Loading...

お酒に関する情報が含まれますので、20歳未満の方はご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

はいはい
サイトを閲覧する
いいえいいえ
月桂冠トップページへ

次回より入力を省略

※20歳未満の方とパソコンを共同利用している場合はチェックを入れないようお願いいたします。

SPECIAL 好きを楽しむ人たち

ノーミルク佐藤
株式会社Lifepicture代表取締役社長/YouTubeチャンネル・MILKサッカーアカデミーMC

サッカー観戦を始める
サッカー観戦は意外と手軽、
家にいながら好きな時間に熱くなれます。

愛着を持つ地元や出身校、
まずは、そのチームを応援してみよう。

日本のプロサッカーは2部、3部リーグまで入れると全国各地にクラブチームが存在します。女子のプロリーグもありますし、アマチュアまで視野を広げれば高校生や大学生も試合をしていて、実に裾野が広いんです。もちろん海外にもリーグはたくさんありますから、試合を見る機会は無数。好きになると、こんなに観戦を楽しめるスポーツはないかもしれません。

おすすめは推しのチームを見つけること。地元や出身校、また海外旅行で行った先など、自分の愛着がある場所で活動しているチームを応援すると気持ちが入りますよ。チーム情報はネットで簡単に調べられますし、意外と多くのチームが自身の公式チャンネルで試合を配信しています。サッカー観戦はお金をかけずに始められる手軽な趣味なのです。有料のサブスクリプションもありますが、大好きなチームができて、もっともっとたくさん観戦したくなってからでいいと思います。

僕からひとつお願いなのですが、どうか、お勉強みたいにルールを覚えることからサッカー観戦を始めないでください。むずかしく考えず、ゴールネットを揺らせば1点ぐらいの感覚で観戦をしていると、自ずとルールは入ってきます。それよりも、まずは推し活!ぜひ、そのチームを応援して熱くなってほしいです!

チーム、選手、ときには審判までも推す。
好きを楽しむことで毎日は豊かになっていく。

チームだけでなく、選手個人を推すもの魅力的です。そうすると不思議なことにピッチ上にたくさん人がいる中で、推し選手だけが浮かびあがって見えてきます。何試合か続けて観戦するうちに「この選手は、この攻撃の時に、こう動くだろう」ということまで分かるようになってくる。推しの選手をつくることで、サッカーを見る目が肥えていくんですね。この競技は0対0というスコアも多いので、得点じゃない部分も楽しんでほしいと思います。

また審判を推している人もいて。いまスタジアムでは声援が少ないので、特に配信では、審判の声がよく聞こえるんですね。たとえば倒れた選手に「大丈夫?先月、同じところ怪我してたもんね。無理しないで言ってね」なんて声がけをしようものなら「あの審判好き!」ってなりますよね。さらに監督の声もよく聞こえます。シュートが上手く枠に入らない選手に「いいぞ、もっと打っていい、外したっていいんだから」なんて声をかけると、選手もめげずに打ち続けて、最後にゴールが決まったりするんです。そういうのって互いに信頼を寄せ合ういいシーンですよね。その監督も、その選手も、推しリスト入り決定です。自分が誰かを推す毎日は、もう自分だけの生活ではなくなるような感じがするもので。好きを楽しむことで、日常が豊かになっていくのを感じます。

ネット観戦は、フェス。
スタジアム観戦は、お祭り。
似ているようで違うんです。

ネット観戦のよさは、スタジアムへの移動時間をまんま観戦に充てられるところです。1日に複数の試合を連続で見れちゃいます。推しのチームが全国にいくつもあれば、無料動画やサブスクリプションで、片っ端からチェックしましょう。サッカーの試合時間はそれほど長くないので、それも複数観戦にはもってこいですよ。気分としては、好きなアーティストのライブをハシゴしている感覚。つまりフェスです!家にいるので、フェスの間ずっとお酒を飲めるのもいいですね。1試合につきTHE SHOTを1本と決めておくと、一気に酔いすぎず、まったりと楽しめると思います。

一方、スタジアム観戦は神社のお祭りみたいな感覚です。たくさんの出店が並んでいて、それを眺めながら歩くだけでもワクワクしますよ。また通称、スタグル(スタジアムグルメ)も、現地観戦ならではの体験です。持参した容器にソーセージを満タンにしてくれるお店、寒いスタジアムで身体を温めてくれる「もつ煮」などの名物料理、選手とのコラボメニューも味わえます。個性的なスタグルを目当てに各地のアウェイゲームに足を伸ばすのも魅力です。


※画像はイメージです

周辺ではアイドルやゲームのイベントが実施されていることもあるので、到着は余裕をみてキックオフの2、3時間前がおすすめです。「サッカーを見に行く」のではなく「お祭りに行くついでにサッカーを見る」という感覚でいいと思います。また試合開始1時間前には選手がピッチで練習を始めるので、そのタイミングで推し選手に会いに行くのも忘れずに。

※スタジアムの出店は感染対策の観点から状況によって変化します

スタジアムの一体感をSNSで。
どこにいても盛りあがれるのがサッカーです。

今はみんなで集まることもむずかしいので、SNSでつながり合いながら観戦をしてる人たちが数多くいます。そこではハッシュタグでコメントを共有、大勢のサポーターの一体感が生まれています。またリモートで顔を合わせて、乾杯や会話をしながら観戦を楽しむというスタイルもあります。僕たちのリスナーさん同士でも推しチームごとにコミュニティが生まれていて、お酒を飲みながら熱い応援を繰り広げている方々もいらっしゃいます。同時視聴配信している人も増えましたね。試合映像は流さずにコメントだけを動画配信しているのですが、自分も同じ試合を見ながら、副音声的にリアルタイムでトークを聞くのが面白いですよ。

こうやって大勢とつながり合うことで「なるほど、いまのプレーには、こういう見方があるのか!」と気づかなかった発見ができるのも魅力です。ひとつの事象に対してポジティブな目線も、ネガティブな目線も、さらに奇をてらった目線もあるので、それぞれを味わってください(笑)。チームスポーツでは、僕たちファン同士もチームなんだと思います。選手はピッチでコミュニケーションをとっていますが、僕たちはSNSでコミュニケーションを取りながら一緒にチームの勝利を目指しましょう。もちろん発言はマナーを守ることが大切です。

サッカーのコミュニティでよく語られるのが「フォーメーション」の話。
ノーミルク佐藤さんによるフォーメーション入門です。

お酒は離れたみんなを近くする。
顔も知らない相手だって大切な仲間です。

スタジアムでサッカーを観る時はもちろん、SNSでつながり合って観戦する場合でも、お酒があればぐっと盛りあがるように感じます。得点が入った時、惜しかった時、ピンチの時、その時の気持ちを開放的に表現できてサッカー観戦が一段と楽しくなります。また、チームへの思いの丈を思う存分に語れるなど、熱い話にも花が咲きますね。同じチームを推すサポーター同士、普段できないマニアックな話もできて、とてもいい時間を過ごせるんです。配信やリモートでつながってお喋りをしている人は、お酒で口がとても滑らかになる。こっちは喋りすぎに注意ですかね(笑)。

僕たちがトークイベントをやっていた頃は、集まったリスナーのみなさんと乾杯を交わしていました。それだけで初対面の相手ともコミュニケーションがスムーズになるんです。THE SHOTはイベントでの乾杯にはとてもいいですね。サイズもカタチもそうですが、カラフルなので会場が華やかになりそうです。赤いユニフォームのチームを推しているサポーターは、みんなで赤の「鮮やかジューシー〈純米〉」で乾杯したり。そうか、サッカーと色はとても関係が深いので、色でいろいろ遊べそうですね。またイベントができるようになればTHE SHOTで乾杯!やってみたいと思います。

ONE MORE SHOT
サッカー観戦には楽しみ方が無限にあります。
あなただけのオリジナルのスタイルを
教えてください。
「こんな方法あったのか!」を、
みんなで共有し合って盛りあがっていきましょう。
素敵な賞品もご用意しています。

投稿例

  • ・うちは愛犬も同じユニフォームを着て推しチームを応援しています。
  • ・敵味方のサポーターに分かれて、得点を入れられると「変顔」の罰ゲームww
  • ・試合から目を離さなくていいように、片手で食べられるアテを用意して飲んでまーす。
ノーミルク佐藤
株式会社Lifepicture代表取締役社長/YouTubeチャンネル・MILKサッカーアカデミーMC
YouTubeチャンネル・ミルアカ(MILKサッカーアカデミー)のMCとして「お耳でサッカー脳をアップデート!」をモットーに、2018年10月からデータ・スタッツ面を中心に毎日朝と夜、ポジティブにサッカー観戦するための動画を配達中!
本業ではサッカーデータ&デジタルマーケティングをメイン事業とする株式会社Lifepicture代表取締役社長も務める。
DAZNJリーグ推進委員会やGOAL主催のJリーグ版NXGN Jリーグ2021選考委員なども務める。
SPECIAL TOPへ