検索
メニュー
月桂冠トップ > 知る・楽しむ > 飲み方・使い方を知る-酒のたしなみ方 > 飲酒の心得 和らぎ水で一息置いて、酔いの速度を緩やかに
飲酒の心得 和らぎ水で一息置いて、酔いの速度を緩やかに

飲酒の心得
和らぎ水で一息置いて、酔いの速度を緩やかに

飲み方・使い方を知る - 酒のたしなみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒は百薬の長と言われる一方、飲み方を誤ると、周囲に迷惑をかけたり、生命に危険がおよぶことさえあります。酒との節度ある正しいつきあいをしていきたいものです。「食べながら、ゆっくり飲む」というのが上手な飲み方の基本です。

和らぎ水(やわらぎみず)

日本酒を飲みながら、グラスの横に水を用意して、ときどき飲んでください。これを「和らぎ水」(やわらぎみず)といいます。洋酒にもチェイサー(追い水)があるのと同じです。
合いの手として水をさしてひと呼吸置くことによって、度を越して深酔いするのを防ぐことができます。食事の合間に水を飲むことにより、口の中がリフレッシュされ、次の一杯や料理の味を鮮明にして、おいしく味わうことができます。
氷を入れたグラスに酒を注いでオンザロックで、また、少し水を加えた水割りで飲むのもおすすめです。お酒のアルコール度数が下がり、酔いの速度が緩やかになります。

和らぎ水(やわらぎみず)

ただし前提となるのは、適量を守るということです。適量には個人差があり、性別・年齢・体質によっても異なります。飲酒時の健康状態にも関係します。お酒に強いといわれている方でも、日本酒なら1~2合(180~360ミリリットル)が目安。適量を越えないようにして飲酒を楽しみましょう。

守って飲みたい、お酒のマナー10則

日本酒は、一人でも二人でも大勢でも、ともかく楽しく飲みたいものです。パーティー、宴会などで飲むときに心がけておきたいこと、また、健康のためにもこれだけは守りたいエチケットをまとめました。

一、笑いながら共に楽しく飲もう

お酒を飲む時は愉快に楽しくが一番。
怒ったり、やたらと議論を吹きかけたりするのは慎みたいものです。

二、自分のぺースでゆっくりと

適量をマイペースで飲むのが、本当のお酒の楽しみ方です。
かけつけ3杯とか、勧められるままについ、はやめましょう。

三、食べながら飲む習慣を

飲む前に少し食べ、飲むときは食べながら飲みます。
アルコールの吸収を遅らせ、大事な肝臓を守ってくれます。

四、自分の適量にとどめよう

もう適量だなと思ったら、どんなに勧められても、そこでストップ。
断る勇気のある人こそ、本当のお酒好きだと思います。

五、週に2日は休肝日を

できれば2日続けて肝臓を休ませましょう。
タフな肝臓は、休ませることで、急速にその機能を回復させます。

六、人に酒の無理強いをしない

人それぞれのペースを認め、守り合うのがお酒飲みのマナーです。
さしつさされつは、ほどほどに、後はマイペースで楽しみましょう。

七、くすりと一緒には飲まない

薬もアルコールも、同じ肝臓が分解します。
一緒に飲むことで、身体に悪い影響が出やすいので、避けましょう。

八、イッキ飲みはしない、させない

急性アルコール中毒の原因になりますから、絶対にいけません。
お酒好きなら、やめさせるのが常識です。

九、遅くても夜12時で切り上げよう

飲み会は、楽しいうちにお開きにするのがマナー。
その後のお酒は「百害あって一利なし」。終電前には帰りましょう。

十、肝臓などの定期健診を

年に数回は定期的に健康診断を受け、自分の健康度を知っておきましょう。  
身体を悪くしてからでは遅すぎます。

【引用文献】
  • 「守って飲みたい、お酒のマナー10則」 『もっとお酒が楽しくなる「日本酒読本」』 日本酒造組合中央会 (1996年)

酒に対する強さ、弱さには個人差があり、一様ではありません。飲めない人には絶対に酒をすすめないでください。特に「イッキ飲み」「かけつけ三杯」といった飲み方は厳禁です。急性アルコール中毒のもととなり、若者たちを中心に悲劇が相ついでいます。イッキ飲みをさせたり、強引に飲むように囃したりしないでください。

酔いの度合いは、きちんと食べているか、ゆっくり飲んでいるかなどによっても異なってきます。疲れている時や寝不足の時には、酔いも速くなりがちです。自分の適量を知り、無理のない飲み方をすることが第一です。ほろ酔い段階で切り上げ、体調の悪い時や服薬中は飲まないようにしてください。

【参考・引用文献】
  • アルコール問題全国市民協会 『アルコールシンドローム』 第28号 (1992年)
  • 「守って飲みたい、お酒のマナー10則」 『もっとお酒が楽しくなる「日本酒読本」』 日本酒造組合中央会 (1996年)
  • 日本酒造組合中央会ホームページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページのトップへ