安全・安心への取り組み

月桂冠は、酒づくりに科学的技術を導入することを目的に、1909年(明治42年)研究所(現・月桂冠総合研究所)を設立しました。同年、びん詰工場を新設、樽詰酒全盛の時代にびん詰酒の販売に力を入れ始めました。 1911年(明治44年)には、防腐剤を使用しないびん詰酒を発売しました。1928年(昭和3年)には、研究成果をもとにして、品質保持のために茶褐色びんを採用しました。 1984年(昭和59年)業界で初めて常温で流通可能な「生酒」を発売、2008年(平成20年)には業界で初めて「糖質ゼロ」清酒を発売しました。今後もより良い品質の商品をお届けするため、「品質第一」をモットーに、つねに革新性・創造性をもってチャレンジを続けながら、お客様に世界最高品質の商品をお届けします。

品質第一主義

防腐剤なし清酒の発売、冷房設備をもつ酒造蔵の建設、四季醸造体制の確立、醸造用糖類の廃止、融米造りの開発や海外生産の開始など、各時代の業界の重要課題に挑戦、これらの取り組みには「品質第一」の考え方が通底しています。

他産地(灘酒)の品質研究

1899年(明治32年)、灘酒を研究するため、同地で借蔵醸造を開始。明治期には自社酒蔵を構え、灘での酒造りに取り組み始めた(2003年まで同地で操業)。

酒造研究所設立

1909年(明治42年)、清酒メーカー初の研究所となる「大倉酒造研究所」を設立、酒造りへの科学技術導入を志した。現在は「総合研究所」として、酒造り研究の他、幅広い技術や製品開発に挑戦している。

防腐剤入ラズ

1909年(明治42年)、酒の腐造防止のために用いられていた防腐剤(サリチル酸)を使用しないびん詰清酒を国内で初めて発売(業界での防腐剤全廃は1969年)。

全国新酒鑑評会

全国新酒鑑評会への出品に取り組む中で、酒造りの基本を見直し、試行錯誤しながら培ってきた高度な技術の蓄積は、月桂冠全体の酒質レベルを向上させている。歴年の金賞受賞数は、業界でも群を抜く。

四季醸造システム

1961年(昭和36年)、日本初、年間を通じて酒を造る四季醸造システムを備えた酒蔵を完成。工程の機械化・自動化・連続化と微生物管理で、気候や環境に左右されず、高品質で安定的な酒造りを実現した。

月桂冠酵母の育種技術

月桂冠による酵母の研究と開発の成果が、美味しい酒を醸すことに貢献。吟醸香の主要成分である「カプロン酸エチル」や「酢酸イソアミル」を高生産する酵母の育種法など、多くの技術が業界で活用されている。

業界初、常温流通の生酒

1984年(昭和59年)、超精密ろ過機の応用により、業界で初めて常温流通が可能な「生酒」を発売。麹由来の酵素を超精密ろ過で取り除き、酒質の変化を少なくして、搾りたての鮮度感の保持に成功した。

業界初、糖質ゼロ清酒

2008年(平成20年)、業界初「糖質ゼロ清酒」を発売。以来、糖質ゼロ醸造の新たなノウハウを蓄積し、年々、製法を進化させ味わいを高めている。その製法や技術により数々の特許を取得。

ノンアルコール日本酒テイスト飲料

2014年(平成26年)、アルコール分「0.00%」のノンアル日本酒テイスト飲料「月桂冠フリー」を発売(2015年のリニューアルを経て終売)。2019年、大吟醸酒の香味をイメージした「スペシャルフリー」発売。

四段仕込み

伏見の水質に合い、やわらかで豊かな味わいの酒を醸せるこの技術を、伏見の酒造家が積極的に活用。月桂冠でも1932年(昭和7年)から活用、「つき」や「上撰」などのまろやかな味わいを醸し出している。

融米造り

月桂冠が開発した、米のデンプンを酵素で液状化して仕込む醸造法。発酵当初から酒モロミの均一な撹拌や、成分値や温度の自動測定を可能にし、正確な発酵管理を実現、高品質の酒造りに寄与している。