Loading...

お酒に関する情報が含まれますので、20歳未満の方はご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

はいはい
サイトを閲覧する
いいえいいえ
月桂冠トップページへ

次回より入力を省略

※20歳未満の方とパソコンを共同利用している場合はチェックを入れないようお願いいたします。

SPECIAL 好きを楽しむ人たち

武田 有祐
京都サンガF.C. 営業担当

INTERVIEW 02
「昇格」に向かって、
みんなで一つに
関係する全ての人と共に躍進

「人との出会い」に感謝
選手経験を武器に、新たなスタート

「誰かを幸せにしたい、まわりの人たちの笑顔を見たい」。サッカーを続ける中で育まれたこの思いは、私の原動力となっています。京都サンガF.C.の営業を担当している今も変わりありません。
サッカーを始めたきっかけは、父と兄。物心がついたときには二人を追いかけて、夢中でボールを蹴っていました。小学生になってからは、地元・滋賀のスポーツ少年団で習い始めて、3年生で正式に入団。その後、思いもよらぬ展開が訪れます。4年生で京都サンガジュニア(当時)のセレクションに合格したのです。以来9年間、サンガの下部組織に在籍し、鍛えてもらいました。高校からは寮生活に。親元を離れたことで自立心が養われ、人間としても成長できたと思います。人生において、重要な3年間となりました。
大学を経て、Jリーグのカマタマーレ讃岐に加入、2014から2019シーズンまでの6年間在籍しました。振り返ってみると、何試合に出場したとか、何ゴールを決めたとか、数字的なこともありますが、「人との出会い」のありがたみを感じた日々でした。チームメイトはもちろん、支えてくれたスタッフや関係者、ファン、サポーターには感謝の念にたえません。法人営業担当としてサンガに帰ってくることができたのもご縁があってのこと。社会人未経験で、最初は右も左もわからない状態でしたが、一年半経った今、ようやく自分らしさを出せるようにもなってきました。私の強みは選手経験。お客様にも社内にも、ポジティブなこともネガティブなことも、選手視点で助言ができればと思っています。目標としては、京都府全体にホームタウンを広げていきたいですね。サンガの存在意義に共感いただいて、同じ志をもって支えていただき、共に躍進する。サンガがあるから京都が盛り上がって、地元が活性化され、企業の発展につながっていく。みんなの笑顔を生み出せるよう、気運をさらに醸成していきたいです。

愛犬、コールドブリューコーヒー、BBQ
やりたいことをやりたいときに。好きを探索中

プライベートでは、愛犬のフレンチブルドッグ「ぽん太」との時間を楽しんでいます。休日は、ぽんちゃんと奥さんと一緒に近所を散歩したり、コーヒーを買いにカフェまで足を延ばしたり、ドッグランに行くことも。ぽんちゃんは2歳のやんちゃざかり。いたずらさえもかわいくてたまらないですね。表情を見るだけで、考えていることがわかります。「ゲージから出して」「お腹すいた」「かまって」と。また寝相も個性的で。枕に頭を乗せてガーガーとイビキをかいて眠る姿は、まるで人間のよう。「ちっちゃいおっさん」が中に入っているとしか思えません(笑)。ぽんちゃんのお陰で、笑いの絶えない賑やかな毎日です。
最近は、コールドブリューコーヒーにハマっています。夜のうちに仕込んで、翌朝に飲む。実は、両親がパン屋を始めまして。朝食は、実家のパンとコールドブリューコーヒーが定番。心にゆとりをもたらす、豊かな時間です。BBQも好きですね。お気に入りの場所は琵琶湖、こだわりの具材はウィンナー。何種類か購入して、食べ比べをしています。自分のやりたいことをやりたいときに。これからも新しいことに挑戦しながら、好きなことを見つけていきたいです。

90分間、攻守にわたって全力プレー
ブレずに、チームスタイルを貫き通す

スタジアムで観戦される際は、ウォーミングアップ中の選手の動きに注目すると面白いかもしれません。対戦相手の傾向によって、練習メニューを調整していることに気づけると思います。例えば、いつもよりセットプレーやクロスに力を入れていたり、シュートを打つ角度を変えていたり。これはマニアックな見方かもしれませんね。
JリーグはJ1・J2・J3に分かれていて、カテゴリーによってサッカーのテイストが異なります。我々が所属するJ2はスピーディな展開が特徴で、相手の良さを消し合う激しい試合が多く見られます。そのなかでサンガの強みは、キックオフからタイムアップまでの90分間、一秒、一歩、攻守にわたり全力プレーで挑んでいること。自分たちが練習してきたことをブレずに貫き通しています。対戦相手がどこであろうとも、潔すぎるぐらいに淡々と。このようなチームスタイルは異色。2021シーズン、曺貴裁(チョウ・キジェ)監督の新体制になってから感じる変化ですね。曺監督は「観戦してくれた人たちが、感動の涙を流すような情熱的な試合をしたい」と常々話しています。チームが一心となり戦っている気迫は、みなさんにも伝わっているのではないでしょうか。目指すは、J1昇格!選手、スタッフ、フロント、ファン・サポーター、スポンサーなど関係する全ての人たちが心をひとつに。一試合一試合タフに戦い続けますので、ぜひスタジアムに足を運んでいただき、サンガへのご声援をよろしくお願いします。

武田 有祐
京都サンガF.C. 営業担当
幼少時の頃に父と兄の影響を受けてサッカーを始め、小学4年生で京都サンガジュニアに加入。9年間、京都サンガの下部組織に在籍したのち、大学を経てJリーグのカマタマーレ讃岐に2014シーズンから加入。2019シーズンに引退。
引退後は京都サンガにクラブ職員として入社。法人営業を担当し、京都サンガの魅力を多くの人に伝えるべく日々活動している。
SPECIAL TOPへ