検索
メニュー
月桂冠トップ > 知る・楽しむ > よくいただくご質問-[Q&A]日本酒全般 > 角樽(つのだる)はどのような時に使われますか? 熨斗のかけ方など贈る際のマナーはあるでしょうか?
鏡開き

角樽(つのだる)はどのような時に使われますか?
熨斗のかけ方など贈る際のマナーはあるでしょうか?

よくいただくご質問 - [Q&A]日本酒全般

このエントリーをはてなブックマークに追加

「角樽」は、樽の左右から突き出した把手(とって)に、持ち手の柄を渡した酒容器です。婚礼や結納で使われることが多い樽ですが、誕生、新築、開店、創業記念、還暦・米寿、公演のご祝儀など慶事の贈答全般にご使用いただけます。

角樽を結納として贈る際には、外箱から出して、蝶花(ちょうか)や呑み口をセットします。月桂冠の角樽は蝶花がセットになっているため、必ずしも熨斗(のし)を付ける必要はありませんが、贈り主がわかるようにするため樽の胴や外箱に付けられる場合もあります。

「柳樽」(やなぎたる)が原型、「家内喜多留」と記し縁起をかつぐ

角樽は「柳樽」と呼ぶ、室町時代頃から使われていた運搬用の酒容器が原型です。樽づくりの技術が未熟だった当時のこと、柳の木は柔らかいので加工しやすく、水分をよく吸収するため隙間から液体が漏れにくいという利点がありました。その後、柳樽の把手を角のように立派にして杉材で作られ、朱漆や黒漆を塗り、慶事の贈答に用いられるようになりました。結納の目録には、もともとの柳樽の呼び名をもじって「家内喜多留」と記され、「やなぎだる」と読まれます。語呂合わせから、一升(一生)入りや、商家では半升(繁盛)入りがよく用いられてきました。

酒蔵

角樽はどのような構造になっていますか?

樽の形に合わせたガラスびんに酒を詰め、外容器となる角樽にセットしています。木製の樽に直接酒が入っているわけではなく、中身の酒は樽酒ではありません。
角樽は容器上部にあるびん口に、付属の呑口(のみくち)を取り付けて、酒を注ぐことができます。

月桂冠では、「角樽」の商品として本漆塗り木製の「超特撰特別本醸造1.8リットル詰」(「オンラインショップ月桂冠」にて取り扱い)とプラスチック製「特撰本醸造1.8リットル詰」を販売しており、贈答やお土産、店頭のディスプレイなどにご利用いただけます。

使用済みの角樽は、どのように廃棄すればよいですか?

角樽の外容器の材質は、本漆塗りの木製と、プラスチック製との2種類があります。内容器はガラスびんを用い、そのキャップは金属製です。
外容器(木製またはプラスチック製)、内容器(ガラスびん)、キャップ(金属)を分別していただき、お客様がお住まいの自治体が指定する方法に従って廃棄してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページのトップへ