月桂冠トップ > 知る・楽しむ > 伏見文庫 > 酒どころ伏見の大祭 御香宮「神幸祭」、三栖神社「炬火祭」

伏見文庫(伏見にまつわるコラムなど)

酒どころ伏見の大祭 御香宮「神幸祭」、三栖神社「炬火祭」

御香宮「神幸祭」

伏見の秋の風物詩、御香宮神社の「神幸祭」(しんこうさい)は同社が伏見全町の総氏神であることから「伏見祭」とも呼ばれ、10月上旬に開催される。祭礼のクライマックスは3基の神輿(みこし)の巡行。かつての伏見奉行が寄進した雌雄の獅子を先頭に、猿田彦、神輿、乗馬の宮司といった順で昔ながらの行列が続く。祭礼中、境内にある明治時代築の能楽堂で神能が舞われる。京都南部一帯では古くから芸能が盛んで、すでに平安時代、神社で猿楽(能・狂言のもとになった滑稽芝居)が行われていた。
神輿の前日には花笠行列が、大手筋アーケードから神社の間を中心に繰り広げられる。花笠は各町内の厄除けをする神事。すでに室町時代に見られ、江戸時代には各地区で山鉾のような練り物を考案して出したという。風流燈篭練り物と言われ、1762年(宝暦12年)には「占出山」という祇園祭りに匹敵するような曳き山が出始めたという。
このようにバラエティに富む大規模な祭りであることから「洛南の大祭」とも称される。

神輿(みこし)巡行 花笠行列
御香宮を出発する神幸祭の神輿。1960年(昭和35年)までは徳川家康の孫娘・千姫の誕生祝いとして1597年奉納された「千姫神輿」が巡行していたが、2トン(幅1.6メートル、高さ3.5メートル)とあまりにも重かったため御香宮に安置され、現在は新しい神輿が巡行している。右写真は花笠行列。

三栖神社「炬火祭」(きょかさい)

直径1メートルもある大きなタイマツを燃やしながら練り歩く三栖神社の炬火祭は、毎年10月に開催される(夜8時タイマツに点火)。「のちに天武天皇となった大海人皇子が、天智天皇の子・大友皇子と戦った壬申(じんしん)の乱で、援軍が三栖を通過した時、かがり火を焚いて村人が歓迎した」「天武天皇が大津京への行幸にあたり立ち寄られた際、暗夜を照らした」などの伝説に由来する。
三栖周辺は宇治川や、かつて横大路沼などがあり、特産のヨシを使ったスダレやセイロなどの製造りが盛んだった。このヨシでつくったタイマツで、中書島から京橋までの竹田街道は巨大な炎につつまれる。

竹田街道・京橋路上で、天をこがすような炬火祭の大きな炎が上がる

(関連ページ)
・山本眞嗣『京・伏見歴史の旅』山川出版社(1991年)
・伏見区老人クラブ・編『伏見風土記』第二集(1997年)

京都伏見の新選組 新選組、伏見へ 近藤勇、伏見で銃弾を受ける 鳥羽伏見の戦い 幕末の歴史舞台・伏見を歩く 伏見の生い立ち 月桂冠の創業 昔ながらの酒造蔵・月桂冠内蔵 杜氏の伝統技術の保存
ページのトップへ