糖質ゼロ

日本酒初!糖質を極限までカットした糖質ゼロのお酒。料理のタイプを選ばない、すっきりクリアな超辛口。

味わいの特徴

おすすめの飲み方

日本酒初の「糖質ゼロ」発売10周年 新酵母採用で新しくなりました

月桂冠「糖質ゼロ」は、日本酒で初めての糖質ゼロの商品として、2008年9月に新発売し、2018年で10周年を迎えました。発売以来、糖質ゼロ醸造の新たなノウハウを蓄積し、地道な品質向上を継続するなど、年々、製法を進化させ味わいを高めてきました。その製法やおいしさを高める技術は、数々の特許となっています。飲食品からの糖質摂取量を気遣われる方に加え、料理との相性を高めるすっきりとした超辛口の軽快な飲み口を好まれる方などにも支持を広げ、糖質オフ・ゼロ系日本酒の市場で現在、月桂冠の販売金額は約5割と圧倒的なシェアを占めており(※1)、「糖質オフ・ゼロ日本酒No.1」(※2)の売上げを誇っています。
2018年8月のリニューアルでは、月桂冠総合研究所が独自に育種した新酵母を用いて醸造、酸味を低減し、酒質のバランスを整えることで、「すっきりクリアな超辛口」の味わいとしました。

(※1)INTAGE SRI「糖質オフ・ゼロ日本酒市場」2017年4月~2018年3月、推計販売規模(金額)

(※2)INTAGE SRI「糖質オフ・ゼロ日本酒市場」2015年4月~2018年3月、推計販売規模(金額)

糖質ゼロとは

月桂冠「糖質ゼロ」は、糖質を極限までカットした超淡麗超辛口の日本酒です。糖質ゼロの表示は、食品表示基準に基づき、100g当たり(日本酒の場合は100mL当たり)の糖質が0.5g未満である場合に認められています。月桂冠「上撰」の糖質は100mLあたり約5gであるのに対し、月桂冠「糖質ゼロ」はその10分の1未満の0.5g未満まで糖質を減らしているため、甘味や酸味も非常に少なく超淡麗辛口です。さらにカロリーについても、糖質ゼロは普通酒(当社上撰)に比べて25%カットされています。

月桂冠「糖質ゼロ」の特徴

「糖質」とは、栄養表示基準で「当該食品の重量から、タンパク質、脂質、食物繊維、灰分及び水分の量を控除して算定する」とされています。日本酒に含まれる「糖質」は、原料のお米由来のデンプンが分解された成分(代表的なものは甘味を示す糖)、麹や酵母が生み出した味わい成分(代表的なものは酸味を示すコハク酸やリンゴ酸などの有機酸)などです。

糖質オフ・ゼロ系日本酒No.1ブランドの秘訣、W特許製法

「糖質ゼロ」は、月桂冠が独自に開発した特許製法、「糖質スーパーダイジェスト製法」や「後味スッキリ製法」などの技術により醸造しています。
「糖質スーパーダイジェスト製法」(特許第4673155号)は、麹による糖質の分解力を強化すると共に、酵母の発酵力を持続させることにより「糖質ゼロ」を実現した基本となる製法です。「後味スッキリ製法」(特許第5851957号)は、糖質の分解と酵母の発酵をバランスよく進めることで糖質を極限まで低減し、すっきりした味わいを醸す製法です。この2つの月桂冠独自の製法により、甘みの元となる「オリゴ糖」や「グルコース」といった糖質を極限までカットしつつ、旨味成分の「アミノ酸」「有機酸」を残すことで、後味すっきりなのに旨味のある味わいを実現しました。

食事中のウォッシュ効果で料理と好相性

すっきりした軽快な飲み口、辛口の味わいの月桂冠「糖質ゼロ」は、食事中の飲酒により口の中をクリアにする「ウォッシュ効果」が、一般の日本酒に比べて高いことが当社の研究により明らかになっています。その効果は料理を選ばす幅広いメニューに見られ、後味のバランスを保ちながら口の中をすっきりさせる、食べ物の味の余韻をふくらませるなど、料理との相性を高める効果も見られました。

料理を選ばない

あっさりした和食、しっかりしたコクの西洋料理、こってりした中華料理のいずれの料理でも、「糖質ゼロ」の日本酒は一般の日本酒に比べて高いウォッシュ効果が見られました。「糖質ゼロ」の日本酒は、幅広い料理と相性が良いことがわかりました。

後味のバランスを保ちながら口をすっきりさせる

「糖質ゼロ」は、他の酒類(焼酎の水割り)と比べて、後味のバランスを保ちながら口の中をすっきりさせる傾向が見られます。舌に残った特定の味の成分だけを洗い流すのではなく、「糖質ゼロ」は味の各成分をバランスよく全体的にリフレッシュさせます。

食べ物の味の余韻をふくらませる

「糖質ゼロ」は、他の酒類(焼酎の水割り)と比べて、食べ物のあと味の余韻をふくらませ、味わいを引き出します。

飲酒後に酒臭くなりにくい

糖質を極限までカットした超淡麗超辛口の「糖質ゼロ」は、飲酒後の呼気に特有な不快臭の発生が、純米酒に比べて軽減されることが月桂冠の研究により明らかになっています。この効果は、低糖質日本酒の新しい機能性の発見であることから、食品の用途発明として特許権を取得しました(特許第6404403号、2018年9月21日付)。「食品の用途発明」とは、食品の新たな機能性などを発見した場合、その用途に限定した発明が特許権として認められるものです。今回の特許権取得により、「糖質ゼロ」の飲酒後の呼気中に不快臭が増加しにくいという特性を生かして、酒臭さを敬遠する方に向けた新商品の開発や、新しい飲み方の提案などに取り組んでいきます。

「糖質ゼロ」の飲み方アレンジ

ソーダ割ですっきり爽やかに

ソーダ割ですっきり爽やかに

氷を入れたグラスに「糖質ゼロ」とソーダ水を1:1の割合で注ぐと、炭酸の刺激が心地良く、すっきり爽快な味わいに。さらにミントを加えると香りが格段に良くなり、見た目も味も爽やかになりおすすめです。

オンザロックにライムを搾って

オンザロックにライムを搾って

氷を入れたグラスに「糖質ゼロ」を注ぐと、クリアな味わいとひんやりとした軽快なのどごしが楽しめます。そこにカットしたライムを搾ると、ライムのビターな味わいが「糖質ゼロ」と混ざり合い、ちょっと大人な、ほろ苦くてすっきりとしたテイストのお酒が楽しめます。

オンザロックにレモンを搾って

オンザロックにレモンを搾って

氷を入れたグラスに「糖質ゼロ」を注ぎ、カットしたレモンを搾ると、さっぱりとしたレモンの酸味が加わって、ふくらみのある味わいになります。甘辛いタレの焼き鳥やスパイシーなタンドリーチキンなど、幅広い料理と合わせて楽しむことができます。

パッケージ

「糖質ゼロ」は、緑色を基調とするデザインをベースに、ブランドを象徴する「月桂冠」の文字とロゴを正面上部に配し、下部には黄金色の「0」(ゼロ)の文字に、「糖質ゼロ」の表記や、味わいの特徴を表す「すっきりクリアな超辛口」のキャッチコピーを重ねて表示しました。容量は2.7Lパック、1.8Lパック、900mLパック、500mLパック、210mLエコカップの計5アイテムを揃えています。

商品スペック・価格

酒質 普通酒
アルコール分 13度以上14度未満
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール

栄養成分(100mLあたり)

エネルギー
79kcal
たんばく質
0.3g
脂質
0g
炭水化物
糖質※ 食物繊維
0g 0g
食塩相当量
0g

※食品表示基準に基づき、100mLあたり糖質0.5g未満を糖質0(ゼロ)と表示しています。

2.7Lパック 参考小売価格(消費税別)1,968円 メーカー出荷単位:4本入 
JANコード:4901030225264
1.8Lパック 参考小売価格(消費税別)1,378円 メーカー出荷単位:6本入 
JANコード:4901030214169
900mLパック 参考小売価格(消費税別)707円 メーカー出荷単位:6本入 
JANコード:4901030236666
500mLパック 参考小売価格(消費税別)394円 メーカー出荷単位:12本入 
JANコード:4901030256060
エコカップ210mL 参考小売価格(消費税別)158円 メーカー出荷単位:30本入 
JANコード:49677232

同じカテゴリーの商品