百年酵母仕込み 純米吟醸 伝匠

純米吟醸 伝匠
百年の刻(とき)を味わう「酵」匠の技「米」京都の米「水」伏見の水

百年以上の歴史 月桂冠の蔵付酵母 きょうかい2号

百年以上の歴史 月桂冠の蔵付酵母 きょうかい2号

100年以上前になる1912(明治45)年に分離された月桂冠の蔵付き酵母【きょうかい2号】は、1917(大正6)年から1939(昭和14)年まで頒布されていました。当時の『日本醸造協会雑誌』1925(大正14)年には、「林檎のやうな芳香を放ち」、「酸の生成量及びアミノ酸の生成量は極めて少ない」と記されており、雑味の少ない良酒を醸していたことが伺えます。
月桂冠では頒布から100周年を迎えた2017(平成29)年に【きょうかい2号】酵母を使った酒造りを再開。2019(平成31)年に「百年酵母仕込み」として復活。ようやくお客様にお届けできるようになりました。

*きょうかい酵母:公益財団法人日本醸造協会が管理し、全国に頒布している酵母。

幻の酒米 京都産 祝

幻の酒米 京都産 祝

香り高く、ふくらみのある味わいの吟醸酒造りに向いた酒造好適米【祝】。
『伝匠 月桂冠 百年酵母仕込み 純米吟醸』では京都産の【祝】を全量使用しています。
【祝】は戦後の食糧難の影響や栽培法の難しさから、1974(昭和49)年以降姿を消しました。
しかし、1988(昭和63)年、伏見酒造組合の働きかけによって栽培法を改良し、栽培をスタート。
1992(平成4)年にその成果が実り、「祝」の日本酒が復活しました。

京都伏見の名水 伏水

京都伏見の名水 伏水

月桂冠のある伏見は、数々の酒蔵が集まる全国屈指の酒どころ。
「伏見(ふしみ)」は江戸時代には「伏水(ふしみ)」と表記されるほど、
良質な地下水が豊富で、酒造りに適した土地です。
月桂冠は、創業以来この名水【伏水】とともに酒造りの道を歩んできました。
『伝匠 月桂冠 百年酵母仕込み 純米吟醸』も名水【伏水】で仕込んでいます。

百年酵母と現代の酒造りの融合京都で磨かれた匠の技

百年酵母と現代の酒造りの融合 京都で磨かれた匠の技

米

【祝】は白米自体が非常にやわらかく割れやすいため、ゆっくりと時間をかけて精米しています。水分も吸収しやすく、匠の秒単位での吸水コントロールが必要になります。

発酵

【きょうかい2号】は発酵力が弱く繊細な酵母。
あまりに穏やかな発酵ゆえに、匠は日々香りともろみの面構えを確認し、温度管理にも細心の注意を払い、発酵をじっくりと待ち続ける必要があります。その結果、通常の発酵期間が20~25日間のところ、36日間の長期低温発酵もろみになります。
もろみは加水をほとんど行わず、糖分をほどよく残し、甘さと酸味をバランスよく仕上げました。

仕上げ

アルコール分15度にようやく上がったタイミングで搾った、割水なしの原酒です。
繊細でフレッシュな酒質を活かすため、加熱処理は冷却火入れ(加熱後瞬時に温度を下げる)の一度のみで、低温で貯酒。充填時も熱をかけない「生詰」のお酒です。

百年の刻を味わう

はんなり甘く、歴史感じる味わいに

はんなり甘く、歴史感じる味わいに

「百年酵母」を使うことによってリンゴやアプリコット、パインを思わせるやさしい甘味と程よい酸味が調和するジューシーな仕上がりに。
後味がさっぱりしているので、洋食との相性も良く、つい飲み続けたくなる味わいです。
食事とのマリアージュだけでなく、食前やリラックスタイムなどさまざまなシーンでもお楽しみいただけます。

伝匠ブランドとは

本当の日本酒の味を伝えたい
匠の想いが込められた、至極の味わいがここに

本当の日本酒の味を伝えたい匠の想いが込められた、至極の味わいがここに

伝匠月桂冠 百年酵母仕込み 純米吟醸 720mL壜詰

伝匠 月桂冠 百年酵母仕込み 純米吟醸 720mL壜詰

味わいの特徴味わいの特徴

お奨めの飲み方おすすめの飲み方

酒質:純米酒、酒質:純米酒、原材料:米(国産)、米こうじ(国産米)酒質:純米酒、酒質:純米酒、原材料:米(国産)、米こうじ(国産米)