日本酒を飲んでいない人に
斬新で素敵な新しいイメージを提供したい

国内営業の仕事広域流通部山崎 毅

現在の仕事

情報を素早くつかみ、
部門連携しながら提案をする

コンビニエンスストア本部の担当をしています。コンビニエンスストアは多様化し、日々変化するお客様ニーズを追い続け、スピーディーかつタイムリーに変化しています。そのコンビニエンスストアに対し、当社独自の市場情報を駆使し、お客様ニーズに対応する新しいオリジナル商品の開発や提案をおこなっています。

さらにコンビニエンスストアのバイヤーや卸との商談の中で、いま市場ではどのような商品が求められているかをいち早くつかみ、本社の企画・開発部門に、新商品の起案をおこなうこともあります。

仕事のやりがい

苦労して提案した商品が、
店頭に並んでいるのを見たときの喜び

コンビニエンスストアでは酒売場のスペースが狭いため、必然的に取扱い商品の数も少なく、商品の入れ替えは非常にシビアです。よっぽど魅力的な商品でなければ採用されず、売れ行きが少しでも悪ければすぐにカットとなります。

経済状況・市場環境・競合情報など様々な分析をおこない、苦労を重ねながら提案した商品が採用となったとき、商品が店頭に並び、お客様が購入しているのを見たときにやりがいを感じます。

仕事をする上で心がけていること

相手の求めていることを知ることが
第一歩

相手の話をしっかりと聞いて、相手の課題や求めていることを正確に把握できるよう心がけています。相手の求めていることを知ることで、課題に合った提案ができる。その繰り返しが信頼に繋がると思います。

これまでの仕事で印象に残っていること

全社一丸となった新商品の開発と提案

コンビニエンスストアのバイヤーから「常温酒売場の活性化」「日本酒の復権」をテーマに商品を作れないかとのお話があり、“お客様に喜んでもらえる商品”について、バイヤー・卸と話し合いました。そこに当社マーケティング部門、企画部門、開発部門のスタッフも加わって市場情報やお客様データ、原料や味の設計をすり合わせることで、バイヤーの求める商品を開発することができました。
完成したのは、日本酒をベースに国産果汁にこだわったリキュール。アルコール度数は3%でデザインにもこだわった商品です。今まで日本酒を飲んでいなかった若年層にも購入してもらうことに成功。ネット上でのクチコミも多く、喜んでいただいていることを実感することができ、とてもうれしく感じました。

これからの夢や目標

さらに多くの人に
日本酒の魅力を伝えていく

今まで日本酒を飲んでいない人たちも含めて、より多くの人に日本酒を楽しんでもらいたいですね。日本古来の酒・文化である日本酒の良さ、美味しさを知ってもらうとともに、今までとは違った斬新な提案で新しい素敵な日本酒のイメージを提供したいと思っています。

ページトップへ