世界中の生活シーンに
日本酒の「おいしい」を届けたい

海外営業の仕事貿易部星野 康平

現在の仕事

「GEKKEIKAN」を
世界に広めていく。

現在はヨーロッパ全域とロシア・中東・韓国を担当しています。
具体的な仕事内容は、各国の代理店の発掘、代理店との販売契約書草案の作成、代理店への商品・販促活動の提案、代理店の販売活動に対してのアドバイス、代金回収、海外専用商品の企画などです。代理店の窓口となり、各国での販売活動のサポートをすることによって、当社への受注を獲得することが海外営業の主な業務となります。

仕事のやりがい

世界に日本酒を広めることに
貢献しているという実感

image

國酒である『日本酒』のリーディングカンパニーで、世界市場を開拓していく最前線に立たせてもらっていることに、感謝の気持ちと大きな責任感を感じています。また、商品の魅力をしっかり伝えた後でいただける海外のお客様からの「おいしい」の一言が、挑戦し続けられる力の源になっています。

加えて、海外でビジネスしていると、それぞれの商習慣・食習慣などが見えてきます。それに合わせた営業活動を行うことが自分の成長につながっていると実感しています。

仕事をする上で心がけていること

無限大の可能性を持った海外に挑戦する

固定概念にとらわれず、新しいことに果敢に挑戦していきたいと考えています。海外でのアルコール飲料市場における日本酒の割合は、ほんのわずかなもので、まだまだ努力が必要です。しかし裏を返せば、提案の仕方で無限大の広がりを見せる可能性もあるのです。貿易部には、新しいことに挑戦させてもらえる環境があります。世界中で増えている日本食レストランへの営業はもちろんですが、フランス料理とのペアリングディナーや、音楽やSNSと日本酒を絡めた企画にも挑戦し、新しい市場の開拓をどんどんしていきたいです。

これまでの仕事で印象に残っていること

営業の原点を再認識した
UAE代理店との「Sake Pairing Dinner」

UAEは世界有数の富裕国として知られていますが、参加される方々も一流の方々ばかり。その中で、当社の歴史やペアリングしている商品のスペック、完成までの秘話や料理との相性など丁寧に説明することで、大変満足していただきました。また、日本酒全般や月桂冠についてさまざまな質問も受け、非常に活気のあるディナーでした。

改めて日本酒が世界に挑戦していけるものであると可能性を認識できた瞬間であり、またそこで「営業の原点」を再確認させられました。自社商品の魅力をどのように伝えるかで商品の付加価値をさらに高めることができると、改めて気付きました。

これからの夢や目標

造り手の思いを伝えられるセールスに

image
世界中の様々なシーンの傍に、月桂冠商品が常にあることが夢です。
また、ものづくりの会社の一員として、基本を疎かにしない、造り手の想いを100%伝えられるセールスになりたいです。

ページトップへ