月桂冠総合研究所
研究所トップ
  • 概要
  • 研究所長
  • 歴史
  • 研究試薬
  • 発表
  • 論文
  • 受賞

論文

青字は社外共同研究者の方々です

タイトル 誌名 発表年 執筆者
Mutation in the peroxin-coding gene PEX22 contributing to high malate production in Saccharomyces cerevisiae. J Biosci Bioeng. E-pub    2017 根来宏明、阪本充、小高敦史、松村憲吾、秦洋二
清酒酵母のリンゴ酸高生産に寄与する変異遺伝子の同定と育種への応用 -ゲノム解析で醸される清酒の味わい- 化学と生物 55 434-437 2017 根来宏明、小高敦史、松村憲吾、秦洋二
Sake lees extract improves hepatic lipid accumulation in high fat diet-fed mice. Lipids Health Dis. 16 106 2017 久保緋紗子、星雅人、松本拓也、入江元子、大浦新、堤浩子、秦洋二、山本康子、斉藤邦明
きょうかい1801号からのセルレニン感受性株取得と混合醸造への応用 日本醸造協会誌 112 133-139 2017 小高敦史、松村憲吾、佐原弘師、秦洋二
Breeding of high malate-producing diploid sake yeast with a homozygous mutation in the VID24 gene J Inst Brew. 122 605–611 2016 根来宏明、小高敦史、松村憲吾、堤浩子、佐原弘師、秦洋二
アルコール飲料摂取後の呼気に含まれる臭気成分の同定 日本醸造協会誌 111 694-700 2016 根来宏明
Enhancement of malate-production and increase in sensitivity to dimethyl succinate by mutation of the VID24 gene in Saccharomyces cerevisiae J Biosci Bioeng. 121 665-671 2016 根来宏明、小高敦史、松村憲吾、秦洋二
Production of the natural iron chelator deferriferrichrysin from Aspergillus oryzae and evaluation as a novel food-grade antioxidant J Sci Food Agric. 96 2998–3006 2016 戸所健彦、福田克治、松村憲吾、入江元子、秦洋二
飲酒後呼気の不快臭に関与する成分 におい・かおり環境学会誌 46 350-356 2015 根来宏明
清酒酵母の香気生成機構 におい・かおり環境学会誌 46 346-349 2015 堤浩子
L-lactic acid production from starch by simultaneous saccharification and fermentation in a genetically engineered Aspergillus oryzae pure culture Bioresour Technol. 173 376-383 2014 若井暁、吉栄俊秀、浅井菜々美、山田亮祐、荻野千秋、久田博元、堤浩子、秦洋二、近藤昭彦
Aspergillus oryzae-based cell factory for direct kojic acid production from cellulose Microb Cell Fact. 13 71 2014 若井暁、吉栄俊秀、浅井菜々美、山田亮祐、荻野千秋、堤浩子、秦洋二、近藤昭彦
醸造微生物を活用する食品素材開発 生物工学会誌 91 629-631 2013 入江元子
Identification of regulatory elements in the glucoamylase-encoding gene (glaB) promoter from Aspergillus oryzae Appl. Microbiol. Biotechnol. 97 4951-4956 2013 久田博元、佐野元昭、石田博樹、秦洋二、町田雅之
Synthesis and functional analysis of deferriferrichrysin derivatives: Application to colorimetric pH indicators Bioorg Med Chem. 21 4296-4300 2013 小林由佳、大石真也、小林数也、大野浩章、堤浩子、秦洋二、藤井信孝
麹の褐変性の産業利用 温古知新 50 10-16 2013 中村幸宏
High production of llama variable heavy-chain antibody fragment (VHH) fused to various reader proteins by Aspergillus oryzae Appl. Microbiol. Biotechnol 97 761-766 2013 久田博元、堤浩子、石田博樹、秦洋二
発酵による清酒香気成分の生成 月刊バイオインダストリー 29 4-8 2012 堤浩子
清酒醸造と白髪染め 化学と生物 50 691-695 2012 中村幸宏
酒食の相性と機能性シナジー Techno-Innovation 83 26-30 2012 秦洋二
Synthesis and application of an Nσ-acetyl -Nσ-hyfroxyornithine analog:identification of novel metal complexes of deferriferrichrysin Bioorg Med Chem. 20 2651-2655 2012 小林数也、大石真也、小林由佳、大野浩章、堤浩子、秦洋二、藤井信孝
麹菌チロシナーゼで製造したメラニン前駆体による新規染毛料の開発 生物工学会誌 50 552-556 2012 中村幸宏、山中寛之、秦洋二、江波戸厚子、小池謙造
担子菌の産生するアスパラギン結合型糖鎖遊離酵素系 応用糖質科学 1 159-167 2011 濱口祐、井上裕香子、伊藤司、篠原 かな子、谷脇 聡、海住 宜広、久田博元、秦 洋二、LIMPASENI Tipaporn、PONGSAWASDI Piamsook、伊藤和央
二倍体清酒酵母の新しい育種法の開発とその応用 生物工学会誌 90 66-71 2011 小髙敦史
清酒酵母の香気生成の研究 生物工学会誌 89 717-719 2011 堤浩子
Isolation of a novel promoter for efficient protein expression by Aspergillus oryzae in solid-state culture. Appl. Microbiol. Biotechnol. 92 561-569 2011 坂東弘樹、久田博元、石田博樹、秦洋二、片倉啓雄、近藤昭彦
The construction and application of diploid sake yeast with a homozygous mutation in the FAS2 gene J. Biosci. Bioeng. 110 675-678 2010 小高敦史、佐原弘師、秦洋二
酒粕を用いた食品による飲酒後のアルコール濃度低減効果 日本醸造協会誌 105 440-446 2010 入江元子
黒粕から白髪染め
-醸造研究からの新規染毛料開発-
バイオサイエンスとインダストリー 68 350-353 2010 佐原弘師
スーパー酵母によるバイオエタノール生産技術の開発 ~清酒醸造技術をエネルギー生産に活かす!~ 化学と工業 63 888-890 2010 佐原弘師
Enhancement of β-glucosidase activity on the cell-surface of sake yeast by disruption of SED1. J Biosci Bioeng. 109 442-446 2010 小高敦史、佐原弘師、黒田浩一近藤昭彦植田充美、秦洋二
Fatty acid production from butter using novel cutinase-displaying yeast. Enzyme. Microb. Technol. 46 194-199 2010 堀井謙足立崇谷野孝徳田中勉、小高敦史、佐原弘師、橋本恒治倉谷伸行芝崎誠司荻野千秋野田秀夫、秦洋二、植田充美近藤昭彦
天然由来メラニン前駆体の開発とそれを利用した簡便な染毛技術 フレグランスジャーナル 356 16-20 2009 小池謙造、秦洋二
Bioorganic synthesis of a recombinant HIV-1 fusion inhibitor, SC35EK, with an N-terminal pyroglutamate capping group. Bioorg. & Med. Chem. 17 7964-7970 2009 梶原一美渡辺健太郎常盤礼黒瀬智子大野浩章、堤浩子、秦洋二、泉和樹児玉栄一松岡雅雄大石真也藤井信孝
Improvement of isoflavone aglycones production using β-glucosidase secretory produced in recombinant Aspergillus oryzae. J. Mol. Catalys. B Enzymatic. 59 297-301 2009 堀井謙足立崇松田史生田中勉、佐原弘師、芝崎誠司荻野千秋植田充美、秦洋二、近藤昭彦
Enhancement of display efficiency in yeast display system by vector engineering and gene disruption. Appl. Microbiol. Biotechnol. 82 713-719 2009 黒田浩一松井健樋口信介、小高敦史、佐原弘師、秦洋二、植田充美
Using promoter replacement and selection for loss of heterozygosity to generate an industrially applicable sake yeast strain that homozygously overproduces isoamyl acetate. J. Biosci. Bioeng. 108 359-364 2009 佐原弘師、小高敦史、近藤昭彦植田充美、秦洋二
Bioorganic synthesis of end-capped anti-HIV peptides by simultaneous cyanocysteine-mediated cleavage of recombinant protein Bioorganic & Medicinal Chemistry 17 7487-7492 2009 田中理紀梶原一美常盤礼渡辺健太郎大野浩章、堤浩子、秦洋二、泉和樹児玉栄一松岡雅雄大石真也藤井信孝
「糖質ゼロ 清酒」の開発 日本生物工学会和文誌 87 448-449 2009 犬童雅栄、堤浩子
ヒットの秘訣 糖質ゼロ清酒 化学 64 42-43 2009 犬童雅栄
Comparative analysis of oligosaccharide specificities of fucose-specific lectins from Aspergillus oryzae and Aleuria aurantia using frontal affinity chromatography. Anal. Biochem. 386 217-221 2009 松村憲吾、東田克也、秦 洋二、小南淳子鶴田(中村)祥子平林 淳
Efficient generation of recessive traits in diploid sake yeast by targeted gene disruption and loss of heterozygosity Appl. Microbiol. Biotechnol. 82 387-395 2009 小高敦史、佐原弘師、近藤昭彦植田充美、秦洋二
construction of an Aspergillus oryzae cell-surface display system using a putative GPI-anchored protein. Appl. Microbiol. Biotechnol. 81 711-719 2008 足立崇伊藤純二河田浩司、嘉屋正彦、石田博樹、佐原弘師、秦洋二、荻野千秋福田秀樹近藤昭彦
Characterization of yeast cell surface displayed Aspergillus oryzae β-glucosidase I with high hydrolytic activity on soy bean isoflavone. J. Mol. Catalys. B Enzymatic. 55 69-75 2008 伊藤純二、佐原弘師、嘉屋正彦、秦洋二、芝崎誠司河田浩司石田沙織荻野千秋福田秀樹近藤昭彦
Efficient production and partial characterization of aspartyl aminopeptidase from Aspergillus oryzae. J.Appl. Microbiology 105 1711-1719 2008 楠本憲一森田(松下)真由美古川育代鈴木聡山形洋平小出芳直、石田博樹、竹内道雄柏木豊
清酒醸造技術をバイオエタノール製造に活かす Material Stage   11月号 2008 秦洋二
Efficient and Direct Fermentation of Starch to Ethanol by Sake Displaying Fungal Glucoamylases Biosci. Biotechnol. Biochem. 72 1376-1379 2008 小高敦史、佐原弘師、秦洋二、安部康久、近藤昭彦村井(加藤)倫子黒田浩一植田充美
Direct ethanol production from β-glucan by sake yeast displaying Aspergillus oryzae β-glucosidase and endoglucanase J. Biosci. Bioeng. 105 622-627 2008 小高敦史、坂東弘樹、嘉屋正彦、村井(加藤)倫子黒田浩一、佐原弘師、秦洋二、近藤昭彦植田充美
清酒麹菌のタンパク質でガンを診る 日本醸造協会誌 103 581-585 2008 松村憲吾
Isoflavone aglycones production from isoflavone glycosides by display of β-glucosidase from Aspergillus oryzae on yeast cell surface Appl. Microbiol. Biotechnol. 79 51-60 2008 嘉屋正彦、伊藤純二、小高敦史、松村憲吾、坂東弘樹、佐原弘師、芝崎誠司植田充美近藤昭彦、秦洋二
清酒麹菌のタンパク質でガンを診る 酒研会報 48 11-15 2008 松村憲吾
Effect of Cultivation Conditions on Cell-Surface Display of Flo1 Fusion Protein Using Sake Yeast. Biochemical Engeneering Journal 33 232-237 2007 谷野孝徳野口英里奈木村桜子、佐原弘師、福田秀樹近藤昭彦
Enhancement fo surface recognition ability by combinatorial mutation of β-glucosidase displayed on the yeast cell surface. Appl. Microbiol. Biotechnol. 76 1027-1033 2007 福田剛士村井(加藤)倫子門之園哲哉、佐原弘師、秦洋二、末信一朗植田充美
清酒の機能性 FFIジャーナル 212 754- 2007 秦洋二
Application of Chitosan Solutions Gelled by melB Tyrosinase to Waste-Resistant Adhesives Appl.Polymer Science 107 2723-2731 2007 山田和典青木俊裕池田尚也平田光男、秦洋二、東田克也、中村幸宏
Deletion analysis of the catalase-encoding gene (catB) promoter from Aspergillus oryzae Biosci. Biotechnol. Biochem. 72 48-53 2008 久田博元、佐野元昭、秦洋二、安部康久、町田雅之
Functional analysis of gene encoding putative oxidoreductases in Aspergillus oryzae, which are similar to fungal fructosyl-amino acid oxidase J. Biosci. Bioeng. 104 424-427 2007 吉田信行赤沢 真一狩野 哲也、石田博樹、秦洋二、桂樹 徹谷 吉樹高木 博史
清酒酵母のメタボロミクス 日本生物工学会誌 85 476-478 2007 堤浩子
マウス試験による甘酒の機能性評価 日本醸造協会誌 102 781-788 2007 大浦新、鈴木佐知子、秦洋二、川戸章嗣、安部康久
Carbohydrate Binding Specificity of a Fucose-specific Lectin from Aspergillus oryzae: A NOVEL PROBE FOR CORE FUCOSE J. Biol. Chem. 282 15700-15708 2007 松村憲吾、東田克也、石田博樹、秦 洋二、山本憲二茂田昌樹水野洋子王 向春三善英知顧 建国谷口直之
Iron Chelated Cyclic Peptide,Ferrichrysin,for Oral Treatment of Iron Deficiency:Solution Properties and Efficacy in Anemic Rats International Journal for Vitamin and Nutrition Research 77 13-21 2007 鈴木佐知子、福田克治、入江元子、秦洋二
清酒造りと「熱」 伝熱 46 58-62 2007 秦洋二
酒粕中の血圧上昇抑制効果を持つペプチドと機能性食品素材への展開 日本醸造協会誌 101 464-469 2006 入江元子、大浦新、秦洋二
Deletion analysis of the superoxide dismutase(sodM) promoter from Aspergillus oryzae Appl. Microbiol. Biotechnol. 72 1048-1053 2006 久田博元、佐野元昭、石田博樹、秦洋二、安部康久、町田雅之
醸造食品の機能性-ポストゲノムと機能性研究 生物工学会誌 84 355-357 2006 秦洋二
Improvement of the glaB Promoter Expressed in the Solid-state Fermentation(SSF) of Aspergillus oryzae Biosci. Biotechnol. Biochem. 70 1181-1187 2006 石田博樹、秦洋二、川戸章嗣、安部康久
Genome sequencing and analysis of
Aspergillus oryzae
Nature 438 1157-1161 2005 町田雅之、秦洋二ら
麹菌のP450nor遺伝子の単離と応用 ”醸造微生物”からの新展開 バイオサイエンスとインダストリー 63 38-39 2005 嘉屋正彦
Cloning and Expression Analysis of Two Catlase Genes from
Aspergillus oryzae
J. Biosci. Bioeng. 99 562-568 2005 久田博元、秦洋二、川戸章嗣、安部康久、秋田修
スローフードの分子生物学:麹菌の固体培養での遺伝子発現 生物工学会誌 83 337-338 2005 秦洋二
麹菌ゲノム情報を利用した有用遺伝子の単離と応用 生物工学会誌 83 298-300 2005 秦洋二、石田博樹、東田克也、久田博元、嘉屋正彦、松村憲吾
Cloning and enhanced expression of the cytochrome P450nor gene (nicA; CYP55A5) encoding nitric oxide reductase from Aspergillus oryzae, Biosci. Biotechnol. Biochem. 68 2040-2049 2004 嘉屋正彦、松村憲吾、東田克也、秦洋二、川戸章嗣、安部康久、秋田修高谷直樹祥雲弘文
Isolation of a novel promoter for efficient protein production in Aspergillus oryzae Biosci. Biotechnol. Biochem. 68 1849-1857 2004 石田博樹、秦洋二、川戸章嗣、安部康久、柏木豊
A novel amine oxidase-encoding gene from Aspergillus oryzae J. Biosci. Bioeng. 98 359-365 2004 松村憲吾、久田博元、小畑浩、秦洋二、川戸章嗣、安部康久、秋田修
Isolation and Characterization of a Novel Gene Encoding α-L-Arabinofuranosidase from Aspergillus oryzae J. Biosci. Bioeng. 98 77-84 2004 松村憲吾、小畑浩、秦洋二、川戸章嗣、安部康久、秋田修
21世紀の清酒醸造の技術革新 醸造協会誌 99 390-397 2004 安部康久
Cloning of a Novel Tyrosinase-Encoding Gene(melB) from
Aspergillus oryzae and Its Overexpression in Solid-State Culture(Rice Koji)
J. Biosci. Bioeng. 97 400-405 2004 小畑浩、石田博樹、秦洋二、川戸章嗣、安部康久、赤尾健秋田修一島英治
清酒および副産物の機能性と生理活性成分 生物工学会誌 81 514-516 2003 大浦新
清酒麹菌の固体培養でのバイオテクノロジー 科学と工業 77 93-98 2003 秦洋二
徳利の電子レンジ適性について(解説) 醸造協会誌 98 168-174 2003 中野真知、秦洋二
麹菌のチトクロームP450norの機能と利用 兵庫バイオ技術研究会誌 9 20-21 2002 嘉屋正彦
電子レンジ加熱に適した徳利の形状について 醸造協会誌 97 798-804 2002 中野真知、和根崎圭子、秦洋二、川戸章嗣、山田盛人大森義治
麹菌の固体培養での遺伝子発現特性(ミニレビュー) 農芸化学会誌 76 715-718 2002 秦洋二
Molecular cloning and overexpression of fleA gene encoding a fucose-specific lectin of Aspergillus oryzae Biosci. Biotechnol. Biochem. 66 1002-1008 2002 石田博樹、森谷敏康、秦洋二、川戸章嗣、杉並孝二、安部康久、今安聰
醸造微生物の新展開(ミニレビュー) 農芸化学会誌 76 371-373 2002 秦洋二
カビの分子生物学2 固体培養での遺伝子発現解析 化学と生物 39 113-120 2001 秦洋二
Establishment of a hyper-protein production system in submerged culture under tyrosinase-encoding gene (melO) promoter control Appl. Microbiol. Biotechnol. 57 131-137 2001 石田博樹、松村憲吾、秦洋二、川戸章嗣、杉並孝二、安部康久、今安聰、一島英治
Identification of functional elements that regulate the glucoamylase-encoding gene (glaB) expressed in solid-state culture of Aspergillus oryzae Curr. Genet. 37 373-379 2000 石田博樹、秦洋二、川戸章嗣、安部康久、杉並孝二、今安聰
清酒はどこまでヘルシーか 生物工学会誌 78 458-461 2000 川戸章嗣
麹菌(Aspergillus oryzae)のグルコアミラーゼ遺伝子に関する研究(総合論文) 生物工学会誌 78 120-127 2000 秦洋二、石田博樹
清酒の健康と美容効果(その3) 醸造協会誌 94 274-280 1999 今安聰、川戸章嗣
清酒の健康と美容効果(その2) 醸造協会誌 94 201-208 1999 今安聰、川戸章嗣
清酒の健康と美容効果 醸造協会誌 94 110-115 1999 今安聰
米糠と酒粕の機能性について 醸造論文集 54 37996 1999 芦田優子
Insertion Analysis of Putative Functional Elements in the Promoter Region of the Aspergillus oryzae Taka-amylase A Gene (amyB) Using a Heterologous Aspergillus nidulans amdS-lacZ Fusion Gene System Biosci. Biotechnol. Biochem. 63 180-183 1999 金森洋治,五味勝也北本勝ひこ熊谷千栄子田村學造
近赤外分析法の清酒醸造への応用 ― 麹菌体量の測定 ― 非破壊検査誌 47 810-815 1998 小島泰弘,秦洋二
清酒麹菌の固体培養(麹造り)で大量に発現するグルコアミラーゼ遺伝子について 醸造協会誌 93 922-931 1998 秦洋二,石田 博樹
「麹造り」で大量に発現するグルコアミラーゼ遺伝子の発見 バイオサイエンスとインダストリー 56 41-42 1998 石田博樹,秦洋二
Regulation of the glucoamylase-encoding gene (glaB), expressed in solid-state culture (koji) of Aspergillus oryzae J. Ferment. Bioeng. 86 301-307 1998 石田博樹,秦洋二,市川英治,川戸章嗣,杉並孝二,今安聰
Nucleotide sequence of an alternative glucoamylase-encoding gene (glaB) expressed in solid-state culture of Aspergillus oryzae Gene 207 127-134 1998 秦洋二,石田博樹,市川英治,川戸章嗣,杉並孝二,今安聰
Cysteine Protease Inhibitors Produced by the Industrial Koji Mold, Aspergillus oryzae O-1018 Biosci. Biotechnol. Biochem. 62 907-914 1998 山田尚男,平竹潤,相川元庸,水津哲義,斉藤義幸,川戸章嗣,杉並孝二,小田順一
Prolyl Endopeptidase Inhibitors in Sake and Its Byproducts J.Agricultural and Food Chemistry 45 720-724 1997 斉藤義幸, 大浦新, 川戸章嗣, 杉並孝二
清酒醸造におけるグルコアミラーゼの働きと遺伝子解析 農芸化学会誌 71 1024-1027 1997 秦洋二
Comparison of two glucoamylases produced by Aspergillus oryzae in solid-state culture (koji) and in submerged culture J. Ferment. Bioeng. 84 532-537 1997 秦洋二,石田博樹,小島泰弘,市川英治,川戸章嗣,杉並孝二,今安聰
酒粕がラットのコレステロール代謝に及ぼす影響 農芸化学会誌 71 137 1997 芦田優子, 斉藤義幸, 川戸章嗣, 杉並孝二, 今安聰
清酒酵母の胞子形成に関する研究(総合論文) 生物工学会誌 74 115 1996 水津哲義
Method for Sporulation of Industrially Used Sake Yeast J. Ferment. Bioeng. 81 93 1996 水津哲義, 堤浩子, 川戸章嗣, 村田幸作, 杉並孝二, 今安聰
清酒酵母の胞子形成に関する研究 日本醸造協会誌 91 87-91 1996 水津哲義
Analysis of lysine-dependent yeast sporulation : a decrease in cyclic AMP is not required for initiation of meiosis and sporulation in Saccharomyces cerevisiae Microbiology 141 2463 1995 水津哲義, 堤浩子, 川戸章嗣, 猪瀬智子, 杉並孝二, 村田幸作
Calcium ion influx during sporulation of the yeast Saccharomyces cerevisiae Can. J. Microbiol. 41 1035 1995 水津哲義, 堤浩子, 川戸章嗣, 杉並孝二, 今安聰, 村田幸作
Cloning and nucleotide sequence of the calmodulin-encoding gene (cmdA) from Aspergillus oryzae Biosci. Biotech. Biochem. 59 1444 1995 安井克弘, 北本勝ひこ, 五味勝也, 熊谷知栄子, 大矢禎一, 田村学造
近赤外分光分析法を用いた清酒麹中の麹菌体量の測定 農芸化学会誌 68 801 1994 小島泰弘, 浅井有香里, 秦洋二, 市川英治, 川戸章嗣, 今安聰
Induction of Yeast Sporulation by Lysine-Related Compounds and Glutathione in Nutrition-Rich Conditions J. Ferment. Bioeng. 77 568 1994 水津哲義, 堤浩子, 川戸章嗣, 今安聰, 猪瀬智子, 木村光, 村田幸作
On the Importance of Calcium and Magnesium Ions in Yeast Sporulation J. Ferment. Bioeng. 77 275 1994 水津哲義, 堤浩子, 川戸章嗣, 村田幸作, 今安聰
Introduction of a Feed Back Resistant α-Isopropylmalate Synthase Gene of Saccharomyces cerevisiae into Sake Yeast J. Ferment. Bioeng. 77 119 1994 水津哲義, 小谷恭子, 安井克弘, 市川英治, 川戸章嗣, 今安聰
Structure and Activity of Angintensin I Converting Enzyme Inhibitory Peptides from Sake and Sake Lees Biosci. Biotech. Biochem. 58 1767 1994 斉藤義幸, 和根崎圭子, 川戸章嗣, 今安聰
Antihypertensive Effects of Peptide in Sake and Its By-products on Spontaneously Hypertensive Rats Biosci. Biotech. Biochem. 58 812 1994 斉藤義幸, 和根崎圭子, 川戸章嗣, 今安聰
Absolute Glutathione Requirement for Sporulation of a Yeast Saccharomyces cerevisiae Biochem. Biophys. Res. Commun. 205 1151 1994 水津哲義, 堤浩子, 大竹泰之, 川戸章嗣, 今安聰, 村田幸作
新しい日本酒の製造法 融米造り 化学 48 158-161 1993 川戸章嗣
新醸造法開発の背景とその技術 日本醸造協会誌 88 499 1993 今安聰
カプロン酸エチル高生産酵母 日本醸造協会誌 88 101 1993 市川英治
新しい清酒製造法の開発(総合論文) 生物工学会誌 71 29 1993 今安聰, 杉並孝二, 安部康久, 川戸章嗣, 大石薫
Yeast Sporulation Induced by Lisine during Growth in Nutrient-Rich Conditions J. Ferment. Bioeng. 76 391 1993 川戸章嗣, 水津哲義, 今安聰, 木村光, 村田幸作
リンゴ酸生成能の高い清酒酵母の育種 醗酵工学会誌 70 473 1992 相川元庸, 水津哲義, 市川英治, 川戸章嗣, 安部康久, 今安聰
清酒発酵プロセスのファジー制御 醗酵工学会誌 70 9 1992 大石薫, 冨永光則, 川戸章嗣, 今安聰
米糠由来の食物繊維の性質と機能 農芸化学会誌 66 1233 1992 芦田優子, 斉藤義幸, 川戸章嗣, 今安聰
清酒,および副産物中のアンギオテンシン変換酵素阻害物質 農芸化学会誌 66 1081 1992 斉藤義幸, 中村圭子, 川戸章嗣, 今安聰
清酒と副産物の新しい生理機能 日本醸造協会誌 87 705 1992 斉藤義幸
新醸造法の発想 日本醸造協会誌 87 252 1992 今安聰
清酒醸造とファジー制御 バイオサイエンスとバイオテクノロジー 50 29 1992 大石薫
Highly Efficient Sporulation Induced by Glutathione or Glutathione Thiol Esters in Sake (Kyokai No. 7) and a Wild-Type Yeast J. Ferment. Bioeng. 74 363 1992 川戸章嗣, 水津哲義, 今安聰, 木村光, 村田幸作
Adsorption of Glucoamylase in Unpasteurized Sake on an Affinity Column of Immobilized Glucoamylase Inhibitors J. Ferment. Bioeng. 74 85 1992 秦洋二, 川戸章嗣, 安部康久, 今安聰, 小埜和久, 岡智
Analysis of the State Characteristics of Sake Brewing with a Neural Network J. Ferment. Bioeng. 73 153 1992 大石薫, 冨永光則, 川戸章嗣, 今安聰
Development of on-line sensoring and computer aided control systems for sake brewing J. Biotechnol. 24 53 1992 大石薫, 冨永光則, 川戸章嗣, 安部康久, 今安聰, 南波章
Application of Fuzzy Control to Sake Brewing Process ICE Fev / Mar 10 1992 大石薫
Functional elements of the promoter region of the Aspergillus oryzae glaA gene encoding glucoamylase Curr. Genet. 22 85 1992 秦洋二, 北本勝ひこ, 五味勝也, 熊谷知栄子, 田村学造
Rapid Assay of Glucoamylase Using a Fluorescence-labeled Glucoamylase Inhibitor, Acarbose Biosci. Biotech. Biochem. 56 1345 1992 秦洋二, 田中辰幸, 水津哲義, 川戸章嗣, 安部康久, 今安聰, 小埜和久, 岡智
黄麹菌(Aspergillus oryzae)のグルコアミラーゼ遺伝子について 日本醸造協会誌 86 829 1991 秦洋二
清酒発酵工程の自動制御システム 日本醸造協会誌 86 319 1991 大石薫
清酒発酵プロセスへのファジイ制御の適用 計装 34 15 1991 大石薫
高香気生成酵母の育種 遺伝 45 81 1991 市川英治
清酒発酵システムの導入 OHM 78 62 1991 大石薫
Application of Fuzzy Control Theory to the Sake Brewing Process J. Ferment. Bioeng. 72 115 1991 大石薫, 冨永光則, 川戸章嗣, 安部康久, 今安聰, 南波章
Nucleotide sequence and expression of the glucoamylase-encoding gene (glaA) from Aspergillus oryzae Gene 108 145 1991 秦洋二, 土屋公三, 北本勝ひこ, 五味勝也, 熊谷知栄子, 田村学造, 原昌道
Breeding of a Sake Yeast with Improved Ethyl Caproate Productivity Agric. Biol. Chem. 55 2153 1991 市川英治, 細川菜穂美, 秦洋二, 安部康久, 杉並孝二, 今安聰
The Glucoamylase cDNA from Aspergillus oryzae ; Its Clonong, Nucleotide Sequence, and Expression in Saccharomyces cerevisiae Agric. Biol. Chem. 55 941 1991 秦洋二, 北本勝ひこ, 五味勝也, 熊谷知栄子, 田村学造, 原昌道
清酒醗酵プロセスの適応的制御 醗酵工学会誌 68 483 1990 大石薫, 冨永光則, 川戸章嗣, 安部康久, 今安聰
清酒醪のボ-メおよびアルコ-ル分のオンライン計測システムの開発(6) 醗酵工学会誌 68 475 1990 大石薫, 冨永光則, 川戸章嗣, 安部康久, 杉並孝二, 今安聰
Construction of Urea Non-producing Yeast Saccharomyces cerevisiae by Disruption of the CAR1 Gene Agric. Biol. Chem. 54 537 1990 水津哲義, 飯村穣, 五味勝也, 高橋康二郎, 原昌道, 吉沢淑, 田村学造
清酒に関する酵素の研究(総合論文) 醗酵工学誌 67 105 1989 栗山一秀
粉砕白米を液化し掛米として使用した清酒醸造 (5) 農芸化学会誌 63 971 1989 今安聰, 秦洋二, 大石薫, 川戸章嗣, 杉並孝二
L-Canavanine Resistance as a Positive Selectable Marker in Diploid Yeast Transformation Through Integral Disruption of the CAN1 Gene Agric. Biol. Chem. 53 431 1989 水津哲義, 飯村穣, 五味勝也, 高橋康二郎, 原昌道, 吉沢淑
粉砕白米の蒸きょう条件の検討ならびに脂質の動向(8) 農芸化学会誌 61 941 1987 今安聰, 川戸章嗣, 大石薫, 杉並孝二
Isolation and Application of Mutants Producing Suffcient Isoamyl Acetate, a Sake Flavor Component Agric. Biol. Chem. 51 2061 1987 芦田晋三, 市川英治, 杉並孝二, 今安聰
醪におけるカプロン酸エチル生成に対する酵母と麹菌の役割 醗酵工学会誌 64 253 1986 栗山一秀, 芦田晋三, 斉藤義幸, 秦洋二, 杉並孝二, 今安聰
麹のカプロン酸エチル合成及び分解活性 醗酵工学会誌 64 247 1986 栗山一秀, 芦田晋三, 斉藤義幸, 秦洋二, 杉並孝二, 今安聰
酵母のカプロン酸エチル合成および分解活性 醗酵工学会誌 64 175 1986 栗山一秀, 芦田晋三, 斉藤義幸, 秦洋二, 杉並孝二, 今安聰
清酒酵母のアルコールアセチルトランスフェラーゼ 醗酵工学会誌 64 169 1986 栗山一秀, 芦田晋三, 斉藤義幸, 杉並孝二, 今安聰
粉砕白米を用いた清酒醸造における仕込方法の検討ならびに醪の攪拌の影響 農芸化学会誌 60 697 1986 今安聰, 川戸章嗣, 大石薫, 杉並孝二
粉砕白米で作った麹による清酒の醸造 農芸化学会誌 60 213 1986 今安聰, 打越文雄, 斉藤義幸, 山下正朋, 杉並孝二
掛米として粉砕白米を使用した清酒醸造 農芸化学会誌 60 207 1986 今安聰, 川戸章嗣, 大石薫, 杉並孝二
生酒について 醸造協会雑誌 81 446 1986 今安聰
Asp.awamoriAsp.oryzaeの細胞融合とその応用(醸造に関するシンポジウム) 醸造協会雑誌 79 725 1984 今安聰, 杉並孝二
清酒の未来技術 醸造協会雑誌 78 899 1983 今安聰
New Killer Toxin of Hansenula mrakii Agric. Biol. Chem. 47 2953 1983 芦田晋三, 嶋崎隆之, 北野一好, 原昌道
白酒黒酒について(醸造に関するシンポジウム) 第14回 醸造に関するシンポジウム講演集     1982 栗山一秀, 今安聰
清酒容器の多様化 醸造論文集 第35号 50 1980 今安聰
清酒の容器と酒質の変遷 醸造協会雑誌 75 255 1980 今安聰
酒づくりの歴史と機械化 化学工学 42 45 1978 今安聰
清酒用1.8L瓶の新しいプラスチック製替栓について-特に発泡栓を中心として- 醸造協会雑誌 65 578 1970 今安聰
清酒の「びん香」と市販容器における酒質保持 醸造協会雑誌 65 571 1970 栗山一秀
清酒工場における除菌と殺菌に関する2,3の問題 醸造論文集 第24号 91 1969 栗山一秀
酒造原料米の長期貯蔵 醸造協会雑誌 64 578 1969 今安聰
清酒もろみのろ過とその労務について(主として大倉式自動圧濾圧搾機について) 醸造協会雑誌 61 106 1966 今安聰
清酒醸造における連続蒸きょうについて 醗酵工学雑誌 41 254 1963 今安聰, 栗山一秀, 安藤智雄
酒造米について 伏見醸友会誌 第5号 28 1962 今安聰
立体二室型製麹装置 醸造論文集 第17号 62 1962 今安聰
連続蒸米機について 醸造協会雑誌 57 679 1962 栗山一秀
機械製麹と特許 醸造協会雑誌 56 450 1961 今安聰
火落に就いて 伏見醸友会誌 第3号 10 1960 今安聰
越前流の技法について 日本醸友会 別冊   1959 森川一二
白ぼけの展望 醸造論文集 第14号 11 1959 栗山一秀
ぬるり麹(すべり麹)について 伏見醸友会誌 第2号 32 1958 栗山一秀
白ボケ問題の現状 伏見醸友会誌 第2号 24 1958 今安聰
清酒の「サエ」に関する実際問題二,三 伏見醸友会誌 第2号 22 1958 栗山一秀
短期山廃に就いて 伏見醸友会誌 第2号 13 1958 今安聰
清酒の成分に関する研究(第4報)清酒中の溷濁成分の採取に就いて 醗酵工学雑誌 36 428 1958 安藤智雄, 栗山一秀, 今安聰, 口垣内泰夫
白ぼけ問題の展望(続) 醸造協会雑誌 53 561 1958 大倉酒造研究室
白ぼけ問題の展望 醸造協会雑誌 53 458 1958 大倉酒造研究室
清酒中の成分に関する研究(第3報)清酒の清澄度測定法に就いて 醗酵工学雑誌 35 81 1957 安藤智雄, 栗山一秀, 今安聰, 口垣内泰夫
清酒に関する酵素の研究(第3報)麹プロテアーゼ測定法の検討(2) 醗酵工学雑誌 34 478 1956 栗山一秀, 今安聰, 口垣内泰夫
清酒に関する酵素の研究(第2報)麹プロテアーゼ測定法の検討(1) 醗酵工学雑誌 34 473 1956 栗山一秀, 今安聰, 口垣内泰夫
清酒に関する酵素の研究(第1報清酒醪中に於ける酵素力の消長) 醗酵工学雑誌 34 133 1956 栗山一秀, 今安聰, 口垣内泰夫
清酒中の成分に関する研究(第2報)清酒と合成酒の判別法に就いて 醗酵工学雑誌 33 522 1955 安藤智雄, 栗山一秀, 赤見坂聰
清酒中の有機酸の研究(第1報)ケト酸のPaperChromatographyに就いて 醗酵工学雑誌 33 21 1955 安藤智雄, 栗山一秀, 赤見坂聰
黒麹のヂアスターゼに就て 醗酵工学雑誌 25 71 1947 徳岡有三
麹ヂアスターゼに関する研究 醸造学雑誌 20 219 1942 徳岡有三
麹ヂアスターゼに関する研究 醸造学雑誌 20 14 1942 徳岡有三
麹ヂアスターゼに関する研究 醸造学雑誌 19 925 1941 徳岡有三
麹ヂアスターゼに関する研究 醸造学雑誌 19 791 1941 徳岡有三
麹アミラーゼに就て(第13報)酒造用麹菌糸とのα,β-AmylaseMaltaseおよびProteaseの生産との関係 農芸化学会誌 15 414 1939 徳岡有三
麹アミラーゼに就て(第12報)α,β-AmylaseおよびMaltaseに対する保護物質ならびに熱障害後の復活現象 農芸化学会誌 15 43 1939 徳岡有三
麹アミラーゼに就て(第11報)AmylaseおよびMaltaseの生産におよぼす製麹原料の影響 農芸化学会誌 14 839 1938 徳岡有三
麹アミラーゼに就て(第10報)α,β-AmylaseおよびMaltaseの外的条件に対する差異 農芸化学会誌 14 829 1938 徳岡有三
麹アミラーゼに就て(第9報)β-Amylase実在の証明に関する実験 農芸化学会誌 13 586 1937 徳岡有三
麹アミラーゼに就て(第八報)酒母におけるAmylaseの消長 農芸化学会誌 13 313 1937 徳岡有三
麹アミラーゼに就て(第七報)麹Amylase,Maltase,Saccharse,及びProteaseの生成と製麹温度および精白度との関係 農芸化学会誌 13 281 1937 徳岡有三
麹アミラーゼに就て(第六報)麹Amylase,Maltase及びProteaseの生成と製麹時間との関係 農芸化学会誌 13 275 1937 徳岡有三
麹アミラーゼに就て(第五報)麹Amylase,Maltase,Saccharase,及びroteaseの塩類溶液による浸出に対する相異 農芸化学会誌 13 35 1937 徳岡有三
麹及醪中の糖化酵素に就て 醸造論文集 第4号 505 1936 森川一二
酵素液仕込みの発酵経過に就いて(承前) 醸造協会雑誌 31 575 1936 有松嘉一, 森川一二
酵素液仕込みの発酵経過に就いて 醸造協会雑誌 31 444 1936 有松嘉一, 森川一二
麹浸出液を使用する酒母及醪の仕込みについて 醸造協会雑誌 31 287 1936 有松嘉一, 森川一二
実験室内に於ける小規模製麹法 醸造学雑誌 14 834 1936 森川一二
酒麹の糖化力に関する研究 醸造学雑誌 13 657 1935 徳岡有三
日本酒製造工程に於ける糖化作用に関する二,三の問題 醸造学雑誌 12 23 1934 森川一二
清酒の化学的性質と火落ちとの関係に就いて 醸造学雑誌 11 1054 1933 徳岡有三
水素「イオン」濃度測定を製麹作業に応用せる成績 醸造論文集 第3号 417 1931 森川一二
光線による清酒の変化について       1928 森川一二
バイオの研究 お酒の研究 美と健康の研究
ページのトップへ