飲酒の心得

酒と正しくつきあう

お酒は20歳になってから

日本では「未成年者飲酒禁止法」により、20歳未満の飲酒が禁じられています。未成年者は心身共に成長段階にあるため、飲酒によって脳細胞や臓器の機能抑制など、身体に悪い影響を受けやすいからです。
親は未成年者に飲酒させない義務と責任があり、未成年者が飲酒した場合、本人が罰せられるのではなく、周りの大人の責任とされます。酒類業者も未成年と知り、酒を売ったり与えたりすると罰せられます。調査によると、中学生の約6割、高校生の約8割に飲酒経験があると言われています。未成年者の飲酒初体験の多くは親兄弟のすすめで行われているようです。飲酒させることが子供の身体に傷をつける結果につながるということを大人自身が強く認識し、決して未成年者に飲ませないという意識を持たねばなりません。

【参考・引用文献】

ページのトップへ