検索
メニュー

特撰

優雅な香りと、上品でふくらみのある風味の本醸造酒。

味わいの特徴

お奨めの飲み方

酒質:本醸造酒

アルコール分:16度以上17度未満

栄養成分(100mLあたり)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
114Kcal 0.2~0.6g 0g 5.0g 0mg

1.8Lびん詰:参考小売価格(消費税別)2,181円

メーカー出荷単位:6本入 JANコード:4901030010013

720mLびん詰:参考小売価格(消費税別)919円

メーカー出荷単位:12本入 JANコード:4901030055069

300mLびん詰:参考小売価格(消費税別)420円

メーカー出荷単位:24本入 JANコード:49677010

IWC2018・SAKE部門で「グレートバリュー・アワード」を受賞!

「IWC2018ゴールドメダル」「IWC2018グレートバリュー・アワード」W受賞!月桂冠 特撰

月桂冠「特撰」が、国際的な酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2018」のSAKE部門で「ゴールドメダル」を受賞(本醸造カテゴリー)、さらに「グレートバリュー・アワード」を受賞しました。「グレートバリュー・アワード」は、高品質かつ最も優れたコストパフォーマンスの酒(720mL換算で10万本以上を生産し、日本での小売価格1,000円以下)に授与されるもので、月桂冠「特撰」、1点のみがチャンピオンとして認められました。

IWC(本部・イギリスロンドン)とは、
1984年に創設された世界最大規模と称される品評会です。「ワイン部門」に加えて、2007年、新たに「SAKE部門」が設けられ、今年で12回目を迎えました。IWCの審査は、厳しいプロセスに準拠しており、「マスター・オブ・ワイン」(最難関のワイン資格)所持者や、ソムリエ、バイヤー、ライターなどの業界関係者によって、公平に行われています。
IWC2018・SAKE部門へのエントリーは過去最高の1,639銘柄、9カテゴリー(普通酒・本醸造・純米・純米吟醸・純米大吟醸・吟醸・大吟醸・古酒・スパークリング)に分けて審査され、うち97銘柄がゴールドメダルを受賞しました。本醸造カテゴリーでは月桂冠「特撰」含む5銘柄が「ゴールドメダル」を受賞しています。さらに、ゴールドまたはシルバーメダル受賞酒の中から高品質で優れたコストパフォーマンスの酒として、月桂冠「特撰」含む3銘柄だけに「グレートバリュー・サケ」が授与されました(5月18日、山形県で授賞式開催)。今回、最終決戦となるロンドンでの式典で、月桂冠「特撰」が「グレートバリュー・サケ」の最高賞にあたる「グレートバリュー・アワード」を受賞したものです。
IWC2018授賞式にて
2018年7月10日(現地時間)、イギリス・ロンドンのグロブナーハウス・JWマリオット・ホテルで開催された「IWC2018 Awards Dinner」の中で賞が発表。写真左から、IWC・SAKE部門のコ・チェアマンでありマスター・オブ・ワインの大橋健一氏、月桂冠の常務取締役・大倉博、日本酒造青年協議会・酒サムライ本部の会長・前垣壽宏氏、IWCを主催するウィリアム・リード社(イギリスの出版社)社長・アンドリュー・リード氏

「特撰」のこだわり

月桂冠「特撰」は、醸造に適した上質の原料米をていねいに磨いて、低温でじっくり醸し、適度の熟成で香味を整えた本醸造酒です。優雅な香りと上品でふくらみのある風味により、料理の食味を邪魔せず調和をもたらすという特性を備えていることから、かつての「特級」の時代から現在に至るまで、月桂冠の地元・京都の料亭などでも多く採用されています。

高級ブランド「月桂冠」、「特撰」の歴史

月桂冠は戦後、「特級」「一級」を中心とする高級クラスの商品を販売するブランドとして認知されてきました。「特撰」はもともと、かつて日本酒に級別制度があった時代の「特級」の酒であり、高級クラスの商品として認識されてきました。月桂冠では、級別制度が廃止されて以降、商品選択の目安となる新呼称として「特撰」と名付け、高級クラスの酒に位置づけて商品化を継続しています。

月桂冠、「QUALITY」を貫く酒造り

月桂冠では基本理念の一項目に「QUALITY」(品質第一)を掲げ、普通酒から純米大吟醸まで、どのジャンルにおいても最高品質の酒を目指して製造に取り組んでいます。それは、「常に消費者の満足を獲得できる」ことであり、「競争力のある価格で提供する」ことを旨としています。そのことが評価され、今回「特撰」が「グレートバリュー・アワード」に選ばれたものと考えています。当社では、「QUALITY」を貫く酒造りに、これからも取り組んでまいります。

IWC2018トロフィー
ページのトップへ