1.8リットル・900ミリリットルパック)の容器デザインをリニューアルし、9月上旬から全国で発売します。今秋新発売の「糖質ゼロ エコカップ」(210ミリリットルびん、9月6日出荷開始)とあわせ計3アイテムを統一した装いで発売するものです。

月桂冠「糖質ゼロ」は、日本酒ではじめての糖質ゼロ商品として、2008年9月に新発売しました。新発売以来、飲食品の糖質を気にされるなど健康意識の高い方や、これまで日本酒をたしなむ機会の少なかったお客様からも好評を得るようになりました。

今回のリニューアルでは、当商品の良さをさらに認知いただこうと、「糖質ゼロ」であることをスタンプ状のマークで強調すると共に、この商品最大の特徴である爽やかなキレと、すっきりした辛口の味わいを「辛口爽やか仕立て」と表示しました。味わいの特徴から、あっさりとした料理にもよく合いますが、油を使った料理では口中をすっきりさせるウォッシュ効果も見られ、多様な料理との相性も良いことから、パック詰の2アイテムには「料理を選ばず、旨い!」と表示しました。

製造技術の面からは、自社開発の「糖質スーパーダイジェスト製法」により、糖質を限りなくゼロにしながらも旨味をできるだけ残すようにしました。通常、発酵の後期にはアルコール度数が上昇するため酵母の働きが弱まり、糖質をアルコールへ変換する力が低下します。この製法では、発酵の後半でも酵母の発酵力を持続させることで、糖質を極限までカットできます。これまで、2004年9月にはカロリー2割(糖質は3割)カット、2008年3月には糖質85%カットの日本酒を商品化してきました。継続して研究開発・試験醸造を重ねる中で糖質のカット率を高めていき、日本酒ではじめての「糖質ゼロ」を完成することができました。

※「糖質ゼロ」は、栄養表示基準に基づき、100ミリリットルあたりの糖質が0.5グラム未満の場合には表示が可能となっています。

商品名 糖質ゼロ
容量・容器 1.8リットルパック 900ミリリットルパック 210ミリリットルエコカップ
参考小売価格
(消費税別)
1,396円 716円 160円
アルコール分 / 甘辛と濃淡 13度以上14度未満 / 甘辛=辛口、濃淡=淡麗
メーカー出荷単位 6本入ダンボール詰 30本入ダンボール詰

月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ