検索
メニュー
月桂冠トップ > 知る・楽しむ > 伏見文庫 > キリシタン大名・高山右近と京都伏見

日本に初めてキリスト教を布教したのは、1549年(天文18年)に来日したフランシスコ・ザヴィエルとされている。京の都にも1550年に立ち寄り、都を離れる際には伏見の鳥羽湊(現在の京都市伏見区下鳥羽)から出港したことが記録に残る。その後、キリスト教信仰は徐々に広まり、その牽引者の一人として、安土桃山時代のキリシタン大名・高山右近が知られている。

高山右近は、1552年(天文21年)、摂津国高山(現在の大阪府豊能郡)で生まれ、戦国時代の武将として織田信長や豊臣秀吉に仕えた。高槻城の城主であった一方で、キリスト教への信仰を育み、黒田官兵衛、蒲生氏郷ら近しい大名にも布教した。高山右近が育んだ揺るぎない信仰心は、深く人心へと浸透していった。

しかし為政者にとって、「異教」への信仰は畏怖する存在ともなった。豊臣秀吉による「伴天連追放令」(1587年=天正15年)で、高山右近は加賀の前田家に客将としてお預けの身となった。さらに、徳川幕府によるキリスト教の大禁教令(1614年=慶長19年)で日本からも追われ、迎えられたフィリピンのマニラで、1615年(慶長20年)、生涯を閉じた。

これまで京都伏見は、高山右近のゆかりの地として取り上げられることは少なかった。豊臣秀吉時代から徳川三代将軍までの時代には、伏見は政治の中心であり、いわゆる「首都」として政策上重要な土地と位置付けられており、その城下町には全国の大名が服属の儀礼として屋敷を設けた。その大名の一人として、高山右近の足跡が京都伏見の地に刻まれた様子を、史料から知ることができる。高山右近ゆかりのイエズス会「伏見教会」(1604年~1614年)への小道が、ひっそりと受け継がれてきたことを、敷地を所有する月桂冠が、2015年(平成27年)確認した。

高山右近像 ロザリオを胸にいだく、高山右近像(カトリック高槻教会)。その深くゆるぎない信仰心が注目されている。

(主要参考文献)

  • 三俣俊二「伏見キリシタン史蹟研究」聖母女学院短期大学伏見学研究会・編 『伏見の歴史と文化』(京・伏見学叢書1)清文堂出版(2003年)

(高山右近に関する参考図書)

  • 海老沢 有道『高山右近』(人物叢書)〔新装版〕吉川弘文館(2009年)
  • 嶋崎賢児『キリシタン大名高山右近の足跡を歩く―ゆかりの地写真集』三学出版(2014年)
  • 中西裕樹・編『高山右近 キリシタン大名への新視点』宮帯出版社(2014年)
  • フーベルト・チースリク『高山右近史話』聖母文庫(2012年)
  • 古巣馨・著、カトリック司教協議会列聖列福特別委員会・監修『ユスト高山右近―いま、降りていく人へ』ドンボスコ社(2014年)

当コーナーに使用した意匠は、カトリック高槻教会(大阪府高槻市野見町2-26)の許可を得て、月桂冠が撮影した画像を含んでいます。

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • LINEで送る
ページのトップへ