検索
メニュー
月桂冠トップ > 会社情報 > 歴史、酒銘の由来

歴史、酒銘の由来

歴史

大倉式猪口付びん駅売酒の草分け「コップ付き小びん」。徳利に猪口を付けるという斬新なアイデア を考案し、実用新案として登録した。

1637年(寛永14年)、初代・大倉治右衛門が京都府南部の笠置町(現在の相楽郡笠置町)から城下町、宿場町としてにぎわっていた京都伏見に出て来て創業。屋号を「笠置屋」、酒銘を「玉の泉」と称しました。明治時代には、酒造りに科学技術を導入、樽詰全盛の時代に防腐剤なしのびん詰を発売しました。1910年(明治43年)には、「コップ付き小びん」が当時の鉄道省で「駅売りの酒」として採用され、月桂冠が広く知られるきっかけになりました。

その後も「品質第一」をモットーに、日本で初めて年間を通じた酒造りを行なう四季醸造システムや、新規技術を活用しながら品質の高い酒を醸造しています。近年では、日本で洗練させてきた四季醸造システムと新規醸造法をアメリカに技術移転し、現地で酒造蔵を稼動させ、世界への清酒の供給に努めています。また、1984年(昭和59年)に業界で初めて常温で流通可能な「生酒」を発売、2008年には業界初となる「糖質ゼロ」清酒を発売するなど、技術開発力、マーケティング力、提案力を生かして、高級クラスから普及タイプの商品まで、多彩な清酒を商品化し、常に革新性・創造性をもってチャレンジを続けながら、お客様に世界最高品質の商品をお届けしています。

酒銘の由来

月桂冠ラベル「上撰」のラベルデザイン。大正期頃からの意匠を、現在に継承している。

ギリシャ神話に「太陽神アポロが怪蛇を退治し、月桂樹の葉をもって身を浄めた」とあるように、ヨーロッパでは、月桂樹は邪気を払う霊木として崇(あが)められてきました。

「月桂冠」の由来は、紀元前9世紀ころにさかのぼります。
古代ギリシアでは、4年に1度、神々を崇めるための体育や芸術の競技祭が各地方で行われていました。今日のオリンピックの起源となったオリンピア地方の「オリンピア祭典競技」をはじめ、コリント地方の「イストミアン・ゲームズ」、ネメア地方の「ネメアン・ゲームズ」、デルフォイ地方の「ピシアン・ゲームズ」が4大祭典競技と言われています。
「オリンピア祭典競技」の勝者には、オリンピア神殿の神木のオリーブで作った冠、「イストミアン・ゲームズ」では松の冠、「ネメアン・ゲームズ」では野生のセロリの冠、「ピシアン・ゲームズ」ではアポロン神殿の神木の月桂樹を冠にして授けられるなど、多彩な冠があったようです。
勝利と栄光のシンボルとして、「月桂冠」が世界で広く親しまれ、マラソンをはじめスポーツ競技の勝者に贈られるのは、おなじみの光景になりました。

当社は、1905年(明治38年)、勝利と栄光のシンボル「月桂冠」を商標登録し酒銘として使いはじめました。当時、自然や地名などをもとにした銘柄が多く用いられていた中で、ハイカラな酒銘として注目を浴びました。

【参考】
公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)ホームページ 「オリンピックの歴史」

ページのトップへ