月桂冠中興の祖 大倉恒吉 物語

月桂冠 中興の祖 大倉恒吉物語

日本が近代化を推し進めた明治期、酒造りに科学技術を導入し、京都伏見の酒を全国に広めた男がいた。 大倉恒吉
一代で事業規模を100倍にした男!
日本酒の未来を切り開いた
創造と革新の人
11代目当主 大倉恒吉
若干13歳で当主に!?
恒吉の母 エイ
「現場で学ぶのです」
「なにくそ!」石にかじりついても必ず成す!
恒吉少年
大きな成功へと導く力
科学技術を積極的に導入
日本酒メーカー初の研究所設立
恒吉青年
防腐剤なしの壜詰め酒を販売
江戸時代初期から続く酒屋を数えの13歳で相続、月桂冠11代目の当主となり、その一代で事業規模を100倍に拡大した。しかし、その道のりは平坦ではなかった。酒造りの現場に入り失敗と苦労を重ねる中で、日本酒メーカー初の研究所を創設するなど創造と革新を次々に生みだした。それが品質を飛躍的に向上させる先駆けとして、日本酒の未来を切り開くことになったのである。	晩年には、地域からのご恩に報いる気持ちを原動力に、社会事業家としても邁進した。物語は、徳川三大将軍・家光の時代、創業の歴史から始まる。
大倉恒吉物語を読む
ページのトップへ