商品情報

本当の日本酒の味を伝えたい-
  匠の想いが込められた、至極の味わいがここに。

日本酒本来の魅力を後世に伝えたい。そんな造り手の想いが込められた酒、それが「伝匠月桂冠」です。

酒造りの匠ともいうべき造り手達が、長年の経験と高い技術、そして酒づくりにかける想いを結集させた末に生まれたこだわりの逸品。

原材料から徹底的にこだわり、酒米は酒造好適米の王様とも呼ばれ珍重されている山田錦、水は京都の雄大な自然が磨いた伏見の名水「伏水(ふしみず)」で醸造。

日本酒本来の深い味わいと、匠の熱い想いを感じていただける逸品です。

商品名
伝匠月桂冠 大吟醸酒
容量
1.8リットル
参考小売価格(消費税別)
7,000円
原材料名
米・米こうじ・醸造アルコール ご購入はこちら
大吟醸酒ならではの華やかな香りを感じさせ、 同時に料理の味わいを最大限に引き出す淡麗辛口の酒。
香りと味のバランスが良く、食前酒はもちろん、食中酒にも最適。
お酒の楽しさを感じていただける一本です。
商品名
伝匠月桂冠 純米吟醸酒
容量
1.8リットル
参考小売価格(消費税別)
3,000円
原材料名
米・米こうじ ご購入はこちら
米が持つ奥深い味わいを残しながらも、すっきりとした後味とフルーティな香りが特徴の純米吟醸酒です。
口にふくらむ、日本酒本来の味わいを楽しんでいただける一本。
和食との相性も良く、食中酒としても最適です。

匠の酒造りに密着

造り手の想いと、高い技術力によって生み出された伝匠。
こちらでは、伝匠がどのようにして作られているのか、その工程をご紹介します。

壱 洗米・浸漬
壱 洗米・浸漬
白米についている糠(ぬか)分を水で洗い落し、適量の水分を含ませます。 伝匠は、限定吸水という、吸わせる水分量を細かに調整しています。
弐 蒸米
弐 蒸米
適度に水分を含んだ米は連続蒸米機によって蒸されます。その後、蒸米は冷却されて麹室と発酵タンクへ送られます。
参 麹(こうじ)
参 麹(こうじ)
蒸米に種麹を散布し、麹をつくります。 匠が細心の注意を払う作業で、自らの手で触れ、香りを嗅ぎ、口に含んで確かめることで、良質な麹が生まれます。
四 醪(もろみ)仕込み
四 醪(もろみ)仕込み
蒸米に、麹と清酒酵母を加え、醪をつくります。
毎日、匠は発酵の進み具合を確かめながら、櫂(かい)入れや微妙な温度調整を繰り返し、上質な醪をつくりだします。