得意先それぞれの特性に合わせた
ベストパートナーを追究する

国内営業の仕事中国支店河合 高志

現在の仕事

岡山県をメインに、
エリアの全業態を担当

岡山県と広島県福山市の得意先を担当しています。業務内容としては、エリア内の全業態(卸店・スーパーマーケット・ドラッグストア・酒専門店・業務用酒販店・料飲店)を担当しそれぞれの特性に合った営業活動をしています。

担当している得意先が多いため、いかに効率よく、パフォーマンスの高い仕事ができるかを追求し、優先順位をつけながら仕事をしています。

仕事のやりがい

若手のうちからたくさんの経験ができる

業態ごとの特徴やニーズに合わせて営業活動ができることにやりがいを感じます。
例えば、業務用の営業では人間関係と人脈づくりが非常に重要になってきますが、チェーンストアでは市場データやお客様情報をもとにした理論的な提案が必要です。もちろん、商売は人対人ですので、信頼関係を築くことは必要不可欠ですが、その上で得意先が求めているものはそれぞれ違います。

月桂冠は若手のうちからたくさんの経験をさせてもらえる会社で、私も多くの担当を任せてもらっています。幅広い知識を得ることで、自分が成長できていると実感しています。

仕事をする上で心がけていること

相手の立場に立ち、共に考え行動する

営業するうえで心がけていることは「常に相手の立場になって考え、孫の手のような役割を果たすこと」です。得意先の担当者は日々の業務に追われ細かな部分に目を向けられずにいます。そのような中で、かゆい所に手が届くような提案を心がけています。

例えば提供していただいたPOS※データを分析して市場データとの違いを掴み、売上UPにつながる商品や販売方法を提案するなど。課題に対して共に考え行動することで、月桂冠を”数あるメーカーの一社”ではなく、”パートナー”として見ていただけるよう営業活動をしています。

※POS…Point of sale System(販売時点情報管理)の略。

これまでの仕事で印象に残っていること

日本酒メーカーとして初めて得意先の棚割会議に参加

ある得意先が現状の棚割※に課題を感じていたので、新たな棚割の提案をさせていただきました。その得意先は、定期的に本部でおこなわれる棚割会議にメーカー担当者を交えたことはなく、社員と卸店の担当者とで打合せをしていました。そこで、市場データ・POS分析で現状棚割の課題を抽出し、その得意先に合わせた棚割を提案したところ、とても好評だったため、日本酒メーカーとしては”初”の棚割会議に出席させていただくことになりました。なぜ、会議に出席させていただけたのかを得意先に聞いたところ、「提案内容もかなり良かったが、自社の商品ばかりを押し出さず、うちのことを本気で想ってくれた提案だったから。」とのことでした。相手の立場に立ち、相手が何を求めているかをしっかり考えたからこそ、心を掴むことができたのだと実感しています。

※棚割…小売店舗にある陳列棚のレイアウトのこと。

これからの夢や目標

「月桂冠」をより身近な存在に

老若男女問わず食卓に欠かせないものとして、「月桂冠」を身近な存在に感じてもらいたいです。
今後も弊社の強みである豊富な商品ラインナップを活かし、それぞれの得意先・客層に合わせた提案をすることで、月桂冠ファンを増やしていけるようこれからも頑張ります。

ページトップへ