検索
メニュー
月桂冠トップ > 商品・CM > 商品情報 > ヌーベル月桂冠

ヌーベル月桂冠

GEKKEIKANの刻印文字が酒を通して浮かび上がる

「ヌーベル月桂冠」は「古いものを基にした新しさ」という意味のフランス語「Nouvelle」から名付けたものです。現代の食卓、洋風のテーブルセッティングにも合うレトロ調のボトルに詰めました。びんの背面に刻印した月桂樹をかたどったマークと「GEKKEIKAN」の文字が、酒を通して正面から読める、こだわりのあるデザインです。

EKKEIKANの刻印文字

ヌーベル月桂冠シリーズ

・ヌーベル月桂冠 特別本醸造
超特撰・特別本醸造は、1964年(昭和39年)から、当時の「特級酒」よりさらに高級な酒として1.8Lびん詰めで発売、料亭など飲食関係や贈答用商品として長年ご使用いただいています。2002年、装いも新たに「ヌーベル月桂冠」として中容量びんに詰めた新商品を発売、アルコール分を従来の超特撰より1度低い15度台にするなど味わいも軽快にしました。

ヌーベル月桂冠 特別本醸造

・ヌーベル月桂冠 純米吟醸
華やかでフルーティな香りと、米の旨みを感じながらもすっきりした味わい、キレのある後味が特徴の純米吟醸酒です。冷やしてまたは常温でお飲みいただくのがおすすめです。テーブルでより映えるよう、びんの形をスリムにし、日本酒では珍しいライトスモーク色のびんで高級感を演出しています。

ヌーベル月桂冠 純米吟醸

メディア・書籍などでの紹介(一部)

・三石 博 『ボトルは語る ものがたりをデザインする』 六耀社 (2014年12月22日)

ページのトップへ