Loading...

お酒に関する情報が含まれますので、20歳未満の方はご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

はいはい
サイトを閲覧する
いいえいいえ
月桂冠トップページへ

次回より入力を省略

※20歳未満の方とパソコンを共同利用している場合はチェックを入れないようお願いいたします。

SPECIAL 好きを楽しむ人たち

ノーミルク佐藤さんと
若原選手による開幕前トーク。
J1リーグ初参戦にかける思いを、
たっぷり語っていただきました。

ノーミルク佐藤さんが若原選手を熱く推す理由とは?
ユースからJ1リーグへ、物語は続きます。

僕がむかし塾講師をしていた時に、教え子がジュニアユースに加入したんです。彼にアドバイスができるよう、勉強のために見始めたのが中学サッカーの最高峰であるU-15(15歳以下)の日本代表戦。そこで出会ったのが、若原選手なのです。当時、若原選手に感じたのは「今までのゴールキーパー像を自分が変えていくんだ」という意気込みでした。守護神でありながら攻撃的で、とても迫力を感じました。その後も日本代表チームでプレーを続ける若原選手を追いかけているうちに、すっかり推し選手になったという訳です。

また、ユース時代から大迫敬介選手(現在・サンフレッチェ広島所属)と切磋琢磨を続けている姿も印象に残っています。同年代で、同じポジションを争うライバル同士なのですが、時に相手の活躍に悔しさをにじませながらも、ともにリスペクトしあい、ふたりで成長を重ねる姿は感動的でした。

  • ノーミルク佐藤さん
  • 京都サンガF.C. 若原智哉選手

大人になった若原選手にはこんなエピソードがあります。それはお子さまの出産で欠場した、その次の試合での出来事です。京都サンガF.C.のゴールパフォーマンスが「ゆりかごダンス」だったのです。若原選手はとてもチームメイトに愛されていると感じました。また、これは出産による欠場をチームが快く許してくれていた証でもあると思うのです。そんな若原選手の人柄や、チームの雰囲気は、とても素敵ですよね。こうやって振り返ると「推し活」は、少年時代からお父さんになるまで、ひとりの人物の歴史を追う活動でもありますね。現在の若原選手の魅力は、さらに磨きがかかった超超超アグレッシブなプレースタイルです。

自身初、J1リーグのステージに挑む若原選手。
その意気込みを、ノーミルク佐藤さんが深堀りしました。

佐藤さん
今年からJ1リーグでの戦いが始まります。京都サンガF.C.はゴールキーパーが5人体制、激しい競争になりますがお気持ちを聞かせてください。また、開幕スタメンの可能性はありますか。
若原選手
シーズン開幕前である今は、この舞台で自分がどこまで出来るのか
それを楽しみにしています。

ポジションに関してもより一層厳しい競争になりますが、誰にも負けないという気持ちで自分の良さを出していきたいです。開幕スタメンの座も何とか掴み取りたいですね。

とはいえ競争はチーム全体のレベルアップが目的です。上福元直人選手や、松原修平選手など、ゴールキーパーの先輩方には仲良くしていただいてアドバイスをたくさんもらっています。

佐藤さん
なるほど、チームがとてもいい雰囲気であることが伝わってきます。
また、仲良くされている先輩の話は、若原選手を推している僕にはとても興味深いです。
若原選手
そうなんですね(笑)
他にもチームメイトの麻田将吾選手や福岡慎平選手は、ユース時代からの先輩後輩にあたりますのでロッカールームでよく話をしますよ。同世代の選手は意見も交わしやすいです。
  • 麻田選手と
  • 福岡選手と
また、近ごろは、僕たち世代のゴールキーパーがずいぶん増えてきたように感じていて、彼らには負けたくないと思っています。
佐藤さん
同世代のゴールキーパーというと、ユースの頃から良きライバルとして共に切磋琢磨されてきた大迫敬介選手(サンフレッチェ広島所属)のことがどうしても気になるのですが。
若原選手
まさに、その中でいちばん戦いたい相手が、サコ(大迫敬介選手)なんです。

僕がU-20で試合をしているとき彼はすでにA代表入りを果たしていて、ずっと目の前を歩いている存在だったので同じJ1リーグの舞台に立った今こそ彼に追いつきたいと思っています。
佐藤さん
やはり大迫選手には特別な思いがあるんですね。
お互いの関係は長いですが、プライベートでもお付き合いがあったりしますか。
若原選手
はい、サコは僕の誕生日にプレゼントを贈ってくれたりします。
佐藤さん
すごい!それを聞いてますますお二人の注目度があがりました。
さて、今回の「THE SHOT 好きを楽しむ」のテーマは「サッカー観戦」なのですが、お客さんに注目してもらいたいポイントを教えてください。
若原選手
ゴールキーパーなら、シュートを打たせないためのコーチングや前後左右のポジション移動ですね。
絶えず考えながら身体を動かしていますのでそこに注目してください。

また観客数を減らして開催する近ごろの試合では選手の声や、選手どうしぶつかったときの音がよく聞こえるので、その迫力にワクワクできると思います。ぜひ、機会があればスタジアムに応援に来てください。
そして得点をした時だけではなく、シュートストップが決まった瞬間にも大きな拍手をよろしく!お願いします!
佐藤さん
はい、みんなで盛り上げていきましょう!
得点シーンの話が出ましたが、今年のゴールパフォーマンスはもう決まりましたか。
若原選手
まだ決まってないんですよ。過去のゴールパフォーマンスの中には、キーパーまでもが敵陣ゴールラインまで走って行くというパターンがありました。

それってパフォーマンスが終わったら、急いで自陣のゴールポストまで戻らなくてはいけなくて。
できれば今年のパフォーマンスは、キーパーのことも考えてもらいたいです(笑)
佐藤さん
かなりの運動量だから2点、3点、取ったら大変(笑)
みんなで今年のパフォーマンスを楽しみにしておきますね。
さて、最後に今年の目標をお聞かせください。
若原選手
京都サンガF.C.は守備をしていても常に攻撃のことを考えています。
毎試合、チーム全員で連携しあいながら、最後まで勝利をあきらめず戦い抜きたいと思っています。

僕自身も昨年以上のパフォーマンスを見せたいです。
佐藤さん
僕の計算によると若原選手のセーブ率は、プロ初年度から、毎年、少しずつ伸びています。
昨年で74%ぐらいだから、今年は75%まで行くかもしれませんね。
若原選手
ありがとうございます。
でも75%と言わず、もっと上を目指していきます。

向上心あふれる若原選手、
その魅力がたっぷり詰まった
トークになりました。
今年はTHE SHOTを片手に
大好きな選手を全力で推す!
そんな熱いサッカー観戦を
してみませんか。

SPECIAL TOPへ