月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > オンザロックで楽しむ日本酒 「氷でうまい酒」「氷原酒」発売
月桂冠ニュース(201203_03) 2012年3月1日
オンザロックで楽しむ日本酒

「氷でうまい酒」「氷原酒」発売

 

「氷でうまい酒」「氷原酒」
高解像度画像

月桂冠株式会社は、氷を入れて飲むオンザロック用の日本酒「氷でうまい酒」(1.8リットルパック、900ミリリットルパック)と「氷原酒」(720ミリリットルびん詰)の計3アイテムを、春夏の期間限定で全国発売します。氷が溶け出して酒の温度が低くなっても味わいは薄くなりすぎず、美味しくお召し上がりいただけるよう酒質を設計した商品です。夏季にかけての気温が上昇する時期に、涼しく過ごしていただくためのアイテムのひとつとして、日本酒のオンザロックを提案するものです。

「氷でうまい酒」(1.8リットルパック、900ミリリットルパック)は、清涼感のあるソフトな味わいが特徴です。ご家庭で気軽にオンザロックをお楽しみいただけるよう、取り扱いやすいパックに詰めました。氷をたっぷり入れたグラスに注ぐと1分ほどでなじみ、アルコール分が10パーセント前後に、酒の温度が約1度で安定した時に、甘味と旨味のバランスが最も良く感じられるよう味わいを整えました。すっきりとしたあと味は、夏場に食べる機会が増えるそうめん(和風のあっさりつゆ)とも良く合います。900ミリリットルパックには、木桶に盛ったそうめんのイラストや料理レシピを掲載し、当商品とあわせてお召し上がりいただくことを提案しています。1.8リットルのパッケージは黒色を基調として、正面には「氷でうまい酒」の商品名を大きく表示し、酒に氷を浮かべたオンザロックのグラスをデザインしました。側面には「氷でうまい酒」の飲み方を、漫画風のイラストと画像でわかりやすく紹介しています。

「氷原酒」(720ミリリットルびん)は、旨味のある濃い味わいが特徴です。旨味とコクのある純米酒を、原酒の状態で生酒(加熱処理をしない酒)のままびん詰めしました。氷が溶け出しても味わいは薄くなりすぎず、ゆっくり時間をかけてなめらかな味わいを楽しむことができます。家庭や飲食店のテーブルにも合う中容量(720ミリリットル)のびんに詰めました。びんの肩の部分にはなめらかな凹凸を持たせ、冷やして飲む酒にふさわしく爽やかな水色のびんを採用しました。

 

商品名 氷でうまい酒 氷原酒
容量・容器 1.8リットル・パック 900ミリリットル・パック 720ミリリットル・びん詰
参考小売価格(消費税別) 1,396円 678円 972円
アルコール分 14度以上15度未満 17度以上18度未満
テイスト 甘辛=やや甘口、濃淡=普通 甘辛=中口、濃淡=濃醇
メーカー出荷単位 6本入ダンボール詰 12本入ダンボール詰
発売期間 3月~8月 5月~7月


月桂冠ニュース 一覧へ戻る
ページのトップへ