検索
メニュー
月桂冠トップ > 会社情報 > 月桂冠ニュース > 米のやさしい甘味からうまれる日本酒本来の旨さ 月桂冠「あまくちパック」を新発売

米のやさしい甘味からうまれる日本酒本来の旨さ
月桂冠「あまくちパック」を新発売

2016年2月17日

「あまくちパック」(2Lパック)

高解像度画像

月桂冠株式会社は、甘口の商品「あまくちパック」(2Lパック)を、2月22日(当社出荷開始)から全国で新発売します。米のやさしい甘味からうまれる日本酒本来の旨さを備えた味わいです。冷やして、またはぬる燗・上燗(40℃から50℃ほど)で美味しくお召し上がりいただけます。日本酒の醸造過程では、米のデンプンが麹のはたらきで糖に分解(糖化)され、その糖を酵母が順次アルコールに変えていきます。この商品では、麹による糖化作用を強めることで、甘口の味わいに仕上げました。パッケージには、かな文字を用いてとろけるようなイメージで「あまくち」の書体を配し、「米のやさしい甘味」を表現しました。また、酒器としても使用される「ひょうたん」をモチーフにして、そのやわらかな曲線を白地で、あたたかみを感じる赤系の和柄の背景に浮かび上がらせています。パック側面には、「ひょうたん」をテーマにしたコラムを掲載、ひょうたん型の徳利から日本酒を注ぐと「トクトク」と美しい音色をたて、酒の味わいが五感で楽しめることなどを紹介しています。

清酒市場では「辛口」を訴求する商品が多数発売されています。市販酒について、酒の甘辛の指標となる日本酒度(酒の比重を示す単位、プラスに向かうほどエキス分が少なく辛口傾向)の推移を見ると、この10年間ほどでプラス側に1.2上昇し、「プラス3.9」の辛口になっています(全国平均値、国税庁鑑定企画官による平成25年度の「全国市販酒類調査の結果について」)。しかし一方で、甘口の酒質を好まれる方がおられ、甘口タイプが比較的好まれる地域も存在することから、「あまくち」の発売により、味わいのバリエーションを充実させるものです。甘口タイプの酒は飲み口がやわらかく、これから日本酒を飲んでみようとされる方にもおすすめです。

商品名 あまくちパック
容量・容器 2Lパック
参考小売価格 1,480円(消費税別)
アルコール分 13度以上14度未満
テイスト 甘辛=甘口、濃淡=やや濃醇
メーカー出荷単位 6本入ダンボール詰

商品についてのお問い合わせ先:
「お客様相談室」 TEL:075-623-2040(9:00~17:00、土曜・日曜・祝日をのぞく)

※月桂冠ニュースに掲載している情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは、異なる場合があります。

ページのトップへ