若手に月桂冠の社風を聞く 若手社員座談会若手に月桂冠の社風を聞く 若手社員座談会

若手社員に聞きました!月桂冠ってどんな会社?若手社員に聞きました!月桂冠ってどんな会社?

月桂冠の若手社員5名に、就職活動から職場の雰囲気まで本音トークで語ってもらいました。他とはちょっと違う(?)月桂冠ならではの雰囲気を知りたい方は必読!

月桂冠に入社しようと思った理由を聞かせてください。月桂冠に入社しようと思った理由を聞かせてください。

  • 小見山

    人事の方の優しさがとても印象的で、他の企業にはない温かさがあると感じました。選考は終始なごやかに進んでいったので、入社後も温かく迎えてもらえそうだと感じたのが大きいです。面接前の控室でも、ずっと「大丈夫だよ」と言い続けてリラックスさせてくれましたから。

  • うんうん、私も言われた(笑)。

    西出
  • 天川

    面接前に人事の方と1対1で話せる機会というのは、他社ではあまりなかった気がします。「がんばって!」と送り出してくれたのが印象的で、「一人ひとりをきちんと見てくれている」と感じました。内定後の面談でも「不安に思っていることは何でも聞いて」と気にかけてくれて、本当に社員を大事にしている会社だということが伝わりました。入社した今も、先輩方に見守っていただいている実感があります。

  • 面接の待合室で、本来の自分が出せるように人事の方が他愛もない話で緊張をほぐそうとしてくれた企業に初めて出会いました。
    私が受けた企業の中で、一番真摯に向き合ってくれた会社だったのではないかと思います。もちろん、大好きな日本酒に囲まれて仕事ができるのも魅力のひとつでした。

    和泉
  • 藤川

    実は、あまり日本酒には馴染みがなかったのです。でも、お酒全般好きなので、お酒関係の会社に入りたいとは思っていました。実際に月桂冠の説明会に参加してみると、さまざまな技術を駆使して日本酒造りに取り組んでいることがわかりました。大量生産だけに力を入れるのではなく、きちんとものづくりに取り組める点に魅力を感じました。

  • お酒はもちろんお菓子やタバコもそうですが、嗜好品というのは人の幸せのためだけに存在するものだと思います。大学の先輩たちから「社会はしんどいぞ」と聞いていたので、どうせやるなら人を幸せにする嗜好品に携わりたいと考えました。実は他社からも内定をいただいていたのですが、「人のあたたかみ」に魅力を感じて月桂冠を選びました。

    西出

新入社員研修はいかがでしたか?新入社員研修はいかがでしたか?

  • 小見山

    「楽しい」の一言です。お酒造りについても教わるので、支店に配属されてから営業に行ったときにも話のネタになります。

  • 約2週間、同期と一緒なので、かなり仲良くなりますね。社会人としてのマナーもそこで身についたので、とても有意義でした。

    西出
  • 和泉

    配属後に3ヵ月間同じ職場の先輩社員がついてくれる「ブラザー&シスター制度」もいいですよね。体調面も含めて気を配ってくれますし、身近に相談できる人がいるのはうれしいです。

  • うちの支店では、入社2年目・4年目・6年目の先輩3名がそれぞれ1ヵ月ずつブラザーになって、仕事のやり方をみっちり教えてくれました。最初にいろんな先輩の営業スタイルを学べたことは、とてもよかったなと感じます。

    小見山
  • 藤川

    醸造部も同じですね。新人はどうしても心細い気持ちになるので、そうした不安をフォローしてくれる制度があるのは心強いです。

  • 僕のブラザーは、他の支店の方に「天川も一緒に連れて行ってやってください」とお願いしてくれて、いろんなところに同行させていただきました。もちろん、飲みにも連れて行ってくれますしね(笑)。

    天川
  • 小見山

    先輩たちも上の人たちによくしてもらってきたから、いい形で受け継がれているのだろうね。あと研修制度以外では、自己啓発のサポートも充実しています。

  • 藤川

    業務に直結する通信講座については、費用を全額負担してもらえるので、みんな積極的に資格を取得していますね。僕も入社1年目に生産士という資格を取得しました。業務に関係ない講座でも補助金が出るので、次はパソコン関連の資格をめざしてみたいですね。

  • 私は最近販売士3級の通信教育を受講したので、今は「仕事の段取り術」を勉強しています。

    西出
  • 和泉

    私も「生産士」をめざしています。あと個人的に取り組んでいるのは、お客様相談室の情報を毎日チェックすることです。研究所にいるとお客様の生の声を直接聞く機会が少ないので、相談室に寄せられた声を通して、いろんなヒントを吸収したいと思っています。

  • いろんな視点を知るのは大切ですよね。僕も日本酒のイベントに参加して、いろんな酒蔵の方々と話をして視野を広げています。今もいろんな職種のみんなと話をして、脳が活性化している気がしますね(笑)。

    藤川

入社してからこれまでを振り返っていかがですか?入社してからこれまでを振り返っていかがですか?

  • 西出

    少しだけお酒に強くなりました(笑)。もともとあまり飲める方ではなくて、日本酒1合飲むのにも苦労していたのですが、最近は飲むペースがわかってきて、2~3合は飲めるようになりました。

  • 僕も学生のときよりお酒が強くなりました(笑)。日本酒はもともと得意ではありませんでした。あらためてじっくり飲んでみるとそのおいしさがわかってきた気がします。

    小見山
  • 天川

    僕はまだ入社からそんなに経っていませんが、敬語やビジネスマナーなど、社会で必要なことは少し学べてきたように思います。仕事に関してはまだまだこれから。先輩について勉強している段階です。

  • 私も最初は、挨拶や「ホウ・レン・ソウ」の習慣づけがきちんとできていませんでした。先輩方に丁寧にご指導いただいたおかげで身につきました。

    西出
  • 藤川

    吟醸酒の仕込み・醗酵管理を担当しているのですが、はじめはやっぱり先輩に頼りっぱなしでしたね。でも今はもろみの見た目や香り、分析値などを参考にして、ある程度管理できるようになってきました。

  • 学生の頃より積極的に研究に取り組む姿勢が身についてきました。研究所の先輩方は、配属当初緊張していた私の意見を引き出し、研究に対して積極的になるようアドバイスをしてくださいました。これから日々の業務や研修を通してさらに成長していけたらと思います。

    和泉

職場での飲み会はどのくらい行われますか?職場での飲み会はどのくらい行われますか?

  • 西出

    多いときは週に3回くらいです。あとは、仕事を兼ねて先輩と飲みに行くこともあります。料飲店さんを1日に3軒回って「この商品、こういう飲み方もできるのでぜひ置いてください」とお願いしたりしています。

  • うちの支店は独身の方が多いので、歳の近い先輩と一緒に行くことが多いです。入社当初に歓迎会が一週間ぐらい続いたのはさすがにびっくりしたけど(笑)。出張している人が多かったので、その日来られる人たちで連日歓迎会を開いていただきました。今思えば、歓迎されていたことがわかりますが、衝撃でした(笑)。

    小見山
  • 西出

    私も支店・全体・若手で分けて3回あったよ。飲み会は多いけど、行きたくない日は普通に断れる空気なのがうれしいですね。

  • 支店に配属されると多いのかもね。あとは月に一度、「若手会」というのもあります。

    小見山
  • 天川

    うちの支店では「ご近所若手会」というのもありますよ。

  • 研究所では、研修やセミナーの後に、みんなで飲みに行ったりすることが多いです。お酒好きな方が多いので、とても楽しいですね。

    和泉
  • 藤川

    醸造部でも、お酒造りの節目には必ず飲み会があります。

  • 小見山

    基本的にイベント事の後は必ず行きますよね。きっと、この座談会の後も飲み会じゃないかな?

  • (笑)。

    一同
  • 藤川

    お酒を飲むと素直に話せるので、仕事のストレスもなくなりますよね。上の方も嫌がらず聞いてくれるというか、むしろ「どんどん言え」という感じで。

  • そうそう。

    小見山
  • 天川

    支店長とも週に一度は飲みにいける機会があって驚きました。とても距離が近くて、お酒を交えながらフランクに話せるのがうれしいです。

仕事のオンとオフの切り替えについて聞かせてください。仕事のオンとオフの切り替えについて聞かせてください。

  • 藤川

    メリハリをつけるよう意識しています。お昼休みはごはんを食べて、その後はキャッチボールをするなどリフレッシュしているので、仕事により集中できていると思います。

  • 研究所では、各自が納得いくまでやるスタイルです。オン・オフの切り替えは各自がきちんと自己管理しているように思います。

    和泉
  • 小見山

    先輩から教わったことですけど、日曜の夜に一週間のスケジュールについて15分しっかりと考えると、月曜朝からとても効率的に動けるのです。きちんと仕事を終わらせて、土日にしっかりフレッシュすると、また一週間がんばれます。先日の連休は旅行で宮古島に行ってきました。非日常空間で仕事を完全に忘れるのが切り替えのコツだと感じます。

  • 私は比較的都会の支店なので、仕事が終わったら30分かけて大阪・梅田まで歩きながら、徐々にオンからオフに切り替えていきます。

    西出
  • 小見山

    毎日歩いてるの!? 30分も?

  • うん、ほとんど毎日。ハイヒールで(笑)。梅田に着いたら少し買い物したりしています。あとは、結婚してから早く帰るように言われることが増えました。夜になるにつれて上司がソワソワしはじめて(笑)、「こんなに遅くまでいて大丈夫か」と心配してくれてありがたいですね。

    西出
  • 天川

    休日は本社・京都オフィス・大阪オフィスの若手で集まり「ご近所若手会」で遊びに行ったりしています。去年はパラグライダーとバーベキュー、マラソン、それにスノーボードも行きました。あとは金曜日に「大阪オフィスフォークソング部」というのがあって、みんな定時が来たらお酒を飲みながらギターやベース、キーボード、ウクレレなどを演奏して歌ったりしています。

  • 藤川

    めっちゃいいやん!楽しそう(笑)。

  • 素敵。うらやましい。

    小見山

学生に向けてメッセージをお願いします。学生に向けてメッセージをお願いします。

  • 西出

    就職活動は、自分なりのペースでしっかり考えて行動するとうまくいくように感じます。誰が内定を取ろうと、何社エントリーしていようと関係なく。

  • 本当にそう思います。焦らずに自分のやりたいことを考えることが大切。社会のことはわからなくて当然だと思うので、まずはいろんな会社の説明会に参加して視野を広げていけば、いいなと思える会社が自然と見つかるのではないでしょうか。

    藤川
  • 天川

    一社の結果に一喜一憂するのではなく、開き直って場数を踏んでいった方が、自分の至らなかったところも見えてきて、面接で自分の想いを伝えるのもうまくなっていくと思います。あきらめずに挑戦していってほしいですね。

  • 落とされた企業に対しては、「自分をとらなかったことを後悔されるぐらいになってやろう」と思っていました。その後の40数年がこれで決まると考えると、「就職活動の数ヵ月を人生で一番しんどい時期にしよう」という気持ちでした。

    小見山
  • 和泉

    私も後悔だけはしたくなかったですね。できるだけ説明会に足を運んで、エントリーしていったからこそ、「月桂冠の面接はあたたかい」ということにも気づけましたから。就職活動はしんどいですが、終われば自分にとって大切な時間と思えるので、がんばってください!

  • 実は、個人的にはあまりしんどくなかったかも。いろんな人や会社と出会い、視野が広がっていくのが楽しいと感じていたので、前向きに臨むことができました。初めてのことで苦労することも多いと思いますが、自分にとって良い会社に出会えるようがんばってください!共に働ける日を楽しみにしています。

    藤川
  • 藤川 正樹

    醸造部
    2014年入社

    【好きなお酒】
    ビール、日本酒が好きです。月桂冠で特に好きなのは、『伝匠 月桂冠 純米吟醸酒』です。

    【最近のニュース】
    社会人になってから草野球を始めました。でも最近肩を痛めて、ちょっと辛いです。(仕事には支障ありません。)

  • 西出 まり絵

    近畿第1支店
    2014年入社

    【好きなお酒】
    フルーティな味わいの『うたかた』が好きです。発泡性ですっきりとした飲み口なので、お酒が得意じゃない方にも飲みやすい商品だと思います。

    【最近のニュース】
    去年から続けている水泳ですが、最近やっと10kmを泳げるようになりました。

  • 和泉 智保

    総合研究所
    2015年入社

    【好きなお酒】
    『金賞受賞酒』です。内定時に送っていただいたのですが、初めて口に入れた瞬間、自然と笑顔になってしまうおいしさに感動したのを覚えています。入社してから造る側の想いを知り、さらに好きになったお酒です。

    【最近のニュース】
    楽しいお酒の席が多く、ついついたくさん飲んで太ってしまいました。大学時代にしていたマラソンにまた挑戦するために、がんばってやせていこうと思います!

  • 小見山 雄介

    中国支店
    2014年入社

    【好きなお酒】
    『山田錦特別純米酒』です。このお酒を1人でも多くの人に飲んでもらえるように駆け回っています。

    【最近のニュース】
    弟は私より先に某レコード会社からダンスグループでメジャーデビューしています。この座談会で私も全国デビューです(笑)。

  • 天川 隼輔

    近畿第2支店
    2015年入社

    【好きなお酒】
    フルーティな味わいの『生酒』です。あまりの飲みやすさに衝撃を受けました。

    【最近のニュース】
    大阪はスパイスカレーの店が多いので、土日になったらランチにカレーを食べに行っています。

ページトップへ