匠衆

  • 鈴木英夫
  • 高垣幸男
  • Comming Soon
  • Comming Soon

一覧に戻る

醸造部 高垣幸男

酒づくりの舵取りを一手に担う、若き造り手。
「伝匠」に込められた日本酒への想いとは。醸造部 高垣幸男

「日本酒の魅力を、市場に伝える必要があると感じたんです」
醸造部の高垣は、開口早々こう語った。
「現在、若い方の日本酒離れが進んでいる、と言われています。しかし、それは表層的なもので、本当に美味しい日本酒を欲している方は多くいらっしゃいます。
確かに地酒ブームというものもありました。しかし、それは日本酒そのものの味が認められたのではなく、希少性や限定性が求められた一過性のものにしか過ぎません。
以前から、日本酒そのものが見直される、本当に美味しい酒をつくる必要を感じていました。『美味しい酒を飲みたい』、そんな方々にお応えできる酒、それが『伝匠』だと自負しています」

新しい日本酒がつくられるには、まず味のコンセプトを固める必要がある。高垣は、そのコンセプトに基づき、原材料の成分調査や、アルコール度を科学的に分析する。そのようにして打ち出されたデータを元にして、味の方向性が決まるのだ。
高垣の仕事は、いわば酒づくりにおける舵取りのようなものだ。

「『伝匠』はこれまで日本酒を飲まれる機会がなかった方にこそ、ぜひ飲んでいただきたい逸品です」
高垣は自信を持ってこう語った。
「最近は、多くの方に飲んでいただけるよう、香りの強いライトタイプの日本酒に人気が集中していました。しかし、香りだけでは日本酒本来の味わいを楽しむことはできません。
『伝匠』は、吟醸酒の華やかな香りはもちろん、米が持つ力強さを味わっていただけます。いわば清酒本来の味です」

さらに、高垣はこうも付け加えた。
「確かに日本酒を好まれる方の数は減少しています。だからこそ、私達造り手が、日本酒そのものを見直していく必要があるのです。安易に流行りの味を作るのではなく、造り手の想いが伝わるような本物の酒。そんな日本酒をつくることこそが、業界そのものの底上げになると思います。『伝匠』の誕生は、まさにその一歩と言えるでしょう」
若き酒の造り手は、日本酒の未来そのものを見据えている。
彼の強い想いが込められた「伝匠」。その誕生は、日本酒の未来をきっと変えていくことだろう。