Loading...

お酒に関する情報が含まれますので、20歳未満の方はご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

はいはい
サイトを閲覧する
いいえいいえ
月桂冠トップページへ

次回より入力を省略

※20歳未満の方とパソコンを共同利用している場合はチェックを入れないようお願いいたします。

SPECIAL 好きを楽しむ人たち

ノーミルク佐藤
株式会社Lifepicture代表取締役社長/YouTubeチャンネル・MILKサッカーアカデミーMC

サッカー観戦を深める
戦術、選手の個性、ユースのメンバー、
監督の目線でサッカーを楽しんでみよう。

ボールを追いかけずに、 選手を追いかけると見えてくるものがある。

サッカーは戦術のスポーツなので、そこを理解して観戦できるようになると奥深さがぐっと増します。戦術にはいくつも種類がありますが、そのひとつが「サリーダ・ラボルピアーナ」。ちょっと日本人には聞き慣れない言葉の響きで、興味がムクムクと湧いてきませんか(笑)。気になる人は以下に動画解説をしていますので、よかったら見てください。

気になる戦術「サリーダ・ラボルピアーナ」解説します!

また「偽(ニセ)9番」という戦術もあって。通常、サッカーで9番の選手はシュートを打つストライカーなのですが、これは相手にそう思わせておいて別の人にゴールを決めさせるという戦術です。偽のストライカーがボールを持つと、相手ディフェンダーはシュートを打たれまいと9番に集まりますよね。そのぶん両サイドにはマークの薄いフリーの選手が生まれる。最後は彼らにボールをまわして、そこからドーン!とゴールを決めさせる訳です。

戦術はネットで調べれば分かりやすく解説してくれる動画がたくさん見つかります。僕の動画サイト「MILKサッカーアカデミー」でも詳しく紹介していますので、ひとつひとつ知ってみてください。観戦をしながら「今のプレーは、この戦術だ」と分かれば、両チームの思惑が理解できるようになりますよ。また、チームによって得意な戦術が違いますし、選手の体格や個性によっても可能な戦術が変わってきます。たとえばフォワードに大柄な選手ばかりを集めるチームは、あまりパス回しをせずに、相手から攻められる時間を耐えて、一瞬のチャンスを逃さず一気にカウンターを狙ってゴールを奪いに行く。それを知って観戦をしていると、カウンターのタイミングをドキドキしながら待つようになります。そう、サッカーの見どころがずいぶんと変わるんです。

目立たない選手が、
大活躍しているのがサッカーなんです。

戦術を知ると、どのポジションの選手に、どんな役回りが与えられているかが分かるようになります。先ほどお話した「偽9番」は、ストライカーでありながら自身の得点を目指しません。むしろアシストが大事になる。「なんでシュートを打たないんだ!」じゃなく「よし、両サイドをフリーにしたぞ!」と本当の見方ができるようになります。
実際、観客の観戦眼が肥えている海外サッカーでは、選手交代のタイミングで得点を挙げてもいない選手に満場の拍手がおくられることがあります。その選手は敵チームがボールを持った時に、毎回、しつこくプレスをかけ続けていたんです。そうすると試合後半には相手が疲れ果ててくる。その疲れを利用して、新しくピッチに入った選手がゴールを決めるという流れが生まれます。拍手を受けた選手は「相手を疲れさせる」という仕事をまっとうしたんですね。

僕が「無駄走り」と呼んでいる戦術では、いちどもボールに触らず活躍する選手がいます。詳しくは以下に動画解説をしていますが、とにかく敵を引きつけるために、何度も何度も長い距離をダッシュし続ける。かなりの運動量です。サッカーに詳しくない人からは「あの選手、ぜんぜんボールに触ってないよね」と言われるかもしれませんが、ボールに触わらなくても立派に仕事をしている選手はいるんです。むしろこの献身的なプレーに僕は心を打たれます。目立たない選手のプレーに注目することができれば、サッカーはずいぶん感情移入できるスポーツなんです。

思わず感情移入してしまう、目立たない選手のスーパープレーとは?

チームの動画は情報の塊、
チェックしてどんどん深みにハマりましょう。

チームが配信している「試合以外の動画」もチェックしてみてください。選手個々の“人となり”が分かるようになります。プレーだけを見るとチームの中でもあまり活躍しているとは思えない選手でも、チームメンバーの全員と積極的にコミュニケーションをとっていたり、指示出しがめちゃくちゃ上手かったり。「この選手、チームでいちばん信頼されていたのか!」と本当の姿が見えてきてスタメンで使われ続けている理由が明らかになる、なんてことがありますから。
ファンに向けてサインを書いている動画では「ちょっと撮らないでくださいよー」なんて、ピッチでは見ることができない笑顔が見られたり。選手同士、誰と誰が仲がいいといった関係性も見えてきたり。役割や性格、関係を知って、プレーを見ると合点がいくことも多いんです。

また「あのシーンで、なぜディフェンスに行かなかったのか?」「どうして、あのミラクルゴールが生まれたのか?」といった試合の謎もチーム動画で解けることがあります。ディフェンスだと、その日のチーム戦略の関係で一人で止めに行けなかったという真実を知ることができたり。ゴールだと、その前日にヨーロッパサッカーでスーパーゴールが生まれていて、それを真似たら上手くいったというネタばらしがあったり。このヨーロッパサッカーの影響によるゴールは、Jリーグでは結構多いので、その目線でチェックしてみるのも面白いですよ。

ユース選手は、うちの子。
本気で感動できる日がやってきます。

これを読んでくださっているのはお酒を飲まれる大人世代の方々だと思いますので、今回はユースの選手を推す魅力をご紹介します。僕たちから彼らを見ると、自分の子供を応援する感覚に近くなるんですよね。だから推し選手をつくることで「うちの子、がんばってる!」なんて、気持ちがぐっと入るんです。ましてや応援していた若い選手が、トップチームにあがるとなると本気で感動。さらに数年後、キャプテンマークを巻いてたりすると涙。それぐらいの選手になると日の丸を背負う日もやってきますから、そうなると感激の沼に沈んでいく。もう、たまりません。ユースの試合はサッカー協会が配信しているので、そこでチェックできます。

とはいえ個々の情報が少ないユース選手の中で「誰を推すか?」は決めにくいですよね。だから僕は自分と同じスタイルの選手を推すことにしています。社会人もそこそこ続けていると、自分の仕事のポジションが確立されてきますよね。率先して目立つタイプ、泥臭くサポートするタイプ、堅実にコツコツを重ねていくタイプ。そういう自分の「仕事スタイル」に近い「プレースタイル」の子供を応援すると、我が子を応援しているという感覚が一層高まります。息子のような存在に自分を投影して、一喜一憂する楽しみ。頑張っている姿に「よくやった」と喜び「よし飲もう」と祝杯をあげる。やってみてください、最高ですよ。

好きを楽しみだすとキリがない、
お酒は大事な休止符です。

サッカーは戦術分析にユースの応援、日本と海外の試合を追いかければ昼夜問わず観戦できるなど、好きを楽しむ要素があまりにも多すぎます。おかげで僕はずっと休むことなく仕事をし続けているのですが、それでもお酒を飲んでホッとする瞬間を大事にしています。特にお酒ならではの香りが好きで、お酒のことを「胃に入れる香水」だと思っているんです。ふわっと漂う香りをまとうことで、気分転換にもなりますし、パチンとスイッチが入ったりもします。これって大人にしか味わえない特別な時間ですよね。

THE SHOTは4種類の香水、その時々に合わせて香りを選び分けるのもいいかもしれません。勝利の祝杯には見た目も華やかな金の「艶めくリッチ〈本醸造〉」を、まったり余韻に浸りたいときは、とろりとした赤の「鮮やかジューシー〈純米〉」。シビれる試合の後にはキリッと「華やぐドライ〈大吟醸〉」、若々しいユースたちの応援は「爽やかホワイト〈うすにごり〉」なんて。香りと一緒にサッカーの楽しみも広がりそうです。飲みきりサイズの量も、ちょうどいいですね。

ONE MORE SHOT
サッカー観戦には楽しみ方が無限にあります。
あなただけのオリジナルのスタイルを
教えてください。
「こんな方法あったのか!」を、
みんなで共有し合って盛りあがっていきましょう。
素敵な賞品もご用意しています。

投稿例

  • ・うちは愛犬も同じユニフォームを着て推しチームを応援しています。
  • ・敵味方のサポーターに分かれて、得点を入れられると「変顔」の罰ゲームww
  • ・試合から目を離さなくていいように、片手で食べられるアテを用意して飲んでまーす。
ノーミルク佐藤
株式会社Lifepicture代表取締役社長/YouTubeチャンネル・MILKサッカーアカデミーMC
YouTubeチャンネル・ミルアカ(MILKサッカーアカデミー)のMCとして「お耳でサッカー脳をアップデート!」をモットーに、2018年10月からデータ・スタッツ面を中心に毎日朝と夜、ポジティブにサッカー観戦するための動画を配達中!
本業ではサッカーデータ&デジタルマーケティングをメイン事業とする株式会社Lifepicture代表取締役社長も務める。
DAZNJリーグ推進委員会やGOAL主催のJリーグ版NXGN Jリーグ2021選考委員なども務める。
SPECIAL TOPへ