月桂冠トップ > 知る・学ぶ > よくいただくご質問-[Q&A]日本酒全般 > 日本酒で梅酒をつくると法律違反になるって本当ですか?
日本酒で梅酒

日本酒で梅酒をつくると法律違反になるって本当ですか?

よくいただくご質問 - [Q&A]日本酒全般

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般のご家庭で、日本酒(アルコール度数20パーセント未満)を使って梅酒をつくる行為は法律違反(酒税法違反)です。自家製梅酒づくりには、アルコール度数20パーセント以上の酒類(ホワイトリカー等)をご利用ください。また自家製梅酒の販売や譲渡も法律違反です。できた梅酒はご自身やご家族(20歳以上)でお楽しみください。

アルコール度数が、蒸留酒よりもかなり低い日本酒は、梅の水分やエキス分が溶け出してアルコールがうすまると、梅の果皮に付着した酵母が、糖分を栄養源にして発酵をはじめることがあります。酵母が発酵をはじめるとアルコールが生じますが、この現象は(酒類の)製造行為に該当しますので、製造免許をお持ちでない一般のご家庭では、日本酒で梅酒づくりを行うと法律に違反します。
梅酒づくりによく使われるホワイトリカーなどの蒸留酒は、アルコール度数が高いため、梅の水分やエキス分が溶け出してアルコールがうすまっても、梅の果皮に付着した酵母が発酵をはじめることはありません。

【参考情報】
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー一覧

酒の産業を知る

酒の文化を知る

プロジェクト

ソーシャルメディア公式アカウント

閉じる