Loading...

お酒に関する情報が含まれますので、20歳未満の方はご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

はいはい
サイトを閲覧する
いいえいいえ
月桂冠トップページへ

次回より入力を省略

※20歳未満の方とパソコンを共同利用している場合はチェックを入れないようお願いいたします。

SPECIAL 好きを楽しむ人たち

フチモト ムネジ
折り紙作家/グラフィックデザイナー&アートディレクター

折り紙を始める
一枚の紙から何を生みだそう?
大人の折り紙は自由に満ちています

技を身につけたり、知恵を絞ったり、
折り紙の本当の魅力を知ってほしい。

大人の折り紙は、幼児期にやった定番の折り紙とは違う楽しさがあります。魅力は「工夫を重ねて、一枚の正方形から、あらゆるカタチを生み出していく」という無限の可能性。例えば折り紙には角が四隅にしかありませんが、昆虫を折るとなると脚が6本必要になります。その突起をいかにつくり出すか。まさにパズルゲームの感覚です。

用意するのは一枚の紙だけ、ハサミも使わない、そんな制約を乗りこえて折り上げていく挑戦は、大人が没頭していくだけの奥深さがあります。最初は市販の折り図や、ネットにアップされている折り方の動画を見ながら、真似をしてみてください。僕も出版や動画制作を行なっていますが、トライを重ねるうちに「こう折ると、こんな形がつくれるんだ」という感覚がひとつひとつ身に付いていくと思います。

また犬ひとつをとっても、その種類を折り分けていくという楽しみがあって。ダックスフンドだと手足が短く、胴体が長い。チワワだと小型で、手足が細く、でも頭は大きい。ある程度、経験を積んでいくと、自分の工夫でその折り分けが出来るようになっていきます。実際にワークショップで、子供たちが自らアレンジした作品を持ってくることもあって、どんどん基礎を応用につなげていっています。ぜひ、いちど手を動かしてみてください。想像以上に楽しみやアイデアが広がっていくはずです。

  • ダックスフンドとチワワ、特徴を折り分けます
  • ディスプレイにするとインテリアにも

家族みんなで好きを楽しむ、
新しいコミュニケーションが生まれました。

僕が折り紙を始めたのは、家族で遊びに行こうと思ったタイミングで子供が熱を出してしまったことがきっかけです。たまたま折り紙がそばにあったので、折ってみたら、残念がっていた子供がすごく喜んだんですよね。そうすると僕もツルの折り方を基本に、いろいろアレンジしながらたくさん折るようになって。やがては自分で創作する技術まで身についたという訳です。

仕事が終わり、時にはお酒を片手に、夜な夜なひとりで創作活動をするのは、自分にとって好きを楽しむ最高の時間になっていきました。そうやって折り上げた作品をリビングのテーブルに置いて寝ると、翌朝これまた子供が喜ぶんです。気に入った作品は「折り方を教えて」と言われて一緒に折るなど、気づけば折り紙を通じた家族のコミュニケーションが生まれていました。ワークショップに来てくれる年齢層も幅広くて、子、親、祖父母、3世代が一緒に楽しんでおられます。

さらに、我が家はレストランで順番待ちや料理が出てくるまでに時間があると、折り紙を出してみんなで折っていました。子供は一ヶ所でじっとしていられないので、10分15分を楽しく過ごすにはとてもいいアイテムになります。これも持ち運びがかさばらず、紙一枚あれば、どこでも手軽にできる折り紙の魅力だと思います。ある日、馴染みの料理屋さんであらかじめテーブルに折り紙が置かれていたことがありました。きっと家族で仲良く折っている姿が印象的だったのだと思います。

さぁ、むずかしく考えず、
近所に売っている折り紙で始めてください。

そんな大人の折り紙、始めるのはとても簡単です。まず「紙の選び方」ですが、100円ショップでも文具店でも大丈夫なので、そこで売っている普通の折り紙を買ってください。実は折り紙は商品によってそれぞれ質感が異なっていて、硬めだったり、分厚かったり、分厚いのに柔らかかったり、薄いけどハリコシがあったりするのですが、その違いは最初は分からないです。続けていくうちに、折りやすいと感じる物が見つかっていくはずなので、そこから自分好みの紙を使い続けるのがよいです。

折り紙の種類にもいろいろありますが、みなさんよくご存じなのが、片面に色がついていて裏面は白のタイプですよね。それ以外にも、両面に色がついているもの、茶色のクラフト紙に片面だけ着色しているもの、和紙の折り紙もあります。折りたいものに合わせて、色や紙の種類を使い分ければいいのですが、例えば和紙だと柔らかいので、折った箇所が元に戻りやすく技術が必要になってきます。なので冒頭でお話ししたように、易しく折れる一般的な紙をスタート地点にして、折り紙の世界を好きになっていってもらいたいと思っています。

また自分は手先が不器用だ、なんていう人は大きめの折り紙を使うといいですよ。道具は滅多に使うことはありませんが、細かな作業をするときはピンセットがあると助けになってくれます。

みんながやりがちだけど、
やってはいけない大切なコツがあります。

折り紙は、本に載っている「折り図」が設計図になるのですが、まずは「山折り」「段折り」「かぶせ折り」など基本的な折り方をマスターしておくことが大切なので、ここで一覧にして紹介しておきます。矢印や、波線などの「折り方記号」は本によって表記の違いがあるものの、この図(もしくは一冊の本)で一通り覚えてしまえば、他の本の記号も理解できますよ。

  • 基本の折り方と折り方記号(クリック/タップで拡大)
  • 切らずに1枚で折る折り紙ワンダーランド
    オリガミューズメントパーク
    (エムディエヌコーポレーション)

折り図を見る上でとても重要なコツをご紹介します。折り図の工程は一コマだけを注視しないでください。数コマ先まで見渡して、今やっている作業は「どんな形をつくるための作業なのか」を理解することで図の読解力が飛躍的に向上します。折った先のイメージを頭に入れておくということです。折り方を紹介する動画の見方も同じで、いきなり再生と同時に折り進めていくよりも、いったん全部を視聴し終わってから、ふたたび再生して折り始めるとうまくいくことが多いです。折り図の一コマを見てずっと悩んでいる人や、動画の途中からついていけなくなったという人のほとんどは、それができていません。ゴールイメージを描いて、作業の意味合いを理解することは上達のコツになります。

かわいい箸置きでおもてなし、
お酒の席が温かい雰囲気に包まれますよ。

折り紙は、お酒の席での「おもてなし」としても活躍できるのです。友人がうちに遊びにくる時は、かわいい動物などの箸置きや箸袋を折ってお出迎えするようにしています。手づくりのものって、ちょっとした特別感がありますし、雰囲気がとても和やかになるんですよね。

  • 猫の箸置き
  • 富士山の箸袋

こんな話もありました。SNSを通じて、僕が出している箸袋の本を入手したいという問い合わせがあって。どうやら、子供さんがお正月に箸袋をたくさん折って、おじいちゃん、おばあちゃんの家に持っていきたいと言っているみたいなんです。おせちの席で、手づくりの箸袋をみんなに見せたいという気持ちはとても温かく感じましたし、お孫さんがつくった箸袋を手元に飲むお屠蘇は格別なものになるに違いありません。
また、折り紙は色を楽しむことも魅力なので、色とりどりの猫や赤富士などが席に並ぶと場が華やかになりますよ。そんなカラフルな箸置きとTHE SHOTの4色のボトルは、とてもいい組み合わせになると思います。彩りを遊ぶことで、お酒の楽しさも広がっていくはずです。

「猫の箸置き」と「富士山の箸袋」折り方紹介。皆さんも挑戦してみてください。

  • 猫の箸置きの折り方
    動画の折り紙サイズは15×15cmです。10×10cmにカットした紙を推奨しますが、まずはこのサイズで練習を。
  • 富士山の箸袋の折り方
    動画の折り紙サイズは15×15cmです。17.5×17.5cmで折ると少し余裕のあるサイズが完成します。

いちど全工程をご覧いただいてから、折り始めるのがコツです!

ONE MORE SHOT
折り紙の写真は、
その作品のいちばん「可愛いところ」
「迫力があるところ」「特徴的なところ」が
引き立つアングルを見つけてください。
またスマートフォンのカメラには
広角レンズがついていて
画面の隅が歪む傾向にあるので、
少しだけズームして解消するのもコツです。

例えば象の写真の撮り方

  • 真横から撮ると平面的になりますが
  • アングルを上げると立体感や迫力がでます
フチモト ムネジ
折り紙作家/グラフィックデザイナー&アートディレクター
1967年長崎市生まれ。折り紙作家。グラフィックデザイナー&アートディレクター。
動物やロボット等のモチーフを中心に折り紙の創作活動を続けており、出版やワークショップ、企業とのコラボ、オリジナル商品の開発や動画配信を行っている。
著書に「おりがみペットパーク」「オリロボ オリガミソルジャー」(ソシム)。
「爬虫類・両生類折り紙」「折り紙昆虫記」「あっぱれ折り紙」(MdN)。などがあり海外でも翻訳されている。
SPECIAL TOPへ