検索
メニュー

甘酒

酒粕の風味が楽しめるコクある味わいの甘酒。うれしい食物繊維入り。

甘酒

栄養成分(100mLあたり)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
65Kcal 1.0g 0.2g 15.5g 55mg

※アルコール分1%未満

190g缶:参考小売価格 オープン価格

メーカー出荷単位:30本入 JANコード:4901030327166

190g缶(しょうが入):参考小売価格 オープン価格

メーカー出荷単位:30本入 JANコード:4901030327364

うれしい食物繊維入り

日本人に不足しがちな食物繊維を補うために、還元難消化性デキストリン(食物繊維の一種)を配合しました。原料の酒粕に含まれる食物繊維とあわせて、1缶あたり2.8gの食物繊維を含んでいます。

原料に、「酒粕」「米麹」の両方を用いて製造

月桂冠の甘酒は、酒粕と米麹の両方を原料に用いて製造しています。酒粕は酒造りで生じる副産物で、発酵を終えたモロミをしぼって得られます。酒粕には、米のデンプン、発酵でタンパク質の分解によりできたペプチドやアミノ酸、酵母由来のタンパク質、食物繊維など多くの成分が含まれています。一方の米麹は、酒造りの原料の一つであり、米のデンプンやタンパク質を酵素により分解して多様な成分を生みだす力を持っています。酒粕と米麹の両方を原料としている甘酒には、それぞれの持つ働きを発揮することも期待できます。
商品バリエーションとして、通年販売している「月桂冠 甘酒」、春夏限定の「冷やし甘酒」をラインナップ。いずれも、西日本を中心に好まれる「しょうが入りタイプ」と、東日本を中心に好まれる「プレーンタイプ」の2タイプを揃えました。昔ながらの懐かしい味わいの甘酒を缶入りで手軽に楽しめます。

パッケージ

容器は、赤系の格子模様をベースに、米のエキスが雫となってしぼり出されるイメージを、楕円形の白抜きでデザインしました。その中央には「甘酒」の文字を配し、下端には「うれしい食物繊維入り」と表示しました。蔵元の甘酒であることを表現するために、清酒「月桂冠」のロゴマークと、「蔵元酒粕」と記した落款風のデザインを併せて配しました。

月桂冠「甘酒」の歩み

月桂冠は、1978年に最初の「甘酒」を缶入りで発売しました。以来、一貫して自社の酒粕を原料に使用し、味わいの改良や品質面での完成度を高めながら、今日まで継続して販売を続けてきました。

ページのトップへ