Loading...

お酒に関する情報が含まれますので、20歳未満の方はご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

はいはい
サイトを閲覧する
いいえいいえ
月桂冠トップページへ

次回より入力を省略

※20歳未満の方とパソコンを共同利用している場合はチェックを入れないようお願いいたします。

SPECIAL 好きを楽しむ人たち

長谷 圭祐
プラントハンター

観葉植物を始める
観葉植物の魅力は多彩な「葉」のバリエーション。
近ごろは、おしゃれに飾る方法があるんです。

ホームセンターで手軽に始められて、ハマってしまう。
ちょっと面白い観葉植物「雨林植物」の世界。

観葉植物の魅力は、その「観葉」という名前の通り、葉っぱの形や模様、質感がとてもバラエティに富んでいることです。ゆっくりと成長する姿は愛らしく、その過程で花が咲いたり、自分で増やしていったり、ひとつの鉢から楽しみはどんどん広がっていきます。

中でも僕が専門的に採集・育成をしているのは熱帯雨林原産の観葉植物です。個人的に「雨林植物」とか、湿ったところに生えているので「ジメジメ系」とか、そういう名前で呼んでいるのですが、その植物たちのバリエーションの豊かさは本当に不思議です。葉にトゲがあったり、鮫肌みたいなテクスチャーがあったり。この雨林植物、最初は耳慣れなくてマニアックに聞こえるかもしれませんが、実はホームセンターで売っている種類もたくさんあって。アグラオネマ、サトイモの仲間のカーティシーやペペロミア、カラテア、レックス・ベゴニアなどはとても手に入れやすいです。


  • アグラオネマ

  • ペペロミア

  • カラテア

雨林植物の面白さは、新しい種や品種が次々と登場するところにもあります。上で紹介したものは比較的ポピュラーな品種ですが、熱帯雨林の森の中からは現代でもなお新種の発見が相次いでいます。なかには珍しい特徴を持つものもあり、それらを元にして、今後より面白い栽培品種が生まれるかもしれません。少し頑張れば自分で交配することもできますよ。

ケースさえあれば栽培は余裕。
むずかしく考えずに、まずは一鉢育ててみよう。

観葉植物は比較的育てやすい印象があると思います。雨林植物も例外ではなく、ホームセンターで売っている品種はどれも育てやすいので安心してください。また、それ以外の原種にも強いものはたくさんあります。お客さんから「この植物、どれぐらいの低温に耐えられる?」と質問された時のために、最適な環境を整えている僕の栽培場ではなく、実家で試験的に育ててもらうこともありますが、専門的な知識がないうちの母でも普通に育てていますから。

雨林植物の育て方は、凝る人だと家に専用の温室をつくったりしますが、それはあまり現実的ではないので、透明の水槽などのケースに入れて管理するのがよいと思います。冬場も、ずっと人がいて暖かい部屋であれば、過度に温度を気にしすぎる必要はありません。もし温度が下がりすぎてしまう環境であれば爬虫類用のシートヒーターを水槽の下に敷いてください。

適度に遮光された日光が入る場所があれば、ライトすら不要な場合もあります。そもそも植物たちの故郷である熱帯雨林の地面には、あまり光が届いていないんですよね。水は土の表面が乾いたら与えてください。とはいえケースに入れているとあまり乾かないので、感覚的には1週間に1回ぐらいのペースです。実は植物を入れるケースさえ揃えれば、一般的な観葉植物よりも育てやすいのが雨林植物なのです。

花を楽しむイメージのベゴニアは、
実は驚くべき観葉植物だったのです。

これから面白くなっていく雨林植物はベゴニアかもしれません。一般にベゴニアは花を楽しむイメージが強いですが、それらは大きな花を咲かせるために人工的に交配を繰り返してできた園芸品種で、野生種の花は小さくて地味なものが多いんです。そのかわり葉の形のバリエーションが膨大で、他の植物と比べても突出しています。ベゴニアは世界に2000以上の原種が確認されていて、「地球上に存在する植物の葉の形は、すべてベゴニア属内にも存在する」とも言われています。

金属のような光沢を持った葉っぱ、トゲのある葉っぱ、葉自体が尖っているものなど、特に東南アジア原産のベゴニアには変な形質をもった種類が多いので注目してみてください。ベゴニアが面白いのはその原種のバリエーションの豊富さのわりに交配が一般的ではなく、葉の形や色彩を鑑賞するための品種は、ホームセンターでも売られているレックス・ベゴニアのグループくらい。その分、今後ぞくぞくと面白い品種の誕生が期待できるのではないでしょうか。


葉の形がぜんぜん違いますが、なんと全部ベゴニアです

ベゴニアには専門店があるので珍しい葉っぱを見に行くだけでワクワクできると思います。また、ベゴニアに限らず、知らない植物を見つけたいなら植物イベントに出向いてみるのはどうでしょうか。僕も「天下一植物界」というイベントを主催していて、そこには植物園にも展示されていないような植物とその専門店が日本中から集まります。それぞれの栽培方法や難易度もみなさん優しく教えてくれるので、自宅でも育てられる珍しい雨林植物を見つけることができるはずです。

  • 天下一植物界 #2

天下一植物界 #2
2022年5月14日(土)15日(日)
兵庫県 宝塚市立文化芸術センターにて開催予定

詳しくはこちら https://no1plantae.com/

日本でもじわじわ人気が広がっている
パルダリウムを部屋に飾ってみませんか。

アクアリウムという言葉を知っている人は多いと思います。水槽の中に魚や水草を入れてつくりあげた、自然をそのまま再現したかのような風景はとても魅力的です。同じくガラスの中に熱帯地方原産のさまざまな植物を植えて、現地の森の景色をつくりだしたものをパルダリウムといいます。アクアリウム同様、部屋にいながら自然の情景が楽しめるのは何とも贅沢で、パルダリウムを眺めながらゆったりTHE SHOTを傾ける時間は最高です。あのボトルの量が、心地のいい酔いを連れてきてくれるんですよね。


小さな品種のアグラオネマを植えて、自生地の雰囲気をミニチュアで再現

植えた植物はガラスの中で育っていきますから、全体のバランスを整えるために時々トリミングをしてください。とはいえ、手を入れても、思い描いた通りに育たないこともあります。その時は自然に任せて、どう育っていくのかを見守るのもいいものです。上手くつくることに必死にならず、好きを楽しむことを大切にすれば、自分のパルダリウムを長く愛せると思います。

制作にあたって注意すべきは、コケと土です。山でとってきたコケを使うと虫がついていることもあるので、できればコケを生産販売しているお店で買ってください。また腐葉土はカビの原因になるので、なるべく使用を避けてください。僕は底に水はけのいい鉢底石、中間層には水草用のソイルか、赤玉土、鹿沼土などのミックス、上層には赤玉土の細粒を使っています。うまく作れば5年くらいは土の交換は不要です。

パルダリウムの作り方

その日、植物が大好きな仲間を
ひとつにつないでくれたのはお酒でした。

僕には美味しい食事とお酒につられて参加する恒例の植物イベントがあります。そこへはもちろん植物を販売しに行くのですが、実は主な目的は終わった後の打ち上げです。毎回出店者のお一人が地の魚などを手配してくれており、その料理がとてもおいしいのです。会場は、広い温室の中。お客さんと一緒に、植物に触れ合いながら、ずっと植物の話をします。そんな好きを楽しむ場を特に盛り上げてくれるのがお酒の存在です。みんなの距離を縮めてくれて、みんなの交流の場をとても賑やかにしてくれるのです。

普段の自分はそれほど量を飲む方じゃないのですが、この日しかお会いしないお客さんは、僕のことをすごい大酒飲みだと勘違いしているようで(笑)。だったらお酒が大好きな大酒飲みのイチオシとして、こんどはTHE SHOTを持って行こうと思います。実際に飲んで好みだったのは、白の「爽やかホワイト〈うすにごり〉」と黒の「華やぐドライ〈大吟醸〉」です。スッキリしてたり、フルーティだったり、どちらも日本酒の印象をガラリと変えてくれました。よく冷やして飲むと特においしかったので、次は温室の中で、キリリと冷えたTHE SHOTで乾杯です。植物を愛する仲間それぞれが、どの一本を好きになるのか、それも楽しみです。

ONE MORE SHOT
植物の写真は、それぞれのいちばん個性的な部分をクローズアップして撮ると魅力的に写ります。
たとえばトゲのあるベゴニアの葉なら、そのトゲを引き立てるアングルを探すなど、
ぐるぐる鉢を回転させて、ベストな角度を見つけてください。

「観葉植物」をテーマにした
写真投稿キャンペーンはこちら

THE SHOT #好きを楽しむ 投稿キャンペーン豪華賞品も当たる!
長谷 圭祐
プラントハンター
1991年生まれ。大阪出身。世界各地の熱帯雨林に赴き、まだ誰も見たことのない植物を探す植物探検家として活躍。これまでに50回以上熱帯地域へ渡航し、発見した様々な植物のうち6種が正式に新種記載されている。著書に『MIST LOVERS -Rainforest Plants-』、『パルダリウムハンドブック』、ボタニカルアートを使ったグッズの制作や、 植物マニアが集う販売イベント「BORDER BREAK」「天下一植物界」の主宰など、その活動は多岐にわたる。
SPECIAL TOPへ